「美肌」カテゴリーアーカイブ

この酸っぱさがやみつきに!アセロラの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

ロングセラーのアセロラドリンク

最近ではアセロラの認知もかなりついてきました。
アセロラドリンクに始まり、ゼリーやサプリ、最近では「ふんわり鏡月 アセロラ」なんて商品も出ていますね。

ビタミンCの含有が多いことから、健康志向の方が好んでいるイメージですが、あの独特の酸っぱさがやみつきになったりもします。

特にアセロラドリンクは、ニチレイが1986年に発売してから30年以上もの間ロングセラーを続けています。

※ちなみにAmazonがマジで安いです

実は、清涼飲料業界全体で1年間に新商品が1000から1200商品登場しています。

昔はCMとかバンバンやってたのに、最近見てないって商品ありますよね?新商品が出て、翌年まで生き残るのは多くて3つ程度と言われています。

つまり、ずーっと売っている商品ってのは、選抜も選抜、世界代表クラスの奴らってことなんです。

本日はアセロラについて詳しく見て行きましょう。

ビタミンCといえばアセロラ

アセロラといえばビタミンCが有名ですが、その含有量が最大値となるのが成熟期、いわゆる『早摘み果実』と呼ばれる時期です。
この淡緑色の時期は、赤く熟れた成熟期の1.5倍のビタミンCを含有していると言われており、市場に出回るのは大体この早摘み果実です。

ちなみに前述したロングセラーのニチレイ アセロラドリンクの場合、100mlあたり50mgのビタミンCを摂取することが可能だそうです。

さて、このビタミンいっぱいアセロラですが、ドリンクにするにあたって問題点が一つあります。

普通は摘果後すぐにミキサーにかけられて液状化されるんですが、生で食べるのは非常に躊躇われるほどの酸っぱさ。

もちろん液状になってもその特徴は変わりません。
そのまま生絞りじゃ飲めないってことです。

じゃあ市販のドリンクは、どうしてるかっていうと、飲みやすくするために砂糖を多く入れることになります。

一本飲むくらいなら全く問題はないのですが、過剰摂取には注意が必要です。

 

ポリフェノールとビタミンの黄金コンビ

 
アセロラドリンクには、ビタミンだけでなくポリフェノールも含んでます。

熱帯の植物は高温で強い紫外線が降りそそぐ過酷な環境下で成長していくため、生き延びる術としてポリフェノールのような抗酸化物質を多く含むようになるのです。

このポリフェノールは「抗酸化物質」と呼ばれ、体内に発生する活性酸素を除去し、老化や疾病を予防してくれます。

アセロラ内のポリフェノールは「アントシアニン」です。

これは目に良い成分であると同時に、体重増加抑制機能も報告されています。

ニチレイの研究によると、元々美肌サポートには不可欠なビタミンCに加えて、ポリフェノールが含まれていることが、非常に肌にとって有益だと証明されています。

メラニン産生細胞の培養液中にアセロラ果汁を添加したところ、メラニン生成量を有意に抑えることが確認できたと言います。

さらに、アセロラ果汁からビタミンCを除去したもの(アセロラポリフェノールを抽出)をメラニン産生細胞の培養液に添加した場合も同様に、メラニンの生成抑制作用が認められたのです。

つまり、ビタミンとポリフェノールのダブル効果であなたの美容をサポートしてくれているのです。

多くの可能性を秘めたミラクルフルーツ、あなたも続けてみてください。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ヘルシー・オイシー オリーブオイル

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

サプリメントにも油が含まれている!

サプリメントと言えば、配合されている成分に目が行きがちですが、詳しい人の中には、油の種類を気にされる方も多いのではないでしょうか。

ソフトカプセルと呼ばれる形状のサプリメントは形を維持するために、一粒の約半分もの油が使われています。

これはどのサプリメントの設計も然りです。

 

もちろん、サプリメントの油は、食事で摂取するそれと比べれば無害なものがほとんどです。
というか、余程の悪徳業者で無い限り、日本の工場で下手な油は使われません
そのサプリメントに使われる油ですが、大豆油やシソ油、DHA/EPAなども含まれることがあります。
形状を保つために結構な量が入るので、開発側も気にする部分ではあります。今回は、今やお洒落なバーでのワインのお供だけでなく、家庭でも当然のように料理に使用されているオリーブオイルにフォーカスしていきます。

十分一般認知も付いてきたので、知らない人はいないでしょうが、独特な香りとくどくない風味、料理レシピの広がり、
そして、長い食生活からなる安心・安全感の3つが代表的な特徴として挙げられる素材です。

知られざるオリーブの種類

オリーブ油と言えば、サラダにかけたり、炒め物に使ったり、ヘルシーで美味しいイメージですが、大きくバージンオリーブオイルと精製オリーブオイルの2種類に分けられます。

バージンオリーブオイルの中でも最上級と言われているのが、エクストラオリーブオイルです。
風味の素晴らしさ、酸度の低さとも申し分ないと判定された上質なオリーブオイルです。

味わうと驚くのがその「フルーティーさ」。
ワインのように、産地・摘んだ時期・圧搾やり方など様々な条件で味が変化するのです。一方、バージンオリーブオイルの味や香りに欠陥があった場合、精製処理で遊離脂肪酸や欠陥を除去します。

そこから得られたものを精製オリーブオイルと呼びます。

言わずもがな、ランクや価格はバージンオリーブオイル>精製オリーブオイルとなります。

さて、オリーブの持つイメージとしては、健康・美容だと思います。
 浸透性や使用感の良さから、エステサロン・マッサージ店での使用する業務用としての引き合いも多くなってきていることからも分かるでしょう。

ですが、それだけでなく、サプリメントに入れる油としてもオリーブ油をおススメします。

理由はヘルシーなことと、産地がしっかりしている場合が多いから。
原産地がトレースできることは、食品に関して大きなアドバンテージです。

サプリとしては、良くも悪くも身体に大きな与える影響はほぼありません。
ですが、気になる方は、食品表示法の決まりで何の油を使っているかの表示は義務化されているので、確認してみると良いでしょう。
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ケフィアでキレイと免疫力を!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

腸内環境正常化

腸内の環境を整える成分と言えば、誰もが乳酸菌と答えるでしょう。

乳酸菌を含んだ商品を挙げるとすれば、枚挙にいとまがないほどの数になるのは容易に想像がつきます。

飲料やヨーグルトなど、子供から大人まで幅広くなじみのある成分も中々ありません。

その中でも、ケフィアをご存知でしょうか?

ヨーグルトは乳酸菌だけの「単独発酵」ですが、
ケフィアは乳酸菌と酵母が共に助け合って発酵する「共生発酵」によって、菌体成分が善玉菌の栄養となる成分です。

つまり、乳酸菌+酵母のダブルパワーが効くってことです。

これに関連する話で、ロシアに美人が多い理由をご存知でしょうか?
実は、その美しさのヒミツは毎日欠かさないケフィアだともいわれています。

ビタミンなどの美容によい成分を含み、パックやフェイスクリームなどの化粧品にもケフィアは使われています。

花粉にもケフィア

さて、最近春らしくなってきましたが、同時に花粉症が辛い時期でもありますよね。。

花粉症は免疫の過剰反応によって引き起こされ、
基礎体力や免疫力を向上させることが、花粉症の悪化を防ぐことにつながります。

基礎体力は、日ごろの運動が基本ですが、ウォーキング・ジョギングに関しては、
花粉の飛散量が比較的少ない早朝に行うのがベストです。

10年ほど前から花粉症対策ということでロングセラーを続けているのがキリンのNoale(ノアレ)です。

この商品から、乳製品以外から乳酸菌を摂取するという風潮が広がったのです。

そして、乳酸菌よりも更に善玉菌を活かせると期待されているのが、ケフィアなのです。

乳酸菌を紹介しておいて何なんですが、実は私はプラセンタを飲んで花粉症が直りました。

何のサプリが効くかは分かりませんが、色々試してみるのも有りだと思います。

免疫力の要は腸!

ご存知の方も多いと思いますが、免疫力を大きく左右するのが腸です。

免疫というと、リンパ球が思い浮かびますが、腸管の免疫も重要な役割を担っています。

子供の頃に、卵でアレルギーを起こしていた人が、成長と共にアレルギーを起こさなくなるのも、
腸管免疫が強まったことによるものだそうです。

しかし、年齢や生活習慣で、守る力が弱まってきてしまいます。

いわゆる、悪玉菌が増え始めている状態です。
悪玉菌が増加してくると、どんどん有害物質が作られます。

それが血液によって全身に運ばれて私たちの健康にさまざまな影響を及ぼし始めます。

それに対抗する善玉菌を増やしたい!と思ったら、ケフィアの出番です。

前述に「ケフィアは発酵するときに働く菌の種類が多いのが特徴」とありましたが、
そこに着目して、ケフィアにこだわりまくっているのが、やずやです。

やずやと言えば、黒酢のCMが一世を風靡しましたが、ケフィア市場でもいい商品を作っています。

特筆すべきは生きたまま届いて働く「有胞子性乳酸菌」を配合している点。

ケフィアの豊富な乳酸菌と有胞子性乳酸菌が、体内の調子をダブルでサポートしてくれ、腸の中を酸性化し、調子の良さを保たせてくれます。

有胞子性乳酸菌は、約1週間で減少・排泄されるので、売り文句のようですが、継続的に摂ることが大切です。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ぷるぷる肌に生まれ変わる?コラーゲンの秘密

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

美容の味方コラーゲン

「美容・美肌」を目指すとなれば、コラーゲンを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

プラセンタやヒアルロン酸などの美容食材が次々に登場してくる中、依然として高い人気を誇っています。

サプリメントに限らず、食品に含まれることも多く、
最近では、美肌だけでなく、豊かでコシのある髪、健康的な爪を訴求する商品も出てきています。

今後も、新たなニーズを掘り起こしていくであろう注目の素材です。

ちなみにコラーゲンの原料流通量は年間6,000t。
原料の流通量としては、非常に多い割合なのです。

コラーゲンを摂取して肌に反映されるまで

私も実は冬になればコラーゲン鍋をつついていたものです。

で、次の日「肌がぷるぷるになった!さすがコラーゲン!!」なんて女性が大騒ぎしてたなー、なんてつい思い出に浸っちゃってきました。

しかし、残念ながらこれは錯覚だったのです。

通常、食物を体内に摂取して、その効果が肌に反映されるまでは一か月かかります
これは、肌の細胞の入れ替わりサイクルが一か月だからです。

そのロジックが分かっていると、科学的にすぐに肌がぷるぷるになるなんてあり得ないことが分かります。

でも、これではコラーゲン食品が売れないので、売り手はネガティブな情報を敢えて言わないようにしているんですね。

また、コラーゲンがそのまま体内に吸収される、という勘違いがあります。

低分子化、ナノ化という言葉が最近よく聞かれるようになりましたが、

これを言い換えると、コラーゲンを細かくしたから、身体に取り込まれやすくなったよ!
ってことです。

特に、肌の上から塗る化粧品なんかは、低分子化により、浸透力が増すとうたわれていますね。

しかし、これも知っている人は知っている話で、口から摂取されたコラーゲンは、胃でアミノ酸に分解されるだけです。
高分子でも、低分子でも関係ないどころか、低分子の方が効率的に分解されてしまうくらいです。

つまり、これって・・・

そう!気づいた方もいるかもしれませんが、摂取しても期待できるほどの効果はないというのが私の見解です。

ちなみに、ヒアルロン酸プラセンタの様なコラーゲン注射はどうか、という意見もありますが、
こちらも科学的な効果は認められていないようです。

それどころか、投与後の吐き気やだるさ副作用の事例も数多く寄せられているのです。

単価も一万円前後と高価なので、それをやるくらいなら、プラセンタサプリを飲んだ方が効果があると思います。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

抗酸化作用のカギ アスタキサンチン②

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンの抗酸化作用

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①に引き続き、アスタキサンチンの話です。

様々なところに効力のあるアスタキサンチンですが、
摂取を間違えるとせっかくの成果も水の泡です。

サントリーの研究成果にもあるように、抗酸化作用との関連性が鍵となります。
抗酸化作用の酸化とは、その名の通り、ものが錆びたり、腐ったりすることを言います。

酸素を取り入れて、エネルギーを作り出す時に、
人間の身体に活性酸素というものが発生します。

これが過剰に発生してしまうと、生活習慣病や老化を招きます。
恐ろしいことに、人間の身体も酸化してしまうのです。

中でもヒドロキシラジカルという物質は、毒性が最も強い活性酸素で、
がんや生活習慣病、慢性疾患、老化の直接的な原因となっています。

抗酸化作用とは、その活性酸素を抑える働きのことなのです。

 

実感力が優れているアスタキサンチン

アスタキサンチンは、抗酸化成分としてよく知られているビタミンEなどに比べて、はるかにすごいパワーを持っています。

さらに、サプリメントの部類としては、実感性も高く、副作用もほとんど報告されていない優秀な成分です。

ですが、いざ買ってみようと思うと、非常に選びにくいのが実情です。
値段がピンキリで、数千円から一万円を越えるものまで幅広い価格帯になっているのです。

個人的に初めての方であれば、

が続けやすいと思います。

一日一粒設計なところとか、アスタキサンチン(フリー体として)9mgの配合量は多い部類に入りますし。

しかも、実はDHCのサプリって、30日分が多いのですが、
アスタキサンチンに関しては20日分です。

これは、原価が高く、しっかりした品質のものを使用しているので、
他商品との価格を合わせる為には20日分にするしかなかったのではないか、というのが私の見解です。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook