「抗酸化」カテゴリーアーカイブ

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンという言葉を聞いたことはありますか?
サプリメントだけでなく、化粧品にも配合されている人気成分です。

アスタキサンチンは緑黄色野菜やサケのような見た目が赤色の生物に含まれています。

当然アスタキサンチン自体の色も鮮やかな赤色です。

この成分、研究が進むにつれて様々な効果効能が確認されており、関連商品が数多く出回っています。

今回は二記事に分けて、アスタキサンチンの素晴らしさをまとめていきます。

歯医者と外科医はアスタキサンチン

私の友人で歯科医がいるのですが、アスタキサンチンのサプリが歯科医の間で大人気だと聞きました。

歯科医は仕事中は一点を凝視する為、知らず知らずの内に眼精疲労が溜まるそうです。

アスタキサンチンには、血液の流れを良くする働きがあり、疲労物質を早く押し流し、新鮮な酸素や栄養を目に届けて、疲労回復を助ける働きがあります。

パソコン仕事の方や外科医の方で、サプリなどに詳しい人も日常的に摂取していると聞きます。

 

 

通常、脳と目は生命活動を維持する上で、最も重要である為、その中に入れる物質は限られています。

しかし、アスタキサンチンはデリケートな脳や目の中にまで入り込むことができ、ダイレクトに働きかけることが出来るのです。

実際に、眼精疲労の症状を訴える健常者にアスタキサンチン6mgを4週間摂取させたところ、調節機能の改善と自覚症状の改善が確認されたとの臨床結果があります。

さらに、ピント調節力の改善に伴い、肩こりや目の奥の痛みが改善したという報告もあるくらいです。

 

美肌効果も!?まだまだあるアスタキサンチンの作用

さらに、アスタキサンチンは美肌にも効果があることが確認されています。

シミの原因となるメラニン色素を抑えることができ、美白効果も期待できるのです。

化粧品でもFUJIFILMの「アスタリフト」などが人気のようです。

完全には防げないまでも、付けているかどうかで結果に大きな違いが出るようです。

余談ですが、ミスユニバースの合宿で出される食事にも、鮭が頻繁に登場するそうです。

美容とアスタキサンチンは、切っても切れない関係のようですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

オシャレで優雅な紅茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

健康的な飲み物のイメージと言えば、日本人が大好きな緑茶ですよね。
以前、こちらの記事でも緑茶の素晴らしい効能についてまとめました。

ですが、その緑茶に負けず劣らず優秀な飲み物があるんです。

それが「紅茶」です。
イギリスでは「万能に効く東洋の秘薬」なんて呼ばれていますね。

実は、みなさんが何気なく飲んでいる紅茶ですが、これから猛威を振るうことになるインフルエンザをも抑えてくれるというのです。

今回はそんな紅茶のすごい話、行ってみましょう。

紅茶カテキンに驚き!

まず紅茶を語る上で製法は外せません。

紅茶の原料となる茶葉は「アッサム種」といわれる種類が 一般的です。この茶葉自身に含まれる酵素の働きで、カテキンなどを発酵させて作ります。

あの紅茶の素晴らしい香りは、この発酵によって作られているんですね。

言わずもがな、カテキンは抗菌作用から脂肪燃焼効果まで、幅広い効能が確認されており、アメリカの国立ガン研究所を初め、日本の大学で数多くの研究実績があるのです。

最近ではノンカフェインの刺激の少ないタイプも多いので、高齢の方や子供までどの年代の人にも受け入れられています。

インフルエンザを抑える

さて、冒頭でも少し触れたインフルエンザを防ぐという話に移りましょう。

前述のカテキンの他に、紅茶に含まれるテアフラビンは強い抗酸化力を持ち、殺菌効果が確認されています。

このテアフラビンがインフルエンザウイルスの活動を抑制する成分と言われているのです。

普段生活している分には気になりませんが、銅像が酸性雨でサビて行くように、人間の身体も歳とともにどんどん酸化が進んで行きます。

これが老化と言われる現象なのです。


紅茶を飲んでテアフラビンを摂取することで、その酸化のスピードを緩めることが可能なのです。

ですが、紅茶にミルクなどを入れてしまうと、テアフラビンがタンパク質と結びついて、抑制作用自体が抑えられてしまうようなので注意して下さい。

また、緑茶と同様に、紅茶うがいも風邪予防に効果的。
でがらしの紅茶でも同じく効果的だというのも緑茶と同様です。美味しく飲んで、残りはうがいに使う、などすると有効に使えますね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

中国の奇跡!烏龍茶がすごい

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

脂肪の吸収を抑える

昔、中華料理のアルバイトをしていたことがあるのですが、とにかく中華料理というのは油を使います。

料理一皿ごとに、巨大なレードル並々の油を何度も入れこみ、見ているだけでお腹いっぱいになるほど。
これを体内に摂取するのか・・・と思うと中華料理を食べることがはばかれるくらい、当時の私には衝撃的でした。

 

 

中華料理のお供と言えばウーロン茶。
特に黒ウーロン茶は脂肪の吸収を抑えてくれます。

あるメーカーのトクホ商品で多くの方に刷り込まれていると思いますが、具体的にどれほど効果があるのかご存知でしょうか?

緑茶に引き続き、ウーロン茶についても効果効能のほどを紐解いてみましょう。

緑茶と烏龍茶の意外な関係

 

具体的にお話しする前に、まず、緑茶と烏龍茶の製法の違いから簡単に解説します。
初めて知った時には驚いたのですが、緑茶も烏龍茶も紅茶も原料の葉っぱは一緒です。
その中で烏龍茶は茶葉を発行途中で加熱するという半発酵という製法で作られます。
これによって、カテキンが幾重にも重なり、ポリフェノールが発生します。

このポリフェノールが、非常に高いダイエット効果や様々な健康効果をもたらしてくれるのです。

ポリフェノールのすごい話

 

ここで、ダイエットの例を挙げてみましょう。
ご存知の通り、烏龍茶のカロリーは0カロリーです。
しかし、烏龍茶をコップ一杯分ほど飲むと、約40カロリーほど消費してくれます。
脂肪1gは大体9カロリーほどと言われているので、コップ二杯も飲めば、約10gほど脂肪が減る計算になります。
微量ではありますが、実は飲むだけでカロリーマイナスになるという夢のような飲料なんです。

ただし、脂っこい料理を食べていないのに烏龍茶を飲み過ぎると、身体に必要な脂質も体外に排出してしまう可能性もあるので、過剰摂取にはくれぐれもご注意を。

その他にもポリフェノールは活性酸素を除去する抗酸化の働きがあるので、アンチエイジング効果も期待できます。
余談ですが、烏龍茶を茶葉から入れる場合のポイントは、
茶葉を入れた急須に熱湯を入れた後、一分間くらい蒸らすことです。
 
バイトの時に教えてもらったのですが、確かにこの方が香ばしい薫りが際立ち、味が締まります。
 
自家製派の方は是非試してみてください。
 
 
 
 
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

日本に生まれてよかった!緑茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人は緑茶が大好き

日本に住んでいて、緑茶を飲んだことがない人はいないでしょう。

子供の頃、おばあちゃんがおやつと一緒に出してくれたり、レストランで夏はよく冷えた冷茶、冬はあったかーいお茶が出てきたりと、生活には欠かせない存在になっています。

そういえば、私の通っていた小学校ではお茶うがいが風邪予防になるということで、12月になると、水筒に入れて持って行ってました。

日本国内での緑茶の消費量は年間86,733t(平成25年)にも上り、紅茶やウーロン茶の5倍にもなります。
その9割ほどが国内での生産量で、地域によっては農家の重要な稼ぎ頭でもあります。

お茶の歴史は遣唐使が往来していた奈良・平安時代まで遡ります。

最澄(さいちょう)、空海(くうかい)、永忠(えいちゅう)などの留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の始まりとされています。

その後、織田信長や豊臣秀吉が千利休と共に茶道を嗜むようになり、それが江戸幕府の重臣たちの間にも広まり、最終的には一般市民にも広がっていったとされています。

驚くべきことに現代ではお茶に関する法律まであります。

その中には

第九条(お茶の文化の振興)
国及び地方公共団体は、お茶の文化の振興を図るため、お茶の伝統に関する知識等の普及その他必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

と言った条文もあり、お茶が日本の伝統文化としての重要な役割を担っていることが伺えます。

ここまですごい!緑茶カテキンの実力

お茶にはカテキンを始めとして、様々な成分が含まれていますが、そのどれもが身体にとっていいものばかりです。
まずは代表的なカテキンの効能について書いてみると。
体脂肪低下作用
抗酸化作用
抗菌作用
口臭予防(脱臭作用)
抗インフルエンザ作用
血圧・血糖上昇抑制作用
がん予防

これだけで十分飲みたくなりますよね。

日常的に緑茶を摂取している人とそうでない人を比較すると、病気になる確率もだいぶ違うようです。

他の成分も侮れない

有名なカテキン以外の含有成分も優秀です。

例えば、緑茶特有のうまみ成分がテアニンです。
これは脳内でドーパミンと呼ばれる神経伝達物質を増やす働きがあり、精神をリラックスさせ、過食を防ぐ働きがあります。

緑茶を飲むとほっとするのは、このテアニンの影響でしょう。

他にもご存知カフェインは疲労感や眠気の除去や持久力増加、更には二日酔いを助けてくれますし、虫歯予防にも役立つフッ素も入っています。

もっと詳しく知りたい方は、茶ガイドというサイトに詳しく載っていますよ。

感覚で分かると思いますが、有効成分は一杯目にもっとも多く含まれます。
健康にいいからといって、出がらしを使い続けていると、実は有効成分がほとんど入っていないなんてことになりかねないので、注意しましょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

頭がクルクル回り出す!クリルオイル

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

頭がクルクル回り出す!

誰だって頭がいい人、回転が早い人に憧れますよね。

勉強が出来る、出来ないと地頭の良さは異なるとも言われていますが、社会人になると機転が効いたり、トラブルに迅速に対応できる人を要領=頭が良い、と評することが多い気がします。

この人たちは、与えられた情報を基に、瞬時に何パターンかの回答を考え、その中から最適なものを選択するというスキルに長けているのです。

日常に、どれだけ疑問を持って、考えているかが分かれ目だと思いますが、ここではそんな脳トレの話は置いておきます。

 

実は、いくらトレーニングしても、生活習慣に問題があれば、実力を発揮できないこともあるのです。

ってことで、今日は頭の回転に大きく関わるクリルオイルの話です。

 

魚油由来とクリル、ここが違う

一般に流通しているDHA/EPAは魚油由来で、トリグリセリド(中性脂肪)型DHAと呼ばれてます。

一方、オキアミから抽出されるクリルにはリン脂質結合型DHA/EPAが含まれており、
リン脂質が乳化剤の役割をして、DHA/EPAは体内へ効率よく吸収されます。

さらにクリルにはアンチエイジング成分アスタキサンチンも含まれています。

このアスタキサンチンってのがポイントなんですが、血管を拡げる作用があるのですね。
身体の流れをスムーズにし、渋滞を防ぐ効果が期待できます。

ところで、食事の後は眠くなる人は多いですよね。
特に退屈な誰かの話を聞いている時なんて最悪です。

これは、血液が消化器官に優先的に回されている為、脳の活動が一時的に鈍っていることが原因で起こります。

ということは、クリルの摂取により脳の血流が大幅に増加すれば、脳が活発に動くってことですよね。

実はこの作用、クリルに含まれる成分であるアスタキサンチンに拠るところが大きいのです。

その他にも、クリルオイルは水に溶ける油っていう点も外せません。
DHA/EPAに比べると、効率がよく体内に吸収されることがプラスαの利点なんです。

贅沢なサプリメント

さて、クリルサプリの中でも、配合成分で気に入っているのが、極上クリルです。

まずは気になる品質ですが、南氷洋にから漁獲したオキアミを100%使用しています。
ここで取れるオキアミは、汚染が極めて少ない原料として有名。

唐突ですが、イヌイットの生活を知っていますか?
彼らは野菜などが育たない環境で生活しており、必然的にクジラやアザラシの高タンパクの食事になります。

なのに、生活習慣病が少ないのです。

なぜか?

 

その答えはオキアミに含まれるオメガ3にありました。

彼らの主食であるクジラやアザラシはオキアミを食べるので、オメガ3が蓄積されています。
当然それを食べるイヌイットも結果的にオメガ3を接することになり、サラサラ血液になってくるというのが通説なのです。

オメガ3は酸化しやすいので、抗酸化作用を持つアスタキサンチン配合というのも、実に理にかなっています。

私も飲んでみたことありますが、袋を開けた瞬間、ぶわっと魚臭いニオイがします。
さすが100%クリルオイル。

でもって、飲んでみると割と実感力が高い
頭がなんとなーくスッキリするんです。

これ、一緒に飲んだ友人も言っていたので、割と効果がありそうです。

一つ不満を言うとしたら、価格が高い!
でも100%クリルオイルならギリ許せるかな。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook