「栄養満点」カテゴリーアーカイブ

日本に生まれてよかった!緑茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人は緑茶が大好き

日本に住んでいて、緑茶を飲んだことがない人はいないでしょう。

子供の頃、おばあちゃんがおやつと一緒に出してくれたり、レストランで夏はよく冷えた冷茶、冬はあったかーいお茶が出てきたりと、生活には欠かせない存在になっています。

そういえば、私の通っていた小学校ではお茶うがいが風邪予防になるということで、12月になると、水筒に入れて持って行ってました。

日本国内での緑茶の消費量は年間86,733t(平成25年)にも上り、紅茶やウーロン茶の5倍にもなります。
その9割ほどが国内での生産量で、地域によっては農家の重要な稼ぎ頭でもあります。

お茶の歴史は遣唐使が往来していた奈良・平安時代まで遡ります。

最澄(さいちょう)、空海(くうかい)、永忠(えいちゅう)などの留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の始まりとされています。

その後、織田信長や豊臣秀吉が千利休と共に茶道を嗜むようになり、それが江戸幕府の重臣たちの間にも広まり、最終的には一般市民にも広がっていったとされています。

驚くべきことに現代ではお茶に関する法律まであります。

その中には

第九条(お茶の文化の振興)
国及び地方公共団体は、お茶の文化の振興を図るため、お茶の伝統に関する知識等の普及その他必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

と言った条文もあり、お茶が日本の伝統文化としての重要な役割を担っていることが伺えます。

ここまですごい!緑茶カテキンの実力

お茶にはカテキンを始めとして、様々な成分が含まれていますが、そのどれもが身体にとっていいものばかりです。
まずは代表的なカテキンの効能について書いてみると。
体脂肪低下作用
抗酸化作用
抗菌作用
口臭予防(脱臭作用)
抗インフルエンザ作用
血圧・血糖上昇抑制作用
がん予防

これだけで十分飲みたくなりますよね。

日常的に緑茶を摂取している人とそうでない人を比較すると、病気になる確率もだいぶ違うようです。

他の成分も侮れない

有名なカテキン以外の含有成分も優秀です。

例えば、緑茶特有のうまみ成分がテアニンです。
これは脳内でドーパミンと呼ばれる神経伝達物質を増やす働きがあり、精神をリラックスさせ、過食を防ぐ働きがあります。

緑茶を飲むとほっとするのは、このテアニンの影響でしょう。

他にもご存知カフェインは疲労感や眠気の除去や持久力増加、更には二日酔いを助けてくれますし、虫歯予防にも役立つフッ素も入っています。

もっと詳しく知りたい方は、茶ガイドというサイトに詳しく載っていますよ。

感覚で分かると思いますが、有効成分は一杯目にもっとも多く含まれます。
健康にいいからといって、出がらしを使い続けていると、実は有効成分がほとんど入っていないなんてことになりかねないので、注意しましょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

薬用キノコ アガリクス

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

薬用キノコ アガリクス

突然ですが、アガリクスって知ってますか?

別名をヒメマツタケと言い、薬用キノコとして特に免疫力向上に優れた効果を発揮してくれる成分です。

一時、ガンに効くという研究結果が出たことから、市場がグーと伸びた時期もありましたが、薬事法の取り締まりが厳しくなり、効果・効能が謳えなくなると、急速に勢いを失ってしまったのです。


アガリクスの特徴として、他のキノコと比べてもタンパク質の占める割合が多く、約40%も含まれている点が挙げられます。

タンパク質が不足すると、肌を構成するたんぱく質のコラーゲンの代謝が低下し、美しい肌を保てなくなったり、筋肉量が減少していきます。

それどころか、血液、細胞、皮膚、脳、結合組織、酵素も全てタンパク質が基になっているので、全体的に身体の調子が悪くなってきてしまいます。
なんとなく不調の原因は、このタンパク質不足に拠ることも多いのです。

さらに、βーDグルカンが多く含まれているのも外せない特徴です。

βーDグルカンはキノコに含まれている多糖類で食物繊維の一種。
これが、身体の免疫力を高めると同時にガン細胞などの増大や増加を防ぐ働きを持っているというのです。

タンパク質やβーDグルカンを多く含むアガリクスの効果のほどは多くの人が体感しており、最近では、人以外にもペット用の精力剤としての使用例を紹介している人もいるくらい汎用性があるとされる期待の素材なのです。

間違ったアガリクスを選ばないために

しかし、一口にアガリクスと言っても、多くのサプリメントが出回っていて、正直どれを飲んでいいか分からないですよね。

特にガンなどの重病にも効果を発揮すると言われていることもあり、 藁にもすがる思いで情報を集めている方も多いでしょう。

ですが、残念ながら実情は、特にインターネットの情報・体験談は、売り手側で捏造されている例も少なくありません。

このような業者は、金儲け目線でしか開発を行っていないため、製造コストは抑えて、価格を釣り上げる傾向があります。

そして、さも素晴らしい効果がある商品のように売り出します。
読者の皆様には、しっかりとした商品選びを行って頂きたいので、以下の三つのチェック事項に注意して、商品選びを行ってみてください。

ここだけは抑える!三つのポイント

1.産地
→アガリクスの原産地はブラジルです。
最近では中国・韓国での栽培も進んでいますが、太陽の光を浴びて自然に育ったブラジルのそれと比べると、栄養価は劣ります。
ブラジル産の方が高価ではありますが、稀少であることも踏まえると当然の価格設定かと思います。
2.アガリクス・ブラゼイ協議会に入っているかどうか? 
→この団体は、販売製品の安全性をチェックしています。
アガリクスを生産しているメーカーがアガリクス・ブラゼイ協議会に参加していることが確認できれば、一定の水準をクリアしていると言えるでしょう。
3.しっかりした安全性・有用性のデータ
→一目で分かるのは、「無農薬・無化学肥料」かどうかです。
「有機JASマーク」がパッケージに表示されていれば、安全性は問題ありません。

また、来年から施行される機能性表示にも関わる部分ですが、SRと呼ばれる論文が存在していたり、データの出典元がしっかりしていれば、信ぴょう性が非常に高まります。

インターネットでの注文だと、必要な情報が掲載されていないこともあるので、電話でオペレーターに質問するのが手っ取り早いでしょう。

これらのポイントに注意して、あなたに合うアガリクスを探してみて下さい。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ハチミツの王様 マヌカハニー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

ニュージーランドのマヌカハニー

私は大学生のころ、ニュージーランドに短期留学したことがあります。

 

緑が多く、ゆったりとした時が流れる素晴らしい国でした。

老後にはあんな国で暮らしてみたいとずっと考えています。

 

さて、そんなニュージーランドで有名なのが「マヌカハニー」です。
お土産として販売されるだけでなく、現地の家庭にも深く浸透しており、パンのお供や調味料として愛されています。

 

 

マヌカハニーという呼び名は、このハチミツがマヌカというニュージーランドにのみ自生する樹木の花から採れることに由来しています。

 

ニュージーランドの先住民「マオリ族」もこのマヌカの葉を煎じて薬にしたり、外傷の治療薬として利用していたようです。

 

しかも、採取できる期間は年間通して4週間ほどしかなく、とても貴重です。

 

マヌカハニーが持つ驚きの3つの力

さて、マヌカハニーの概要をご説明しましたが、具体的に何が健康や美容にいいと言われているのでしょうか?

 

 

1、腸内環境の改善
我々の身体には有益な働きをする善玉菌と、その逆の悪玉菌が存在します。
マヌカハニーは悪玉菌のみを攻撃して減らし、善玉菌を活性化させるという働きが確認されています。
いずれかの働きをする食品は何種類かありますが、双方に効果がある食品というのは珍しいです。

 

2、美肌効果
1と同じ原理で、マヌカハニーの摂取は善玉菌優位によって、ニキビなどの肌荒れが起きにくい肌の状態へと変えてくれます。

また、保湿効果もあるため、潤いも与えてくれます。3、虫歯と歯周病を防ぐ虫歯は治りますが、歯周病は歯茎の根本からやられてしまう恐ろしい病気ですが、マヌカハニーの抗菌作用は、こんなところにも効果を発揮します。既にマヌカハニー配合の歯磨き粉【マヌカハミガキ】のど飴が開発されています。

 

本当は教えたくない!認定証付きの王道マヌカハニー

今回は私が買っているアクティブマヌカハニー UMF15+ 250g ハニーバレーをここだけでご紹介しちゃいます。

 

ニュージーランド土産のテッパンなので、実はあまり教えたくはないのですが。。笑

実はこれ、ニュージーランドに行った時には必ずお土産として買ってきていたもの。

 

日本でも買えると知った時には感動でした!

 

マヌカハニーの特徴は普通のハチミツの数倍はあるとろみと、
のどに若干つっかえるほどのコク、そしてピーナツクリームのような濃〜い茶色。

 

 

通常のハチミツと比べると、色の違いがよく分かります。

 

 
初めて口にした方は、予想以上のコクに驚くことでしょう。
その独特な風味に恐ろしくハマっていくのです。

 

私は美味いからリピートしちゃうんですが、
人によっては、喉の痛みに効果があったり、口内炎や花粉症が治ったという報告もあります。

 

値段的には高いですが、普通のハチミツには戻れなくなる中毒性がありますよ!

 



 

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

自然の贈り物 プロポリス

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

バリ島での一件

去年の夏、私は彼女と長期休暇を利用して、バリ島に行きました。

一週間ほどの長い滞在だったので、ゆったりとバカンスを謳歌していたのですが、突然、彼女が体調不良を訴え、寝込むことに。
熱と喉の痛みが酷いということで、手持ちの日本の鎮痛剤を飲ませましたが、喉の痛みが引かず、辛そうでした。
そこで、何とかしなければ!と現地の薬局に買い物に行くことにしたのです。
私はインドネシア語は話せませんが、バリ島は外国人だらけの観光地なので、英語が通じる店員さんが相手をしてくれることに。
そこで、簡単に症状の説明をしたあと、勧められたのがプロポリスだったのです。

知らないと危険なプロポリス

その商品は薬というか、プロポリス100%の錠剤だったのですが、
成分表示を見て、これは危ないなと直感的に感じました。
 
 
というのも、プロポリスは健常者でもアレルギー反応が出る場合があり、

喉の痛みに効く反面、事故の例も多く報告されているからです。


多くの場合は好転反応ですが、血流が良くなりすぎて心臓に負担がかかる場合もあります。

特に体力が低下している際には大量の摂取は危険視されるのです。



 

 
 
今回は、土地柄マラリアやデング熱の場合もあると考えると、
強過ぎる現地の薬は危ない、と判断したのです。
 
 
帰国の頃には、彼女の熱も無事下がり、その後の検査でも異常はありませんでした。
 
 
 

ですが、思い返せばあの時に成分の知識がなければ大惨事になっていたかも知れません。

 

でも、やっぱりすごいプロポリス

上記でプロポリスの危険性を述べてきましたが、あくまで海外での話です。
普通に摂取する分には、むしろプラスの効果が期待できます。
というのも、プロポリスを摂取することで、あらゆる面での免疫力がアップするからです

プロポリスに多く含まれているのは赤ワインに多く含まれるポリフェノールとビタミン・ミネラル、そしてフラボノイドです。

 

プロポリスは元々、ミツバチが色々な木々や樹液から成分を採取し、そこにミツバチ自身の唾液を加えたもの。

すなわち、完全に人の手の加えられていない天然由来の成分なのです。

含まれる成分は実に数百種類にも上ります。

そして、プロポリスによって巣をガードしたり、無菌や一定の温度に保っているのです。

また、プロポリスは代替医療に使用されることも多くなっており、現代の科学によっては理解できない超越的なメカニズムで効果を出すこともあるようです。

プロポリス製品は数多くありますが、その中でもイチオシのサントリー プロポリス+セサミンEを紹介します。

 

まずこの商品の特徴は、厳選したプロポリスを使用している点。
プロポリス自体は珍しいブラジル産が採用されています。

唐突に、ブラジルのミツバチが出てきましたが、理由は取り巻く厳しい環境にあります。

ブラジルのように木々が鬱蒼と生い茂る大規模な森の中で暮らして行くには、様々な外敵から身を守る必要があります。
結果、ミツバチ達は、事前にパワーのあるプロポリスを作り、防御を固めることになるのです。

その高品質なプロポリスに加えて、別記事でもご紹介したセサミンもプラスオンされていますので、若々しさを保つためにも一役買ってくれそうです。

 

また、のどが痛い時にはこちらのアメもおススメです。

 

栄養分たっぷりのニュージーランドのハチミツの王様 マヌカハニーも入っていて、味はもちろん、効果も抜群!(あくまで私の感想ですが)

中々店頭にも並んでないので、いつもAmazonで買ってます。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

疲れた体にクエン酸!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

疲れたあなたにクエン酸!

私は学生時代、バスケ部に所属していました。

ご存知の通り、バスケというのは走りっぱなしのスポーツ。
当然、練習はキツく、何度辞めたいと思ったことか・・・。

そういえば、最近は私の現役の時と比べると、格段に夏の日中の気温が高いですよね。
学校によっては、放課後の部活を中止する場合もあるらしいですよ。

で、若干話がそれますが、部活で思い出すのが試合のハーフタイムに食べるレモンのハチミツ付けです。

当時は、うまー!と思って食いまくっていましたが、今思えば疲れた身体には最高にピッタリな回復アイテムなんですね。

まず、レモンと言えばビタミンC

これは体の至る所で取り合いになる、大人気成分で、
免疫細胞やホルモンなど、生きて行く上で非常に重要な部分に働きかけます。

あとはハチミツのローヤルゼリー

しかし、一番の主役はご存知『クエン酸』ですよね。

クエン酸と聞いただけで、唾液が分泌される方もいるでしょう。
レモンや梅干しなど、酸っぱいものには大抵クエン酸がはいっています。

疲労の原因となる乳酸の生成を抑制する作用があり、心身の疲労、肩こりや筋肉痛脳の神経疲労を和らげ、認知症をも予防してくれるのです。

クエン酸摂取のベストな方法

つらつらとクエン酸の素晴らしさを説いてきましたが、
何から摂取するのが一番効率的なのでしょうか。

クエン酸は数回に分けて摂取するのがポイントです。

時間が経つと体外に排出されてしまうので、
朝と晩に摂るのがベスト。

朝はグレープフルーツなどの柑橘類や梅干し、夜は酢の物中心の食事を続ければ、しっかり摂取できるでしょう。

しかし、こんな食生活は若干味気ないですよね。。

てことで、いつものサプリで栄養補給方法、いってみよう。

楽にクエン酸を補給するには

ということで、クエン酸をサプリメントで補給する訳ですが、
私はマルチビタミンサプリでクエン酸が含まれているものをおススメします。

理由はミネラルを中心とした他の成分の吸収性を高める効果があること。

中でも、カルシウムや鉄分、マグネシウムは、吸収率が悪い為、とても不足しやすいミネラルです。

クエン酸は、これらのミネラルと化合し、吸収率を格段に高める働きがあります。

で、実は一番不足気味!ビタミンとミネラルの重要性でもご説明しましたが、

ビタミンは他のビタミンやミネラルと相互協力しあって、効率よく働く傾向があり、
さらに、ビタミンの力を借りなければ吸収すらされないミネラルも有ります。

ビタミン・ミネラル、そしてクエン酸を全て含んでいる商品がサントリー 「マルチビタミン&ミネラル」です。

サントリーが開発しているだけあって、配合が行き届いています。

企業サイトを見ると、上記のような相関関係まで把握した上で、開発されているのが分かります。

もちろん、クエン酸も梅干し一個分が入っています。

これだけ充実していて、値段も30日で1,900円とリーズナブル。

ビタミン・ミネラルも摂れて一石二鳥なので、かなりコスパが高いですよ、これ。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook