「ライフスタイル」カテゴリーアーカイブ

【驚愕】ウコンドリンクの大きな誤解

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

飲み会にはウコンの力!

飲み会前にウコンの力を飲むようになったのはいつからでしょうか?

いつの間にか、大手食品メーカーのCMによって、ドリンクタイプのウコンの力が一般的になりました。

今でも飲み会前後に飲んでいる人は、老若男女問わず良く見られます。

私も昔は、何も疑わず200円ほどするドリンクを飲んでいましたが、ある時期からサプリメントに切り替えました。

理由は簡単、コストパフォーマンスが桁違いに良いからです。

 

 

ドリンクとサプリ、実際どっちが効果あるの?

では、早速ドリンクとサプリメントの比較検証をして行きましょう。

まず、ドリンクタイプの中でも最もポピュラーだと思われる「ウコンの力」。
最近ではカシス味なんてのも登場し、女性も好んで飲んでいます。

価格は200円。


使われている原材料と成分ですが、100mlの中で一番配合量が多いのは果糖ぶどう糖液糖と呼ばれるものです。

これは、コーラなどにも含まれる天然甘味料の一種で、肥満や糖尿病などの原因になる物質。
私たちの健康を脅かす存在として、アメリカではなんと使用禁止運動まで起こっています。

で、その後に肝機能に効果があるとされる「微細化クルクミン」が30mg配合されています。

続いて、粒タイプ。

今回は条件をそろえる意味で一日のクルクミンの配合量を同じ30mgにして比較します。

対象商品はFANCLの「ファンケル 効率ダブルウコン30粒」。
なんとも仰々しい名前の商品ですね。

まず価格は1,207円で30日分。
一カプセルにクルクミンが30mg配合されており、一日当たりたったの38円です。
しかも、主要成分は「ウコン由来クルクミン:30mg」のみ。

カプセルの原材料としてウコン色素や食塩などの記載もありますが、中身はほぼクルクミンで間違いなさそうです。

さらに、この商品はハードカプセルと呼ばれるタイプで、
賦型材と呼ばれる酸化防腐剤を使わずに、クルクミン粉末をそのままカプセルに閉じ込めています。
簡単に言えば、無駄な物が入っていないということですね。

さて、ここでお気づきの方もいるでしょうが、ドリンクタイプだと飲みやすさも重要な要素になってくるため、甘くして口当たりを良くする為に糖分を入れます。

炭酸飲料をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

一方、カプセルタイプだと、中の粉末の味は飲むだけでは分からないので、そこを気にする必要がありません。

結果、単純に入れたい成分を入れれば十分目的は達せられるので、主要成分もシンプルなのです。

しかも、値段も3割以下。これを買わない手があるでしょうか?

 

ウコンの吸収率を上げるには

 

実はクルクミンは元々吸収性の悪い栄養素です。

分子が大きく水に溶けにくい性質のため、そのままではいくら大量に摂っても腸から吸収される量は微々たるもの。

クルクミンの効能を効果的に利用するためには、
吸収率の良い摂り方をするのがベターです。
ここで論点となるのが、ドリンクの方が吸収率が良いのではないか、という意見です。

確かに、天然のクルクミンを粉末状に加工している時点で、人の手が加わっていますし、
それをもう一度胃で溶かして吸収するので、天然ものと比べて吸収率が悪くなるというロジックは理解できます。

現に、無駄な加工をしていないコラーゲンドリンクは、打錠のサプリメントと比べると比較的吸収率が良いなんて話はよく聞きます。

しかし、今回ご紹介したFANCLのウコンを始めとした大手のウコンサプリは、そこも考えて設計されています。

 

例えばFANCLにおいては、粒子を細かく安定させることで吸収率に着目した「微細吸収型クルクミン」と、
持続に優れた「バランス吸収型クルクミン」の2種類のクルクミンを採用しています。

さらに、体内に素早く届けるために、体内でもすぐに溶けて広がる「植物由来液体ハードカプセル」を使用しています。

つまり、中の原料であるクルクミンでも、外のカプセルでも
吸収を助け、身体全体に素早く広がるように工夫がされているのです。

様々な側面から検証しましたが、コスパを考えるとサプリでの摂取が吉、というのが私の考えです。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

目指せリア充!プロテインで筋肉増強

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ジム通いでリア充生活

最近ようやく、社会人になってから行こうと思い続けていたジムの会員になりました。

現代のジムはトレーニング設備はもちろん、サウナやプール、スタジオレッスンも月額料金で使い放題なんです。いやー驚きました。仕事帰りに風呂とサウナだけ入って帰る、という贅沢な使い方もできるのです。

ジムデビューすれば、こんなもんかって感じですが、昔はジムに通っている人の話を聞くと、

「何だコイツリア充ぶりやがって!お前が運動するなら俺は酒じゃー!」と、無駄な敵対心を持っていたものです。

余談ついでにもう少し話すと、ジムに通っている人は圧倒的に高齢者が多いです。
2、30代は3割もいないくらいでしょうか。
ほとんどおじいちゃんおばあちゃんなんですね。

で、私の行っているところは、歳を取れば取るほど月会費が高くなる仕組みだったりします。

若い人は早めに入会しておくと結構お得ですよ!

 

さて、そんなトレーニングをしてる人にとって、身近な存在が今回の題材である『プロテイン』です。
筋肉を付けるためには切っても切れない関係の成分ですが、何となく理解していた方も多いはず。
効果的な摂取方法まで、詳しく解説しちゃいます。

動物性と植物性、二種類のプロテイン

実はプロテインはタンパク質と同義です。

大きく分けて動物性と植物性の二種類があり、それぞれ似て非なるものです。
この違いを知らないと、筋肉を付けたくても期待していたほど成果が上がらなかったり、ダイエットも失敗に終わってしまうのです。

てことで、まずはさらっと定義から。

動物性は、その名のとおり動物のたんぱく質を主成分に作られています。
食材で言うと、牛乳・卵・お肉の類。

瞬発的な筋肉の増強にはこれが一番です。



しかも、筋肉量が増えると、いわゆる代謝のいい身体になれるので、太りにくくなるんですね。
ただ、過剰摂取は脂肪増加にもつながるので、考えて摂りましょう。

一方植物性は、その名のとおり植物のたんぱく質を主成分に作られています。
食材で言うと、大豆などの豆類。

こちらは、筋肉はつきにくいけど、落ちるのもゆるやか(脂肪になりにくい)という特徴を持っています。
現代の食事では不足しがちなのが、この植物性タンパク質です。

こちらは運動しないで栄養素を補給したい人向けですね。

このように、目的によって動物性か植物性かをしっかり見極めることが重要なのです。

正しいプロテインの摂り方

 

プロテインの中でも、筋肉をつけることが目的であればホエイプロテインがおススメです。
ちなみに私が使っているのはこちら

 

一杯あたり14.1gのタンパク質、いわゆるプロテインが入っています。

ホエイプロテインは吸収性が良いので、プロテイン摂取ポイントの運動後に摂ると、非常に効率良く筋肉を作っていくことができると言われています。

 

2014/9/12には雪印がホエイペプチドの摂取と運動の組み合わせで、筋肉合成の促進が示唆されたと発表しました。
また、プロテインを摂取するタイミングについて効果的なタイミングは、「運動後45分間以内」「就寝前」「朝食時」などと言われています。
が、あなたが筋肉を付けるためにトレーニングを行っているなら、運動中の摂取が一番です。
トレーニングによって筋肉が破壊され、直ぐに再生が始まるタイミングで摂るのです。

さて、効率よく摂取するという話で、私が長年愛用していた


ウイダーインゼリーと対比してみましょう。
学生時代に、こいつを相棒にトレーニングに勤しんでいたのですが、一向に効果が上がりませんでした。

その時は、自分は筋肉が付かない体質なのだと諦めていましたが、実はプロテインの量にあったのではないかと最近思い始めたのです。

実は、ウイダーの方はたんぱく質の含有量は5,000mg、つまり5.0g。
先にご紹介した「ザバス(SAVAS)」には、一杯あたり14.1gのタンパク質、いわゆるプロテインが入っています。

ここで気づいて頂きたいのは、差ももちろんですが、
ウイダーが5,000mgと表記している点。

ザバス(SAVAS)との2.8倍もの差があります。

この場合、量が少ないもんだから、ぱっと見含有量が多そうに見えるように、単位を一つ落としてきている場合が十分あります。

これは、自分で言うのもなんですが、健康食品業界の常套手段なので、しっかり同じ単位で比較することが重要になります。

ちなみに、現在はザバス(SAVAS)に切り替えていますが、
予想以上の効果を実感しています。

大体週2・3の筋トレを二ヶ月続けて筋肉量が一キロ弱増えた感じです。。

単純な話ではありますが、プロテインを効率よく摂るために、
量って結構重要だと思うんですよ。

皆さんも摂取するなら効率よく栄養補給をしましょうね!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook