「元気になりたい」カテゴリーアーカイブ

その健康食品の取り方間違ってます②ウナギ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ウナギがスタミナ回復にならない!?

今や夏バテ防止の認知がしっかりついてきた「ウナギ」。
7月末の土用丑の日には、毎年食べるという人も多いのではないでしょうか。
ですが、我々日本人はウナギについて知っているようで、意外に知らないことが多いんです。

うなぎ①
今回は、よくあるウナギの勘違いについてまとめてみます。

ウナギの旬は「冬」

冒頭にも記載した通り、ウナギ=夏のイメージを持っている方は多いと思います。

ですが、それは大きな間違い。

意外や意外、真逆の季節である冬のウナギが一番脂が乗っていて美味しいのです。
少しお高めの料亭なんかに行くと、ちょうど今ぐらいの時期にウナギ料理が出てきますよね。

元はと言えば、エレキテルで有名な平賀源内さんが、夏にさっぱり売り上げが伸びないうなぎ屋の相談を受けて、夏=ウナギ、のブームを作ったのがきっかけです。

そして、夏に取れるウナギのほとんどは養殖の大量生産なのです。

私の家の近くの飲み屋のオヤジも、冬のウナギ以外は取り扱わない!と言い張っているくらい、味が違います。

冬のウナギの美味しい食べ方は、塩とわさび。
上品な味わいと、脂肪ののったプリプリの食感がたまりません。
さらに、この時期に流通するウナギは天然ものが多いため、多少値段は張りますが栄養価もたっぷりなのです。

一方、夏のウナギはぺらぺらな場合が多いし、自然の味として食べ応えがないので、タレなどでごまかしているとも言えます。
是非、旬の季節に美味しいウナギを食べてみましょう!

うなぎ②

ウナギを食べてもスタミナはつかない

ウナギは精力を付ける食材としても有名です。

ウチのオヤジなんかは、夏を乗り切るためにウナギを食うぞ!なんて言って、よく近所のスーパーにウナギを買いに行っていました。

しかし、残念ですが、現代ではウナギを食べてもスタミナはほとんど付きません。

少し遡って戦前の話。

食糧不足が長く続いた時代では、ウナギが貴重なエネルギー源でした。
脂質が多く含まれているウナギは、疲労を回復してくれる食材として重宝されていたのです。

翻って現代では、飽食化が進み、エネルギー不足による疲労を感じる人はほとんどいません。
脂質が多く含まれる食材も、ウナギに限らずいくらでもあるので、敢えてウナギを取る必要性が無くなってしまったのです。

昔からの言い伝えとはいえ、食生活も大きく変わっている現代にマッチしている考え方とは限りません。

正しい知識で、現代人に合わせた食材を積極的に摂っていきましょう!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

元気ドリンクの比じゃない!?ニンニク注射パワー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

ここぞの一発、ニンニク注射

寝不足で頭が回らないのに、重要なプレゼンが控えている・・・
大事な公演が明日に迫っているのに体調が優れない・・・
飲み会続きで肝臓が疲れている・・・
ここぞという時にパフォーマンスが発揮できないほど辛いことはありませんよね。
しかも、本当に辛いときは、栄養ドリンクもほとんど効果を感じれなくなります。(そもそも栄養ドリンクもチョコを食べるのと同じくらいの効果ですが・・)

そんなど〜しても辛い時、ニンニク注射という選択肢があることを知っていますか?

ニンニク注射というと、芸能人が舞台を控えているのに体調を崩したにも関わらず、ニンニク注射を打って乗り切った、とか
多忙なビジネスマンが、景気付けにニンニク注射を打ってから大事な商談に臨むなどの武勇伝で何度か聞いたことにある人も多いはずです。
自分とは関係のない話だと感じている人がほとんどかと思いますが、実は、サラリーマンの街「新橋」に、安価にニンニク注射の施術を受けられるところがあるんです。
価格も2,980円からと非常にリーズナブルなので、都内にお住まいの方は頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。

何がすごいの?ニンニクパワー

ニンニク注射について元気が出そうだというイメージは湧きましたでしょうか?
ここまでは肉体的疲労について触れてきましたが、実は精神的疲労にも効果が期待されています。
そもそもニンニクは、アルギニンなどの成分のように、血糖値を高めて多少強引に元気にするわけではありません。
体内にあるものをうまく巡らせて活用できるようにして、元気をみなぎらせる食材です。つまり、自律神経が不安定な状態を、正常な状態に戻すことで、鎮静作用も期待できるのです。
その効果は折り紙付きで、ニンニクを使った安眠健康法もあるほどです。さて、ニンニクといえばあの独特な臭いですよね。
この元となる「アリシン」と呼ばれる成分が精神疲労改善に役立ってくれるようです。

また、にんにく注射の話に戻すと、アリシンとは別の元気成分、水溶性のビタミンなども含まれています。
ビタミンはもちろん食べ物からの摂取も可能なのですが、
身体が疲れていると内臓も疲れていることが多いので、口から摂取しても効率的に吸収されない場合も多々あります。
その点、にんにく注射は静脈に成分を注射することにより、即効性と効率の良さが期待できるという点でも支持されているんですね。
とはいえ、注射に抵抗のある人もいるはず。
私もインフルエンザの予防接種を控え、戦々恐々としているのですが、そんな方はサプリメントでニンニクパワーを摂りこむことを考えてみてもいいのではないでしょうか?
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

オシャレで優雅な紅茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

健康的な飲み物のイメージと言えば、日本人が大好きな緑茶ですよね。
以前、こちらの記事でも緑茶の素晴らしい効能についてまとめました。

ですが、その緑茶に負けず劣らず優秀な飲み物があるんです。

それが「紅茶」です。
イギリスでは「万能に効く東洋の秘薬」なんて呼ばれていますね。

実は、みなさんが何気なく飲んでいる紅茶ですが、これから猛威を振るうことになるインフルエンザをも抑えてくれるというのです。

今回はそんな紅茶のすごい話、行ってみましょう。

紅茶カテキンに驚き!

まず紅茶を語る上で製法は外せません。

紅茶の原料となる茶葉は「アッサム種」といわれる種類が 一般的です。この茶葉自身に含まれる酵素の働きで、カテキンなどを発酵させて作ります。

あの紅茶の素晴らしい香りは、この発酵によって作られているんですね。

言わずもがな、カテキンは抗菌作用から脂肪燃焼効果まで、幅広い効能が確認されており、アメリカの国立ガン研究所を初め、日本の大学で数多くの研究実績があるのです。

最近ではノンカフェインの刺激の少ないタイプも多いので、高齢の方や子供までどの年代の人にも受け入れられています。

インフルエンザを抑える

さて、冒頭でも少し触れたインフルエンザを防ぐという話に移りましょう。

前述のカテキンの他に、紅茶に含まれるテアフラビンは強い抗酸化力を持ち、殺菌効果が確認されています。

このテアフラビンがインフルエンザウイルスの活動を抑制する成分と言われているのです。

普段生活している分には気になりませんが、銅像が酸性雨でサビて行くように、人間の身体も歳とともにどんどん酸化が進んで行きます。

これが老化と言われる現象なのです。


紅茶を飲んでテアフラビンを摂取することで、その酸化のスピードを緩めることが可能なのです。

ですが、紅茶にミルクなどを入れてしまうと、テアフラビンがタンパク質と結びついて、抑制作用自体が抑えられてしまうようなので注意して下さい。

また、緑茶と同様に、紅茶うがいも風邪予防に効果的。
でがらしの紅茶でも同じく効果的だというのも緑茶と同様です。美味しく飲んで、残りはうがいに使う、などすると有効に使えますね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【コラム】プラセボ効果のウソホント

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

プラセボ効果とは

「プラセボ効果」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

別名を「偽薬効果」と言い、本来効くはずのない薬を投与したにも関わらず、病状が回復に向かったり、治癒する現象のことを指します。

具体的な事例では、ノンアルコールビールなのに、普通のビールだと言われて飲むと、本物そっくりの味とニオイで脳が錯覚を起こし、酔った気になったり、自分は出来るという自己暗示の結果、実力以上の成績を残したという話もプラセボ効果の一例です。

※もっと詳しく知りたい人はNEVERまとめのこちらの記事

医薬品やサプリメントの開発段階では、製品の効き目を実証するために、デンプンや乳糖など、実際は効き目のないものを対象薬としたカプセルや錠剤を造り患者に投薬します。

この実験を行うと、両方の製品で効果が出てしまうので、プラセボと比べて確実に効果があると判定された商品だけが市場に出回るのです。

占いは負のプラセボ効果

ところで、個人的に私は占いが好きではありません。
大体の占いは、誰にでも当てはまる、ありきたりなことを言っているだけです。
例えば、「あなた最近嫌なことがあったでしょう?とか最近、大きな変化がありましたね?」という会話。

これって生きていれば、大なり小なり毎日に変化がありますよね。

自分の一週間を振り返るだけでも良いこと・悪いことって同じくらい起きているはずです。
私ごとですが、昨日、結構な人数の前でイベントの進行役を努め、大盛り上がりに終わりましたが、夜に飲み過ぎて具合が悪くなりました。

これで、前日とかに「あなたは明日運気が下がる日です」とか言われていたら、二日酔いのところばっかりフォーカスされちゃいますよね。

逆もしかりですが、人間というのはネガティブな面に敏感に反応してしまいます。


で、占ってもらったらもらったで、何か起きないか気になって仕事とかプライベートに集中できなくなるので、始めから聞きたくないってことです。

占いを信じ込む人は素直な方が多いと思いますが、ぶっちゃけ未来を予知できる人なんてほとんどいないので気にしないのが一番ですし、
嫌なことが起きる度に、自分が不幸の星に生まれたなんて思ってしまうこと自体が不毛です。

 

プラセボ効果はどこまで効果があるのか

ここで一つ疑問が湧きます。
思い込みによるポジティブなプラセボ効果を治療に応用できないのか、ということです。
これに関しては、昔から多くの製薬会社や病院で実験が繰り返されてきました。

結論から言うと、プラセボのみの治癒効果は期待できません。

理由はプラセボが人による差が大きいことです。
ある人はプラセボで病気が治癒するかもしれませんが、たまたまその人自身が持つ潜在免疫力が優れているからかもしれないので、そのまま転用しても効果は望めません。

一方、薬は可能な限り多くの患者に効果が出るように作られています

実は病院で渡される薬も、似たような患者で多くの効果のあった薬を処方されます。
もちろんここで、診察が間違っている可能性もあります。

ですが、大体の患者が治った実績があるので、勝率の高い薬でひとまず様子を見るのです。
これが分かっていれば、医者の診察があんなに短期間なのが分かりますよね。

その事実を知らなくても、多くの人は医者の処方してくれた薬は効くと思い込んでしまうので、半分は薬・もう半分はプラセボで治っていることも多いはずです。

医療関係を中心に色々なところでプラセボ効果は応用されているんですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

元気の秘密は鮫にあり!スクワレンの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

サメ軟骨のすごい話

サメと言えば映画「ジョーズ」のような人食いザメのイメージですが、古代から生き延びているこの生物は、ある驚くべき成分を体内に有しています。

その一つが「サメ軟骨」。
驚くべきことに、キューバで末期がんの患者に16週間に渡って、サメ軟骨の粉末を飲んでもらったところ、歩けなかった男性がジョギングをするくらいにまで回復したという事例があります。

このニュースは1993年に全米で流れ、世界各国で報じられたことで、一躍サメ軟骨がガンに効果があるとされました

ガンにまつわるサプリメントは今までも手を替え品を替え様々な商品が出てきましたが、信憑性が高い成分として注目されています。

とはいえ、ガンの患者に100%効果がある訳ではないので、やはり効果・効能としては弱い印象を受けます。

栄養たっぷり!サメの肝油

実は鮫は軟骨以外にもう一つ、健康に役立つ成分を持っています。それがサメの肝臓内にある「肝油」と呼ばれるものです。

この肝油は健康を維持する成分として、日本でも戦前から親しまれてきました。

深海ザメは高水圧、低酸素、光の届かない厳しい環境の中でも活動できる特殊な機能を持っており、その秘密が大きな肝油の蓄えられている肝臓にあるのではないかと考えられています。

良質なサメの肝油には、元気に年齢を重ねていくための大事なスクアレンと呼ばれる成分がたっぷり含まれているのです。

 

スクアレンの驚くべき効能

スクアレンとは深海鮫の肝臓を絞って得られる油(=肝油)の主成分です。

過酷な環境で生き抜くために肝臓が重要な役割を果たしていると考えられており、古くから漁師などが健康維持のために活用してきました。

油っぽい食事が多い人や酒、タバコを日常的に楽しむ人にはうってつけです。

また、スクアレンは、皮膚を滑らかにし、潤いを与え健康な皮膚を維持する役目も持っています。

どれだけ影響を与えているかは、ヒトと霊長類を比較すると良く分かります。ヒトの皮脂には約12%のスクアレンが存在しているのですが、一方の霊長類のサルやゴリラの皮脂には0.1%のスクアレンしか存在しません。

言うまでもないですが、肌を比べてみると人間の方が繊細でキレイですよね。人間のきめ細やかな肌は、スクアレンによって形作られているのかもしれません。

 

 

ちなみに皮脂が加齢により減少していることからスクアレンの分泌量も加齢と共に減少していくという研究結果があります。

つまり、ヒアルロン酸やコラーゲンのように、不足により、肌荒れが気になったりハリツヤがなくなったりと、美容面での様々な影響が出てきそうです。

ということで、鮫肝油を摂取したいわけですが、中々「鮫料理」なんてないですよね。
・・と思ったら、まさかのクックパッドに載っていました。

サメのレシピ

 

もしかしたら、得意料理だと言う人もいるかもしれませんが。。
でも、日常的には食べないはず!

サメの他にも、スクアレンを多く含んでいる食品は、オリーブオイル、アボカド油などあります。
その中でも含有量でサメの肝油は群を抜いています。

今は多くの鮫肝油サプリが出ているので、気になる方は試してみると良いでしょう。



share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook