「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダイエットの強い味方!?シルクフィブロイン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

今日は一風変わった素材をご紹介したいと思います。
日本語で言うと『絹』、かつてはその流通量の多さからシルクロードという名前が付くほど有名だったシルクを基にした『シルクフィブロイン』です。
シルクなんて食べれんの?消化が悪そう。。と思った人も多いはず。はじめは私もそうでした。

ですが、その消化が悪いことを逆手にとることで、驚くべき効果が期待できるのです。

後ほど詳しく話すとして、まずはシルクフィブロインについて詳しく見てみましょう。

 

シルク①

 

不思議なシルクフィブロイン

シルクフィブロインとは、絹に含まれるフィブロインタンパク質と呼ばれるものを特殊な製法で抽出したものです。

実は私が目指してる人々の健康寿命を延ばすことを大いに関係があるのですが、それは事項で詳しく見ていきましょう。

絹は人体を構成する全てのアミノ酸を含み、皮膚を構成するコラーゲンと親戚です。
ご存知の通り、人体にとってアミノ酸はガソリンのようなもので、活動する上で無くてはならない存在です。
ですが、アミノ酸だけで何種類もあり、包括的に摂取出来るものも限られるため、サプリメントなどでの補給が望ましいtされています。
その中でも、シルクフィブロインは、90%が人の肌と同じアミノ酸から作られているので、とても肌に優しくなじみがよいとされているのです。

次は具体的にシルクフィブロインの素晴らしい点について触れましょう。

シルクフィブロイン3つのすごポイント

①血中アルコール濃度を下げる

これには絹に含まれるアラニンが重要な役割を担っています。
アラニンはアミノ酸の一種で、絹3割近く含まれています。これが体内に摂取したアルコールの分解を助けてくれるのです。

20年ほど前から行われているマウス実験で、絹加水分解物を摂取したラットが、摂取していないラットと比べて血中のアルコール濃度が低くなっていることが確認されています。

 

シルク②
②血中コレステロール濃度の上昇抑制

アラニン同様、シルク構成アミノ酸の過半数を占めるグリシンについても、魅力的な研究結果があります。
グリシンを多く含む食品は血中コレステロールを低下させる作用があるのです。
これは、高血圧や脳卒中の防止にもつながります。
ちなみに、大豆タンパク質にも同様の効果が認められますが、
フィブロインの方がはるかに強い影響を与えることが分かっています。

 

③体内の余分な脂肪を体外に排出する

この部分が一番のおススメポイントです。
シルクフィブロインは給脂性多孔質という性質を持ち、体内の余分なコレステロールや脂肪を吸着して、体外に排出してくれるのです。
ダイエットに効果的と言われる所以です。

 

ですが同時に価格も高く、セラム シルクフィブロイン 10g×30包 なんかは一万円以上もします。

ダイエット製品は金をかければいいというものではありませんが、他のもので効果が感じられなかった人は、一度シルクフィブロインを試してみる価値はあるのではないでしょうか。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【薬事法•景表法事例集】FANCLの気になるニュース

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

本日、FANCLのHPに以下の文面が掲載されていました。

—————————————————————————————————————-

【広告表示の訂正とお詫び】

弊社が過去に掲載しました「カロリミット」商品群の広告表示の一部に不適切と思われる表示がありましたので訂正し、謹んでお詫び申し上げます。
今後は適正な表示に努め、皆様が正しい商品選択ができ、安心して摂取いただけるよう努力して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

—————————————————————————————————————-

お察しの通り、薬事・景表法違反の指導でも受けたのでしょう。
ですが、本日時点で関連しているニュースは特段上がってきていません。

私の知り合いの話ですと、おそらく、以前ご紹介したハーブ健康本舗と同時期に景表法違反で指導が入り、通常なら措置命令のところを政治力で行政指導に抑え込んだということでした。

ここだけの話、健康食品の業界はグレーな部分も多く、法改正も活発なことから、政界とのつながりも重要視される傾向があります。

同じ大手ではDHCなどのニュースも話題になりましたね。

真偽のほどは分かりませんが、私から見てもカロリミットに関してはかなり踏み込んだ表現を行っていたと思います。
一部上場のFANCLでさえ、違反ギリギリのところまで表現しなければいけないほど、薬事法というのは厳しい法律なんですね。

今回、表立った事件にはなっていないとはいえ、業界関係者の間では大きなニュースになっています。

次の標的はどの会社になるのか。

今後は、広告の製作にあたってはしっかりとした外部の専門家のチェックが必須のフローになってくるでしょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【薬事法•景表法事例集】ハーブ健康本舗

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

少し前の話になりますが、9/18に消費者庁は、株式会社ハーブ健康本舗(以下「ハーブ健康本舗」という。)に対し、消費者庁及び公正取引委員会(公正取引委員会事務総局九州事務所)の調査の結果を踏まえ、景品表示法第6条の規定に基づき、措置命令(別添参照)を行いました。

簡単に言うと、そこまで効果が無い商品なのに広告は大げさに書いて、消費者を誤認させた容疑、ってことです。

該当商品の「カロピタスリム オールクリア」は『食べたこと、なかったことに』などのフレーズで有名です。
これに対して消費者庁は、痩せる根拠となるデータの提出を求めました。

通常、新商品を開発する場合は事前に臨床試験やモニターを実施してデータを取ったり、それを利用者の声として広告に掲載します。

しかし、薬事に抵触する文言は使用できないため、業者によっては自作してしまうとこもあると聞いています。
が、提出された資料は痩身作用を立証するための合理的根拠が認められないという判断を下されたのです。
景表法違反が発覚するパターンは、エンドユーザーのクレームや相談の他に、同業他社などからのタレコミもあります。

 

 
このタレコミによって、商品に含まれる成分自体の信用を失墜させる可能性もあるため、する側もある程度のリスクを負うことになります。

例えば、以前「夜スリム トマ美ちゃん」という商品が景表法違反で措置命令を受けて以降、トマトダイエット全般は嘘っぱちだという風潮にあり、リコピン市場は下火になっています。

タレ込む側は、ライバル会社のやり方によって相当な被害を受けたか、誰が見ても明らかな表記をしたかのどちらかでしょう。

 
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

糖尿病と菊芋の話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

恐ろしい糖尿病

厚生労働省が平成24年に発表した調査委によると、糖尿病有病者と予備群は約2,050万人と推計されているそうです。
日本の人口が約1億3,000人ですから、6人に1人が何らかの形で糖尿病と向き合っていることになります。

これは驚くべき数字ですね。

年齢別の推移データを見てみると40代からちらほら増え始め、50-60代でぐーんと糖尿病の疑いがある人が増えます。
特に、男性の方が伸び幅が顕著です。

食の欧米化、ストレス、偏食などの生活習慣が大きな要因として挙げられますが、実は発症する前であれば、しっかり予防できる病気なのです。

とはいえ、初期の自覚症状が現れにくいために、検査で血糖値に異常があったり、治療が必要と言われても、そのまま治療を受けない人が4割ほどいるのです。

消化のいいものを食べるべき神話のウソ

高齢者に糖尿病が増えてくる要因の一つに、「高齢になったら消化のいいものを食べるべき神話」というものがあります。

一般的に、歳を取ってくると、消化が悪くなりがちです。

これは体内に有している消化酵素の減少によるものなのですが、
胃もたれなんてしてしまうと、食生活を変えなきゃ!ということで、うどんやおかゆを好んで食べるようになる人が増えます。

ここで考えて欲しいのが、世間一般で消化のいいものと言われるものは、そのほとんどが「炭水化物」であること

結果的に、体のことを考えてせっせと炭水化物を摂って血糖値を上げることになってしまい、食後の血糖値が上昇、なんてよくある話なんです。

 

何を食べればいいの?

糖尿病の予防や改善のためには食事制限がついて回ります。
食べることが大好きな人にとっては地獄のような日々でしょう・・

ですが、血糖値が高くなる状態が続けば、最悪の場合失明することもある「糖尿病性網膜症」や進行により人工透析を余儀なくされる「糖尿病性腎症」、しびれや感覚マヒなどの異常感覚・循環不全による壊疽(えそ)などを引き起こす「糖尿病性神経障害」など、合併症を引き起こすことになります。

そこで少しでも負担を軽減すべく、血糖値を下げる植物について研究が進めされてきました。
そこで発見されたのが「菊芋」です。

菊芋は元々エドガー・ケイシーという人が、多くの糖尿病の人に食べさせ、多くの合併症の患者を救ったという言い伝えがあります。

彼は同時に「菊芋は天然のインスリンだ」とも語っています。

インスリンと言われる所以が、菊芋に含まれているイヌリンという成分。
イヌリンは腸内で消化されない多糖類で、食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。

ちなみに、このイヌリンですが、同じ芋科のサツマイモやジャガイモには含まれていない、菊芋独特の成分なのです。

今では菊芋チップス菊芋のレシピも豊富に紹介されているので、是非試してみてはいかがでしょうか?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook