「口臭が気になる」カテゴリーアーカイブ

ニオイの悩みにサヨナラ!シャンピニオン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

ニオイが気になる私たち

 

数年前からガムのCMをよく見かけるようになりました。

特に話題になったのはロッテの発売したFit’sという商品です。
俳優の佐藤健さんと佐々木希さんがFit’sの歌に合わせてダンスを踊るCMが印象的でした。

YouTubeを活用したテレビCMのダンスコンテストは、振り付けのDVD、ガムのサンプルを配布したことで注目され、なんと1700件をも超える応募と、180万を超えるYouTubeの再生回数を達成したそうです。

これは特殊なアプローチですが、他の商品の一般的な構成としてはこうです。

ある男性が話していると、近くにいた人が顔をしかめます。
それに気づいた男性がガムを食べるとあら不思議、口臭がなくなり息がすーっとキレイになります。

イメージつくでしょうか?
これがどのCMにも当てはまる流れです。

昨今のように、これだけ多くのCMが放映されることを考えると、口臭や体臭を気にする人が増えたということでしょう。

ちなみにCMで見るような商品は、嫌なニオイをミントの香料で消しているので、ニオイの元を消すことが出来ません
つまり、その場しのぎの対応になってしまうのです。

不思議なキノコ、シャンピニオン

シャンピニオンという食べ物を聞いたことはありますか?
英語名をマッシュルームと言います。
こちらのほうが馴染みのある名前ですね。
実はこのマッシュルームがものすごい消臭作用を持ってることを知ってました?

偏食や体調、加齢などによって、腸内悪玉菌が増殖すると、腸内異常発酵による悪臭ガスが腸壁から吸収されます。

これが不快な体臭や口臭の原因になるほか、発生した有害物質が老化現象の原因になることも報告されています。

シャンピニオンはこの異常発酵による悪臭ガスの発生を抑制し、アンモニアや硫化水素などの腐敗成分が血中に吸収されるのを抑えます。
そして、慢性腎不全や高アンモニア血症の進行を阻止するとされているのです。

便臭も消してくれるということから、老人ホームなどの介護のシーンでも使用されることがあるそうですから、その効果のほどは折り紙付き。

体内環境正常化の為に、一度試してみては?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

日本に生まれてよかった!緑茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人は緑茶が大好き

日本に住んでいて、緑茶を飲んだことがない人はいないでしょう。

子供の頃、おばあちゃんがおやつと一緒に出してくれたり、レストランで夏はよく冷えた冷茶、冬はあったかーいお茶が出てきたりと、生活には欠かせない存在になっています。

そういえば、私の通っていた小学校ではお茶うがいが風邪予防になるということで、12月になると、水筒に入れて持って行ってました。

日本国内での緑茶の消費量は年間86,733t(平成25年)にも上り、紅茶やウーロン茶の5倍にもなります。
その9割ほどが国内での生産量で、地域によっては農家の重要な稼ぎ頭でもあります。

お茶の歴史は遣唐使が往来していた奈良・平安時代まで遡ります。

最澄(さいちょう)、空海(くうかい)、永忠(えいちゅう)などの留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の始まりとされています。

その後、織田信長や豊臣秀吉が千利休と共に茶道を嗜むようになり、それが江戸幕府の重臣たちの間にも広まり、最終的には一般市民にも広がっていったとされています。

驚くべきことに現代ではお茶に関する法律まであります。

その中には

第九条(お茶の文化の振興)
国及び地方公共団体は、お茶の文化の振興を図るため、お茶の伝統に関する知識等の普及その他必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

と言った条文もあり、お茶が日本の伝統文化としての重要な役割を担っていることが伺えます。

ここまですごい!緑茶カテキンの実力

お茶にはカテキンを始めとして、様々な成分が含まれていますが、そのどれもが身体にとっていいものばかりです。
まずは代表的なカテキンの効能について書いてみると。
体脂肪低下作用
抗酸化作用
抗菌作用
口臭予防(脱臭作用)
抗インフルエンザ作用
血圧・血糖上昇抑制作用
がん予防

これだけで十分飲みたくなりますよね。

日常的に緑茶を摂取している人とそうでない人を比較すると、病気になる確率もだいぶ違うようです。

他の成分も侮れない

有名なカテキン以外の含有成分も優秀です。

例えば、緑茶特有のうまみ成分がテアニンです。
これは脳内でドーパミンと呼ばれる神経伝達物質を増やす働きがあり、精神をリラックスさせ、過食を防ぐ働きがあります。

緑茶を飲むとほっとするのは、このテアニンの影響でしょう。

他にもご存知カフェインは疲労感や眠気の除去や持久力増加、更には二日酔いを助けてくれますし、虫歯予防にも役立つフッ素も入っています。

もっと詳しく知りたい方は、茶ガイドというサイトに詳しく載っていますよ。

感覚で分かると思いますが、有効成分は一杯目にもっとも多く含まれます。
健康にいいからといって、出がらしを使い続けていると、実は有効成分がほとんど入っていないなんてことになりかねないので、注意しましょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダマスクローズが決め手!バラのサプリメント

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

あなたのニオイは大丈夫?

皆さんは体臭、口臭予防を何かしているでしょうか?

ガムや制汗スプレーなどのCMの影響もあり、ニオイに敏感な人が今まで以上に増えてきてますし、
多くの方が自身の体臭や口臭が気になるという調査結果もあります。

実は私も、若い頃からニオイには敏感な方でして、制汗スプレーやらミンティアやらを持ち歩かないと人と近くで話すのが不安でした。。

対策するのは面倒いんだけど、それを上回る他人に嫌われたくない精神。

元々面倒臭がりやなので、出来ることなら体質改善をしたい!
とずっと思っていました。
前述の方法だと、表面的に香りを付けても、根本は変わらないので、暫くするとまた気になってくるんですよね。。

いわば香水みたいなもの。

今回の題材は、体の中から匂いを変えていくというサプリメントを紹介しますが、これは私の人生の中でかなり驚きの発想でした。

体内から悪臭が出るなら、原因を元から絶てばいいんです!

身体からバラの香り!?

原因を元から絶つってことは、言い換えれば体内にニオイの成分を取り入れて、発汗の際に汗臭いニオイの代わりにいい香りをさせるということ。

消臭効果が期待される成分としては、シャンピニオンが有名ですが、オシャレにマスキングしたいもの。

そこで、今回ご紹介するのが、バラのサプリメントです。

成分はほとんど油なのですが、袋を空けた瞬間、
ぶわーっとバラの香りが鼻に襲いかかってくるあれです。

女性芸能人にも愛用者が多いと聞きます。
何でも、香水と違って、自然なニオイが良いのだとか。

 

クレオパトラも愛したダマスクローズ

最後に、具体的な商品として「エンプレスローズ」というサプリメントをご紹介しておきます。

このサプリメントで使われている「ダマスクローズ」は、バラの中でも、ひときわ香り豊かな種です。

エンプレスローズ」は100%ピュアローズを使用しています。

ものによっては、人工的な独特のニオイが気になる場合もあり、
私過去に試した商品は、身体から芳香剤のニオイがしたり、
油が入りすぎていたのか、
飲んでから胃がもたれたりと、散々な目に遭ってきました。

それだけに、「エンプレスローズ」に関しては別だと断言出来ます。

実際飲んでみると、速攻で鼻に抜けるバラの香り。

一時間も経たないうちに落ち着きますが、一度部屋から出て戻るとほのかに香るバラの香りが

どうやら、自分がそのニオイに慣れてしまっていたようです。

二ヶ月で3,990円なので、かなりお買い得と言えるでしょう。

 

で、更に嬉しいのが、一日一粒で効果が実感できる点です。

通常、他のバラサプリだと2粒設計が多いので、どうしても1粒よりも飲みにくいんです。

配合成分を見てみると、

サフラワー油・オリーブ油・ローズオイル・ローズヒップオイル・抽出ビタミンE・被包剤(ゼラチン・グリセリン)

とあります。

一番配合量の多いサフラワー油・オリーブ油は増量剤と言って、
カプセルの中身を増やして、形状を保つ役割を担っています。

このサプリはソフトカプセルタイプなので、入れなくてはならない成分です。

その次が「ローズオイル・ローズヒップオイル」と続きます。

他の商品を既にお持ちの方は、見比べてほしいのですが、多くの製品には「ローズウォーター・〜香料」という文字があるはずです。

それが純粋なバラ抽出成分ではない証拠となるのです。

また、食品の表示において、配合量の多いものから記載すると法令で定められているので、「ゼラチン」などが最初に来ている場合は、ローズの配合量が少ないということです。

エンプレスローズ」においては、形状安定の為の増量剤でしたが、モノによっては、かさ増しのために入れている場合も多々あります。

本当に良いサプリは、開発経験のある人でも、ぱっと見での判断が難しいので、ご自身で信用できるソースを確保しておくことも、賢い消費者になるための一歩かもしれませんね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook