「健康寿命」カテゴリーアーカイブ

病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダイエットの強い味方!?シルクフィブロイン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

今日は一風変わった素材をご紹介したいと思います。
日本語で言うと『絹』、かつてはその流通量の多さからシルクロードという名前が付くほど有名だったシルクを基にした『シルクフィブロイン』です。
シルクなんて食べれんの?消化が悪そう。。と思った人も多いはず。はじめは私もそうでした。

ですが、その消化が悪いことを逆手にとることで、驚くべき効果が期待できるのです。

後ほど詳しく話すとして、まずはシルクフィブロインについて詳しく見てみましょう。

 

シルク①

 

不思議なシルクフィブロイン

シルクフィブロインとは、絹に含まれるフィブロインタンパク質と呼ばれるものを特殊な製法で抽出したものです。

実は私が目指してる人々の健康寿命を延ばすことを大いに関係があるのですが、それは事項で詳しく見ていきましょう。

絹は人体を構成する全てのアミノ酸を含み、皮膚を構成するコラーゲンと親戚です。
ご存知の通り、人体にとってアミノ酸はガソリンのようなもので、活動する上で無くてはならない存在です。
ですが、アミノ酸だけで何種類もあり、包括的に摂取出来るものも限られるため、サプリメントなどでの補給が望ましいtされています。
その中でも、シルクフィブロインは、90%が人の肌と同じアミノ酸から作られているので、とても肌に優しくなじみがよいとされているのです。

次は具体的にシルクフィブロインの素晴らしい点について触れましょう。

シルクフィブロイン3つのすごポイント

①血中アルコール濃度を下げる

これには絹に含まれるアラニンが重要な役割を担っています。
アラニンはアミノ酸の一種で、絹3割近く含まれています。これが体内に摂取したアルコールの分解を助けてくれるのです。

20年ほど前から行われているマウス実験で、絹加水分解物を摂取したラットが、摂取していないラットと比べて血中のアルコール濃度が低くなっていることが確認されています。

 

シルク②
②血中コレステロール濃度の上昇抑制

アラニン同様、シルク構成アミノ酸の過半数を占めるグリシンについても、魅力的な研究結果があります。
グリシンを多く含む食品は血中コレステロールを低下させる作用があるのです。
これは、高血圧や脳卒中の防止にもつながります。
ちなみに、大豆タンパク質にも同様の効果が認められますが、
フィブロインの方がはるかに強い影響を与えることが分かっています。

 

③体内の余分な脂肪を体外に排出する

この部分が一番のおススメポイントです。
シルクフィブロインは給脂性多孔質という性質を持ち、体内の余分なコレステロールや脂肪を吸着して、体外に排出してくれるのです。
ダイエットに効果的と言われる所以です。

 

ですが同時に価格も高く、セラム シルクフィブロイン 10g×30包 なんかは一万円以上もします。

ダイエット製品は金をかければいいというものではありませんが、他のもので効果が感じられなかった人は、一度シルクフィブロインを試してみる価値はあるのではないでしょうか。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【テクノロジー】目指せ!健康長寿

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

安倍政権が平成25年4月19日に成長戦略スピーチで語った「『健康長寿社会』から創造される成長産業」というフレーズをご存知でしょうか。

健康長寿とは「日常的な介護を必要とせず、自立した生活ができる期間が長い」ということです。
日本人の平均寿命は男性が80.21歳、女性は86.61歳(2013年調査)と非常に長寿なのはご存じだと思いますが、
平均寿命まで入院や寝たきりにもならずに健康でいられるのとはまた別の話。

多くの人は、身体のどこかしらに問題を抱え、介護を受けながら生活していくの場合が多々あり、健康寿命は平均寿命より6歳から8歳ほど低いと言われているのです。
安倍総理は、健康な状態で長生きする人を増やすための研究支援を行うと明言しています。
例えば、ノーベル賞を受賞したiPS細胞などはその典型でしょう。

 

ID-10075155

 

何度かブログでご紹介している機能性表示や薬事法の改定も、
健康寿命を伸ばすことを最終目標としています。
どの産業も、人口が増えれば活性化のチャンスは大きく広がっていきます。
健康長寿社会になることで、旅行などの消費量が増え、他業種にも好影響が出るでしょう。
さて、ここで健康長寿を語る上で外せない概念に、未病という言葉があります。

未病とは、西洋医学で古くから言われている病理概念で、
病気と健康の狭間の状態のことを言います。
いわゆる、自覚症状はないけど健康診断結果に異常がある、という状態です。

メタボやロコモもこの未病の状態だと考えると、かなりの数の未病患者がいることになりますね。
未病を発見するうえでは、セルフチェック機器が代表格です。
血圧計や体組織計などは、サプリメントと合わせて売っても、かなり反応がいいです。

オムロン 手首式血圧計デジタル自動血圧計」などは驚くほど安価です。

 

 

一家に一台あってもいいかもしれませんね。

おそらく、健康状態を気にするという点でターゲットが似ているんでしょうね。
ここ数年ではスマホのアプリが隆盛を極めていますね。
万歩計の機能はもちろん、睡眠や食事に関するデータまで一元管理できるから驚きです。
ちなみに私は最近「Dead Line」なるアプリをインストールしました。
これはiPhoneにデフォルトでインストールされている「ヘルスケア」と連動し、
現在の生活習慣を基に余命を算出するという恐ろしいアプリです・・

Deadline – Improve your Life – Gist LLC

 

ちなみに私は69歳で死ぬという結果に・・・
生活習慣改善します。。
AppleやGoogleはヘルスケア領域に力を入れており、腕時計や指輪、メガネなどのウェアラブル端末を数多くリリースしています。
中には、販売すらせずにお蔵入りになったものもあるので、開発量で言ったらかなりの数に上るでしょう。
今後は、自分の食べる・寝る・運動するなどのライフログを可視化して自己管理する時代になってくるんでしょうね。

テクノロジー好きの自分にとっては非常に楽しみです。

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook