「健康雑貨」カテゴリーアーカイブ

【テクノロジー】目指せ!健康長寿

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

安倍政権が平成25年4月19日に成長戦略スピーチで語った「『健康長寿社会』から創造される成長産業」というフレーズをご存知でしょうか。

健康長寿とは「日常的な介護を必要とせず、自立した生活ができる期間が長い」ということです。
日本人の平均寿命は男性が80.21歳、女性は86.61歳(2013年調査)と非常に長寿なのはご存じだと思いますが、
平均寿命まで入院や寝たきりにもならずに健康でいられるのとはまた別の話。

多くの人は、身体のどこかしらに問題を抱え、介護を受けながら生活していくの場合が多々あり、健康寿命は平均寿命より6歳から8歳ほど低いと言われているのです。
安倍総理は、健康な状態で長生きする人を増やすための研究支援を行うと明言しています。
例えば、ノーベル賞を受賞したiPS細胞などはその典型でしょう。

 

ID-10075155

 

何度かブログでご紹介している機能性表示や薬事法の改定も、
健康寿命を伸ばすことを最終目標としています。
どの産業も、人口が増えれば活性化のチャンスは大きく広がっていきます。
健康長寿社会になることで、旅行などの消費量が増え、他業種にも好影響が出るでしょう。
さて、ここで健康長寿を語る上で外せない概念に、未病という言葉があります。

未病とは、西洋医学で古くから言われている病理概念で、
病気と健康の狭間の状態のことを言います。
いわゆる、自覚症状はないけど健康診断結果に異常がある、という状態です。

メタボやロコモもこの未病の状態だと考えると、かなりの数の未病患者がいることになりますね。
未病を発見するうえでは、セルフチェック機器が代表格です。
血圧計や体組織計などは、サプリメントと合わせて売っても、かなり反応がいいです。

オムロン 手首式血圧計デジタル自動血圧計」などは驚くほど安価です。

 

 

一家に一台あってもいいかもしれませんね。

おそらく、健康状態を気にするという点でターゲットが似ているんでしょうね。
ここ数年ではスマホのアプリが隆盛を極めていますね。
万歩計の機能はもちろん、睡眠や食事に関するデータまで一元管理できるから驚きです。
ちなみに私は最近「Dead Line」なるアプリをインストールしました。
これはiPhoneにデフォルトでインストールされている「ヘルスケア」と連動し、
現在の生活習慣を基に余命を算出するという恐ろしいアプリです・・

Deadline – Improve your Life – Gist LLC

 

ちなみに私は69歳で死ぬという結果に・・・
生活習慣改善します。。
AppleやGoogleはヘルスケア領域に力を入れており、腕時計や指輪、メガネなどのウェアラブル端末を数多くリリースしています。
中には、販売すらせずにお蔵入りになったものもあるので、開発量で言ったらかなりの数に上るでしょう。
今後は、自分の食べる・寝る・運動するなどのライフログを可視化して自己管理する時代になってくるんでしょうね。

テクノロジー好きの自分にとっては非常に楽しみです。

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【販促事例】富士フイルム×西川リビング

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

寝具×サプリメント

富士フイルム×西川リビング 快眠トータル提案ショップ「快眠ひろば」で「オキシバリア すっとね」を販売!
9月3日( 睡眠の日) より販売開始

このコラボレーションはは面白い取り組みだと思います。
私も雑貨畑出身なので、糖尿病の方に血圧計を売ったり、耳のサプリメントを摂取している人に集音器を売ったリしています。

それを企業単位で行えば、色々なチャネルでプロモーションできるでしょう。

背景としては、睡眠に対して不満を抱える人や不眠の悩みを持つ人が増えているという理由で始めたようですが、オーダーメイドの枕を購入するような人は、眠りに対する関心が非常に高いです。

そのターゲットに向けて睡眠サポートサプリを売り出すのは非常に理にかなったプロモーションです。

自治体によりますが、サプリメント単体で「快眠」と謳ったら、薬事に抵触する恐れがあります。
ですが、枕と組み合わせることによって、言えなかった言葉を暗に表現することができるのです。

西川リビングからしてみても、前述のように、合わせ売りをすることが新たな顧客の呼び水になるでしょう。

寝具と健康食品。
一見畑違いの業界に見えますが、『生活』と『健康』という大きい括りで見ると、根底は共通しています。
このようなコラボレーションが今後も増えてくるのは必然。
常に広い視野で仕事したいと思います!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【展示会】ダイエット&ビューティーフェア2014

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

9/7-9日にかけて行われる「ダイエット&ビューティーフェア2014/スパ&ウエルネス ジャパン2014」、
私も二日目の今日、参戦してきました!

先週のギフトショーにも参加したのですが、そこでは「美容・健康関連雑貨」の姿はほとんど見られませんでした。

それもそのはず、本日の「ダイエット&ビューティーフェア」には何十社もの美容・健康メーカーの出店があったのです。

なんと「ダイエット&ビューティーフェア」は今回でまだ13回目の開催。

にも関わらず、美容・健康業界のプロが集結するビジネスの展示会として、商談はもちろん、
市場でのトレンドや商機を生みだす情報交流の場として、色んな人がいらっしゃるわけですね。


毎年、ダイエット&ビューティーフェアには参加するのですが、今回は人出も多いし、
出店企業も気合入ってます。

今年は機能性表示の件が大きく動いたこともあり、健康産業の伸びが期待できるからでしょうか。
もしくは、私が考えているような「健食と健康雑貨の融合」を狙っている人間が増えてきたのかもしれません。

入場時に並びたくないので、事前に入場登録を済ませておいたのですが、
抽選でスパ利用券が当たります!と言われてビックリ。

ギフトショーではこんな特典なかったのに。。集客に必死なのか?
それとも業界の羽振りがいいのか・・?

ともかく色んな意味で事前登録は必須ですよ。

そんな下世話なことを考えつつブースを回っていた次第であります。

ダイエット&ビューティーフェアの開催は明日まで!



まだ行ってない人は足を運んでみては?



share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook