「未分類」カテゴリーアーカイブ

病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【コラム】機能性表示と知識と知恵

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日から新年度の始まりですね。

と同時に、業界関係者が首を長くして待っていた機能性表示食品の届出等に関するガイドラインもようやく出ました。

既に届け出を済ませた企業もあり、審査期間を踏まえると6月には第一弾の機能性食品が発売されそうです。
今年は健食業界にとって、大きな変化の年になりそうですね。

 

機能性表示についての記事は過去記事に散々書いたので、今日は機能性表示について学んでいる中で、知識と知恵について考える機会があったので、備忘録代わりに書いてみようと思います。

 

 

世紀の失策ゆとり教育

思い返せば学生時代、世紀の失策と言われたゆとり教育の被害をモロに受けたのが我々の世代でした。。
知恵をつけるという名目の意味不明な総合の時間。

考える力=知恵、を蓄える授業ということでしたが、何をやったか全く覚えていません。

唯一覚えているのが、先生達も何をやっていいか分からず、狼狽えていたこと。

今思えば、国が方針を出しても、具体的内容まで落とさないと現場は混乱するということを目の前で見れた貴重な経験だったのかもしれません。
さて、話を戻しますと、先日 羽生 善治(はぶ よしはる)将棋棋士の「決断力」という本を読みました。
この中に、
「知識を積み重ねていく中で、「知恵」に変えないと生かすことはできない」

 

という一文があります。
この文を読んで、早速知識と知恵の違いを調べてみました。

 

Knowledge:知識
知識というのは学習や実験、調査や観察などを通じて得られた事実やデータ、経験の積み重ねのことを指します。
→成分、実績、システムの使い方、検索すれば出てくるようなこと全般
Wisdom:知恵
知恵とは適切な場面で適切な知識を活用することができる能力のことを指します。

知識が事実やデータを”知っている”ことだったのに対し、知恵ではその事実やデータが起きる理由や意味を”理解している”というように、より深いレベルになります。

→自社の商品が何故売上が伸びないのか、商品を誰に向けて売れば良いのか、どうすれば LTVを上げることができるのか、など

 

思考段階としては、知識→知恵、というイメージでしょうか。

 

ハーブ4

 

知恵がある人は単なる物知りではなく、自分で考えて賢く生きることが出来ていると思います。

 

では、知恵を付けるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

調べてみると、外資系コンサルやGoogle、Facebook等の入社試験で採用されている”ある理論”が出てきました。

 

フェルミ理論

フェルミ理論とは、つかみどころがなく調査するのも難しいような数量を、短時間でかつ論理的に概算することを指します。

ここで一問例題を考えてみましょう。
問い「日本で昨年 1年間に消費された割り箸の本数は?」

 

1分ほど悩んでみてください。

 

では答えです。

 

<回答例>

①日本の人口は約 1.3億人である

② 1世帯あたり平均3人として、約 1.3億×3 人=約 4000万世帯が日本に存在する

③そのうち働いている人は 1世帯あたり1 人と考えて、日本の労働者は約 4000万世帯×1 人=約 4000万人

④昼夜に外食を行う可能性が高いため、 1日あたり約4000 万人× 2本=約8000 万本の割り箸が使われる

⑤以上より 1年間に使われる割り箸の本数は、約 8000万本×365 日=約 292億本である

 

あなたの予想通りの答えでしたか?

 

この回答例以外にも、色々なアプローチが考えられますね。

 

 

最後に、フェルミ推定のコツをまとめます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. いきなり答えを出そうとしない。
2. 求める数字をMECE(もれなく、だぶりなく)に分解する。
3. 2の数字があいまいならば、更に分解
4. 常識でチェックする。常識が最大の武器

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

既存のビジネスを拡大することはもちろん、新規ビジネスを考える場合にもとても役立ちそうですね。

 

普段生活している中でも、フェルミ理論は様々な事象に当てはめて考えることが出来ます。

 

知恵を付けるトレーニングとして、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダイエットの強い味方!?シルクフィブロイン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

今日は一風変わった素材をご紹介したいと思います。
日本語で言うと『絹』、かつてはその流通量の多さからシルクロードという名前が付くほど有名だったシルクを基にした『シルクフィブロイン』です。
シルクなんて食べれんの?消化が悪そう。。と思った人も多いはず。はじめは私もそうでした。

ですが、その消化が悪いことを逆手にとることで、驚くべき効果が期待できるのです。

後ほど詳しく話すとして、まずはシルクフィブロインについて詳しく見てみましょう。

 

シルク①

 

不思議なシルクフィブロイン

シルクフィブロインとは、絹に含まれるフィブロインタンパク質と呼ばれるものを特殊な製法で抽出したものです。

実は私が目指してる人々の健康寿命を延ばすことを大いに関係があるのですが、それは事項で詳しく見ていきましょう。

絹は人体を構成する全てのアミノ酸を含み、皮膚を構成するコラーゲンと親戚です。
ご存知の通り、人体にとってアミノ酸はガソリンのようなもので、活動する上で無くてはならない存在です。
ですが、アミノ酸だけで何種類もあり、包括的に摂取出来るものも限られるため、サプリメントなどでの補給が望ましいtされています。
その中でも、シルクフィブロインは、90%が人の肌と同じアミノ酸から作られているので、とても肌に優しくなじみがよいとされているのです。

次は具体的にシルクフィブロインの素晴らしい点について触れましょう。

シルクフィブロイン3つのすごポイント

①血中アルコール濃度を下げる

これには絹に含まれるアラニンが重要な役割を担っています。
アラニンはアミノ酸の一種で、絹3割近く含まれています。これが体内に摂取したアルコールの分解を助けてくれるのです。

20年ほど前から行われているマウス実験で、絹加水分解物を摂取したラットが、摂取していないラットと比べて血中のアルコール濃度が低くなっていることが確認されています。

 

シルク②
②血中コレステロール濃度の上昇抑制

アラニン同様、シルク構成アミノ酸の過半数を占めるグリシンについても、魅力的な研究結果があります。
グリシンを多く含む食品は血中コレステロールを低下させる作用があるのです。
これは、高血圧や脳卒中の防止にもつながります。
ちなみに、大豆タンパク質にも同様の効果が認められますが、
フィブロインの方がはるかに強い影響を与えることが分かっています。

 

③体内の余分な脂肪を体外に排出する

この部分が一番のおススメポイントです。
シルクフィブロインは給脂性多孔質という性質を持ち、体内の余分なコレステロールや脂肪を吸着して、体外に排出してくれるのです。
ダイエットに効果的と言われる所以です。

 

ですが同時に価格も高く、セラム シルクフィブロイン 10g×30包 なんかは一万円以上もします。

ダイエット製品は金をかければいいというものではありませんが、他のもので効果が感じられなかった人は、一度シルクフィブロインを試してみる価値はあるのではないでしょうか。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook