「featured」カテゴリーアーカイブ

【驚愕】ウコンドリンクの大きな誤解

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

飲み会にはウコンの力!

飲み会前にウコンの力を飲むようになったのはいつからでしょうか?

いつの間にか、大手食品メーカーのCMによって、ドリンクタイプのウコンの力が一般的になりました。

今でも飲み会前後に飲んでいる人は、老若男女問わず良く見られます。

私も昔は、何も疑わず200円ほどするドリンクを飲んでいましたが、ある時期からサプリメントに切り替えました。

理由は簡単、コストパフォーマンスが桁違いに良いからです。

 

 

ドリンクとサプリ、実際どっちが効果あるの?

では、早速ドリンクとサプリメントの比較検証をして行きましょう。

まず、ドリンクタイプの中でも最もポピュラーだと思われる「ウコンの力」。
最近ではカシス味なんてのも登場し、女性も好んで飲んでいます。

価格は200円。


使われている原材料と成分ですが、100mlの中で一番配合量が多いのは果糖ぶどう糖液糖と呼ばれるものです。

これは、コーラなどにも含まれる天然甘味料の一種で、肥満や糖尿病などの原因になる物質。
私たちの健康を脅かす存在として、アメリカではなんと使用禁止運動まで起こっています。

で、その後に肝機能に効果があるとされる「微細化クルクミン」が30mg配合されています。

続いて、粒タイプ。

今回は条件をそろえる意味で一日のクルクミンの配合量を同じ30mgにして比較します。

対象商品はFANCLの「ファンケル 効率ダブルウコン30粒」。
なんとも仰々しい名前の商品ですね。

まず価格は1,207円で30日分。
一カプセルにクルクミンが30mg配合されており、一日当たりたったの38円です。
しかも、主要成分は「ウコン由来クルクミン:30mg」のみ。

カプセルの原材料としてウコン色素や食塩などの記載もありますが、中身はほぼクルクミンで間違いなさそうです。

さらに、この商品はハードカプセルと呼ばれるタイプで、
賦型材と呼ばれる酸化防腐剤を使わずに、クルクミン粉末をそのままカプセルに閉じ込めています。
簡単に言えば、無駄な物が入っていないということですね。

さて、ここでお気づきの方もいるでしょうが、ドリンクタイプだと飲みやすさも重要な要素になってくるため、甘くして口当たりを良くする為に糖分を入れます。

炭酸飲料をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

一方、カプセルタイプだと、中の粉末の味は飲むだけでは分からないので、そこを気にする必要がありません。

結果、単純に入れたい成分を入れれば十分目的は達せられるので、主要成分もシンプルなのです。

しかも、値段も3割以下。これを買わない手があるでしょうか?

 

ウコンの吸収率を上げるには

 

実はクルクミンは元々吸収性の悪い栄養素です。

分子が大きく水に溶けにくい性質のため、そのままではいくら大量に摂っても腸から吸収される量は微々たるもの。

クルクミンの効能を効果的に利用するためには、
吸収率の良い摂り方をするのがベターです。
ここで論点となるのが、ドリンクの方が吸収率が良いのではないか、という意見です。

確かに、天然のクルクミンを粉末状に加工している時点で、人の手が加わっていますし、
それをもう一度胃で溶かして吸収するので、天然ものと比べて吸収率が悪くなるというロジックは理解できます。

現に、無駄な加工をしていないコラーゲンドリンクは、打錠のサプリメントと比べると比較的吸収率が良いなんて話はよく聞きます。

しかし、今回ご紹介したFANCLのウコンを始めとした大手のウコンサプリは、そこも考えて設計されています。

 

例えばFANCLにおいては、粒子を細かく安定させることで吸収率に着目した「微細吸収型クルクミン」と、
持続に優れた「バランス吸収型クルクミン」の2種類のクルクミンを採用しています。

さらに、体内に素早く届けるために、体内でもすぐに溶けて広がる「植物由来液体ハードカプセル」を使用しています。

つまり、中の原料であるクルクミンでも、外のカプセルでも
吸収を助け、身体全体に素早く広がるように工夫がされているのです。

様々な側面から検証しましたが、コスパを考えるとサプリでの摂取が吉、というのが私の考えです。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

目指せリア充!プロテインで筋肉増強

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ジム通いでリア充生活

最近ようやく、社会人になってから行こうと思い続けていたジムの会員になりました。

現代のジムはトレーニング設備はもちろん、サウナやプール、スタジオレッスンも月額料金で使い放題なんです。いやー驚きました。仕事帰りに風呂とサウナだけ入って帰る、という贅沢な使い方もできるのです。

ジムデビューすれば、こんなもんかって感じですが、昔はジムに通っている人の話を聞くと、

「何だコイツリア充ぶりやがって!お前が運動するなら俺は酒じゃー!」と、無駄な敵対心を持っていたものです。

余談ついでにもう少し話すと、ジムに通っている人は圧倒的に高齢者が多いです。
2、30代は3割もいないくらいでしょうか。
ほとんどおじいちゃんおばあちゃんなんですね。

で、私の行っているところは、歳を取れば取るほど月会費が高くなる仕組みだったりします。

若い人は早めに入会しておくと結構お得ですよ!

 

さて、そんなトレーニングをしてる人にとって、身近な存在が今回の題材である『プロテイン』です。
筋肉を付けるためには切っても切れない関係の成分ですが、何となく理解していた方も多いはず。
効果的な摂取方法まで、詳しく解説しちゃいます。

動物性と植物性、二種類のプロテイン

実はプロテインはタンパク質と同義です。

大きく分けて動物性と植物性の二種類があり、それぞれ似て非なるものです。
この違いを知らないと、筋肉を付けたくても期待していたほど成果が上がらなかったり、ダイエットも失敗に終わってしまうのです。

てことで、まずはさらっと定義から。

動物性は、その名のとおり動物のたんぱく質を主成分に作られています。
食材で言うと、牛乳・卵・お肉の類。

瞬発的な筋肉の増強にはこれが一番です。



しかも、筋肉量が増えると、いわゆる代謝のいい身体になれるので、太りにくくなるんですね。
ただ、過剰摂取は脂肪増加にもつながるので、考えて摂りましょう。

一方植物性は、その名のとおり植物のたんぱく質を主成分に作られています。
食材で言うと、大豆などの豆類。

こちらは、筋肉はつきにくいけど、落ちるのもゆるやか(脂肪になりにくい)という特徴を持っています。
現代の食事では不足しがちなのが、この植物性タンパク質です。

こちらは運動しないで栄養素を補給したい人向けですね。

このように、目的によって動物性か植物性かをしっかり見極めることが重要なのです。

正しいプロテインの摂り方

 

プロテインの中でも、筋肉をつけることが目的であればホエイプロテインがおススメです。
ちなみに私が使っているのはこちら

 

一杯あたり14.1gのタンパク質、いわゆるプロテインが入っています。

ホエイプロテインは吸収性が良いので、プロテイン摂取ポイントの運動後に摂ると、非常に効率良く筋肉を作っていくことができると言われています。

 

2014/9/12には雪印がホエイペプチドの摂取と運動の組み合わせで、筋肉合成の促進が示唆されたと発表しました。
また、プロテインを摂取するタイミングについて効果的なタイミングは、「運動後45分間以内」「就寝前」「朝食時」などと言われています。
が、あなたが筋肉を付けるためにトレーニングを行っているなら、運動中の摂取が一番です。
トレーニングによって筋肉が破壊され、直ぐに再生が始まるタイミングで摂るのです。

さて、効率よく摂取するという話で、私が長年愛用していた


ウイダーインゼリーと対比してみましょう。
学生時代に、こいつを相棒にトレーニングに勤しんでいたのですが、一向に効果が上がりませんでした。

その時は、自分は筋肉が付かない体質なのだと諦めていましたが、実はプロテインの量にあったのではないかと最近思い始めたのです。

実は、ウイダーの方はたんぱく質の含有量は5,000mg、つまり5.0g。
先にご紹介した「ザバス(SAVAS)」には、一杯あたり14.1gのタンパク質、いわゆるプロテインが入っています。

ここで気づいて頂きたいのは、差ももちろんですが、
ウイダーが5,000mgと表記している点。

ザバス(SAVAS)との2.8倍もの差があります。

この場合、量が少ないもんだから、ぱっと見含有量が多そうに見えるように、単位を一つ落としてきている場合が十分あります。

これは、自分で言うのもなんですが、健康食品業界の常套手段なので、しっかり同じ単位で比較することが重要になります。

ちなみに、現在はザバス(SAVAS)に切り替えていますが、
予想以上の効果を実感しています。

大体週2・3の筋トレを二ヶ月続けて筋肉量が一キロ弱増えた感じです。。

単純な話ではありますが、プロテインを効率よく摂るために、
量って結構重要だと思うんですよ。

皆さんも摂取するなら効率よく栄養補給をしましょうね!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

マカで漢を上げられるのか検証

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

バイアグラより効くって本当か?

 

社会人になると、自分より年上の先輩方と付き合う機会が多くなります。
特に5、60歳代の人と飲みに行くと、たまに、ナイトライフの話に花が咲くことも。。

で、この前「俺は最近マカに頼りっきりだよ。あれはバイアグラよりすごいぞ。お前も困ったら使ってみろ」とマカのサプリメントを渡されました。

その後、こっそり使ってみましたが、正直ドンキホーテの謎ブランド精力剤の方が効いたような・・

以前からマカについては気になっていたので、この機会に調べてみました。

 

 

EDの原因とは

調べるにあたって、まずはEDの根本原因を確認しました。
割と知られている通り、一言で言えば血管の機能不全による血流障害です。

だとすると、血流のよくなるように有酸素運動を行い、
食生活を見直してしっかりEPAやビタミンEを中心とした栄養を補給すれば、改善に向かいそうです。

つまり、EDの原因は「生活習慣の乱れ」にありそうなことが分かってきました。

 

マカには質の高いデータが存在しない!?

驚くべきことに、これだけ「マカ=精力改善」という認知がついていながら、それを判断する為の質の高いデータは不足しています。

確かに、民間薬として昔から使用されてきたり、男性機能が改善したという報告はあるのですが、決定打に欠けているようです。

ネットの広告やCM、男性誌の煽りなどで、知らず知らずの内に認知が付いてきたのでしょう。

もちろん、医者が処方してくれるバイアグラやシアリス等の医薬品よりも効くことはなさそうです。

結局、何が漢を上げてくれるの?

 

ここまで読んでくださった方は、じゃあ一体何が効くのよ!
漢を上げさせてくれよ!

と思っていることでしょう。
具体的な成分で言うと、アルギニンとビタミンE、血行を良くするイチョウ葉などが有効です。血流の改善が、あなたの勝負を助けてくれることでしょう。
また、亜鉛なども有効です。
亜鉛は、多くの酵素の働きをサポートしており、その数は300にも上るそうです。

これが不足してしまうと、体内の300カ所の代謝が止まってしまうということなので、男性機能にも影響が出るのは至極当然のこと。
サプリで摂取しようとするなら、これらが含有されているものを選ぶのがおススメです。

ということで、本当は教えたくないのですが、このブログをご覧の男性諸君にだけ、こちらの EDiSON エディソンの存在をお教えします。

実はこの商品、数々の伝説を生み出しておりまして、

販売元のD○Cのお偉いさんが、この主原料の「サンサム」を試したところ、その効果に感動し、トップダウンで商品開発を進めたという話や、韓国のとある大企業の社長が、この商品に惚れ込んで、出回っているサンサムを買い占めたといった話が耳に入ってきています。

で、私も早速試してみたわけですが、正直驚きます。
もう、マカの時代は終わってくるのではないでしょうか。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

赤ワイン100杯分!!注目のレスベラトロール

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

フレンチパラドックス

 

「フレンチパラドックス」という言葉を知っていますか?

これは、フランス人が相対的に喫煙率が高いうえ、肉が主食の高タンパクな食事を摂取しているにもかかわらず、
動脈硬化になる割合が比較的低いことからできた語源のことです。

多くの学者がこの理由を解明しようと研究が勧められてきましたが、その過程で発見されたのが、今回ご紹介する「レスベラトロール」です。

レスベラトロールという成分はポリフェノールの一種で、寿命延長作用の研究が行われています。
酵母、ハエ、魚類などでその作用が実証され、2006年には「Nature」にてヒトと同じ哺乳類であるマウスの寿命を延長させるとの成果が発表されています。
赤ワインが、何となく健康に良さそうだとどこかで耳にしたことがあると思います。

赤ワインにはレスベラトロールを始めとした抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれており、
その抗酸化作用によって、活性酸素の働きを抑え細胞の肌の老化・乾燥肌の防止に役立つのです。

またポリフェノールの持つ殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。

さらに、脂肪分が多めの食べ物と一緒に摂ると、脂肪分の吸収を妨げるため、肥満防止にもなると言われています。

しかし、ワイン自体は健康にいいのですが、一日の摂取量は決まっており、一日2杯ほどにしておかないと、ガンなどの発生リスクが高まるとの研究発表もあります。

しかし、良い成分があるのは確かなので、ノーリスクな摂り方はないものか。。

そんな時にはサプリの出番なのです。

 

成分だけいいとこ取りすればいい

読んで時のごとくですが、効率的に自分の期待する効果を得られる成分だけ取れればいいって話です。
例えば、仕事であるサプリメントの企画書を通さなければいけないとします。
この場合のゴールは企画書を通すことですよね?

いくら自分の中でそのサプリの知識があったとしても、
商品の説明だけでは承認されないと思います。

要は、その企画書のどこを見られるのか、ターゲット層なのか、実感力なのか、それによって企画書の作り方も全く変わってきます。
これを先ほどの話に置き換えると、レスベラトロールという強力なポリフェノールそのまま取れれば、飲む必要がなくなりますよね。

赤ワイン100杯分のレスベラトロール

断言しましょう。
ワインを毎日飲むよりも、サプリで栄養素を取るのがベストです。
おススメなのは一日分で赤ワイン約100杯分のレスベラトロールが配合されているような配合量にこだわったサプリメント。

 

配合量も重要で、至適量(最良の健康維持が期待できる量)10mgに対し、を越えるのが一つの目安。

また、前述した抗酸化防止のポリフェノールも豊富に含まれているとさらに良いです。

サプリメントは配合次第では、比較的安価に作れてしまうため
しっかりした工場で生産していない業者も一定数存在します。
当然品質管理なら製薬会社が行き届いています。
頼むなら、安心・安全・本物のメーカーで。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

美容の女王 プラセンタ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

美容といえば”プラセンタ”

美容に関心のある人なら、一度はプラセンタという成分を聞いたことがあるかと思います。

美容面では、古代エジプトの女王クレオパトラも利用していたほか、「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャの医者ヒポクラテスも治療に使用していたようです。

さらに中国・唐の時代に生きた楊貴妃、フランス王妃マリー・アントワネットまでもが若さと美貌を保つためにプラセンタを愛用していたともいわれています。

ID-100225186

日本製と外国製の大きな違い

日本で言うプラセンタは、胎盤由来の成長因子や他の栄養素を抽出したものです。

しかし、外国で言うプラセンタの概念は日本と異なります。

例えば、デンマークのプラセンタは、子宮部分を含んだ箇所までをプラセンタと表しているため、実際に美容に効く成分がほとんど入っていない場合もあります。

外国産プラセンタで価格が安いものは、ほぼ間違いなく子宮部分が大半を閉めていると言っても過言ではありません。

配合量のカラクリ

さて、純正のプラセンタが入っているので、これは良さそうだ、しかも配合量もかなり多いぞ!

という商品があるとします。

確かに、配合量が多ければ、その分実感力も高まります。これは間違いない。

ですが、よく商品を比べてみると、粉末換算とエキス末(原料)換算という二つの換算方法が目につくはずです。

並べてみると、確実にエキス末換算の桁が違います。

これは少ない配合量でも、単位を変えることで、量を誤摩化しているということです。
本当は1gで大したことないのに、「1,000mg配合!!」と謳っているのと同じです。

しかも、エキス換算にすると、希釈率も誤摩化せてしまいます。

コーヒーを例に取ると、粉の分量は同じでも、お湯を多く入れて薄めれば、コーヒーの量自体は増えますよね。

プラセンタのエキス換算もそれと同じで、少ないプラセンタ純末でも、薄めればエキス換算にした時に量が増えるというカラクリです。

市場を売れているプラセンタほど、過剰に配合量を多く見せている傾向があるのは残念なことです。

最近、日本健康栄養協会という組織が、数多くの粗悪品が出回ることを懸念して、プラセンタの基準を策定しました。

今後は、認定された商品には「JHFAマーク」が付くことになります。

スクリーンショット 2015-03-07 22.12.39

これによって、良質なプラセンタ商品を簡単に見分けることが出来るようになります。

先日もその説明会に行ってきたのですが、全力で応援して行きたいと思っています!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook