「貧血予防」カテゴリーアーカイブ

植物の王様・ドリアン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

明けましておめでとうございます。
本日から仕事始めの方も多いかと思いますので、お疲れの人も多いことでしょう。

さて私事、毎年年末はどっかしらに旅行に行くのですが、今回は諸々の事情で寝正月だったのです。

奇しくも昨年末に立てた2015年の目標で10カ国周ること目標に掲げたというのに、このペースじゃいかんということで、

急遽今週末からクアラルンプールに行くことにしちゃいました。
勢いって大事ですね!笑

さてさて、実はマレーシアは今回で二回目なのですが、最初の旅行で未だに鮮明な記憶となって蘇るのが、ドリアンとの遭遇です。

男二人での旅行だったのですが、ちょっと目を離した隙に、連れが強烈なニオイと共にドリアンを持って現れたのです。

その後、遠くから聞こえる「せっかくだから食えよー!」という声を無視しつつ、しばらく半径5m以上距離を取って歩いたものでした。

しかし、それだけ強烈な存在感を放つ以上、栄養素も豊富なはず!

ということで調べてみました。

これを読めば、あなたもドリアンを食べたくなる・・・かも?

 

ドリアンの豊富な栄養素

まず、ドリアンと言えばミネラル分が豊富という特徴が挙げられます。
このミネラルはマグネシウムやリン、銅など体の機能を維持するために欠かせないもので、私もビタミンと同じくらい摂取を進めているものです。

また、貧血予防に役立つ葉酸や冷え性を和らげるナイアシン比較的多く含まれています。
こうしてみると女性の味方のような栄養成分ですね。

 

 

さらに、高血圧予防に効果があると言われているカリウムが、アボガドに次いぐほど多く含まれていると言われます。

こうして見ているだけでも栄養素の宝庫ですね。

 

ドリアンとお酒の危険な関係

ドリアンがお酒との食べ合わせが悪いという話は有名です。
聞くところによると、東南アジアでは毎年何人もの死者が出ているとか・・
直接的な原因ははっきりしていませんが、血圧の急激な上昇で心臓に負担がかかる、などと言われています。
事例がある以上、お酒と一緒に摂らないようにしたほうが良さそうです。
特に旅行中は、うっかり酔った勢いで手を出す、なんてことも考えられるので気をつけましょう!
 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook