「健康になりたい」カテゴリーアーカイブ

病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

水素水はサプリで、なんて大間違い?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

本日もジムに行ってきました。

通い始める前は運動なんでおっくうでしたが、続けると生活の一部になりますね。

普段から会食が多いので、体型維持も役立って一石二鳥です。

 

ところで、最近ジムの水素サーバーが人気ありません。

一年前は、専用ボトルに入れるために行列が出来るほどだったのに、今や見る影もないという状態。

その代わりにスムージーなんかが置かれ始めました。

相変わらず健康食品の流行り廃りは激しいですね。

 

このブログでも一年以上前に「水素サプリのススメ」という記事で水素について紹介しました。

当時は、サプリでの摂取をおススメしていましたが、物によっては水素水の方が効率的に摂取できるかもしれないと思い始めた今日この頃。

その理由を2点、書いてみたいと思います。

 

水素残存量

スイソザンゾンリョウ?

とカタカナで書くと分かりにくいですが、要は水素がどれだけ残っているかということです。

水素は空気(=酸素)と結びつくと水に変わります。

つまり、完全な密封状態にしないと、少しずつ水素の量は減っていくのです。

私の知っている中で、一番の密封状態は缶詰状態です。

あ、これは最近ハマっている豚の角煮です。

 

ペットボトルはもってのほか、アルミパウチ上ですら数ヶ月で水素は抜けてしまします。

アルミパウチは↓こんなやつ。

 

ですが、缶詰状でも、開けた瞬間から水素の減少は始まってしまうので、注意が必要です。

 

水素含有のデータが存在している

当然ながら、水素水というからには水素が入っています。

ですが、サプリメントタイプの場合、カプセルに入った粉や液体状の物体が、

体内に入った後、水素を発生させているか証明する手段がないのです。

数値化して見れない以上、商品として売り出すのも難しいですよね。

しかも、薬事法で効果効能が標榜できないとなると尚更です。

 

水素⑤

 

その点、水素水であれば、充填時の状態で水に溶け込んでいる水素が入っていることが確認できますし、開封後も残っているのを計測可能です。

 

水素が人体に良い影響を与えるのは分かっているので、しっかり体内に取り込めているという安心感は、水素水の方があると思います。

 

体内の老廃物を排出し、デトックス効果も期待される水素水。

あなたも試してみてはいかがでしょうか?

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【デジタルガジェット】NW-WS615

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

健康に対する意識が今までになく高まってきている昨今。
ランニングが日課、という方も次第に増えてきました。

私は飲み会前で暇な時、江戸城跡地である皇居付近をよくウロウロしてるんですが、昼夜を問わずランナー達が汗を流しています。

知り合いだけでも三人は週2で走ってる人がいて驚きです。

さて、今回のガジェットはそんなランニング好きのあなたにオススメの『NW-WS615』なるもの。
簡単に言うとワイヤレスで本格的な音楽が聴ける代物です。

これだけなら既に出ている商品と変わりませんが、特筆すべきはその軽さとフィット感。

NW-WS615の本体は約37gと小柄ですが、頭部にしっかりフィットしてくれるので、装着の違和感なしで音楽を楽しむことができます。

例えば、iPhone付属のイヤホンはランニングの時はめちゃめちゃ邪魔ですよね。
走っている途中で絡まったり、衝撃でイヤホンが取れたりとストレスもたまります。
NW-WS615①

結局、ちゃんと耳にフィットしているかが気になってしまい、音楽に集中出来なかったりします。

このガジェットは、高音質を保ったままでフィット感も抜群なのです。

爽快な音楽を聴きながら走れば、辛いランニングも少しは盛り上がりますよね。
向上心の強い方は英会話のレッスンを聞いたりするのもグッド。

ガジェットの進歩によって、運動しながらのマルチタスクの幅もどんどん広がってきますね。

なんとNW-WS615活躍の場はランニングの時に限りません。
付けたまま泳ぐことができるほどの防水性を兼ね備えているのです。

連続再生も八時間可能なので、なんなら、アイアンマン(水泳・バイク・ランニング)もこれ一つで乗り切れそうですね。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

植物の王様・ドリアン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

明けましておめでとうございます。
本日から仕事始めの方も多いかと思いますので、お疲れの人も多いことでしょう。

さて私事、毎年年末はどっかしらに旅行に行くのですが、今回は諸々の事情で寝正月だったのです。

奇しくも昨年末に立てた2015年の目標で10カ国周ること目標に掲げたというのに、このペースじゃいかんということで、

急遽今週末からクアラルンプールに行くことにしちゃいました。
勢いって大事ですね!笑

さてさて、実はマレーシアは今回で二回目なのですが、最初の旅行で未だに鮮明な記憶となって蘇るのが、ドリアンとの遭遇です。

男二人での旅行だったのですが、ちょっと目を離した隙に、連れが強烈なニオイと共にドリアンを持って現れたのです。

その後、遠くから聞こえる「せっかくだから食えよー!」という声を無視しつつ、しばらく半径5m以上距離を取って歩いたものでした。

しかし、それだけ強烈な存在感を放つ以上、栄養素も豊富なはず!

ということで調べてみました。

これを読めば、あなたもドリアンを食べたくなる・・・かも?

 

ドリアンの豊富な栄養素

まず、ドリアンと言えばミネラル分が豊富という特徴が挙げられます。
このミネラルはマグネシウムやリン、銅など体の機能を維持するために欠かせないもので、私もビタミンと同じくらい摂取を進めているものです。

また、貧血予防に役立つ葉酸や冷え性を和らげるナイアシン比較的多く含まれています。
こうしてみると女性の味方のような栄養成分ですね。

 

 

さらに、高血圧予防に効果があると言われているカリウムが、アボガドに次いぐほど多く含まれていると言われます。

こうして見ているだけでも栄養素の宝庫ですね。

 

ドリアンとお酒の危険な関係

ドリアンがお酒との食べ合わせが悪いという話は有名です。
聞くところによると、東南アジアでは毎年何人もの死者が出ているとか・・
直接的な原因ははっきりしていませんが、血圧の急激な上昇で心臓に負担がかかる、などと言われています。
事例がある以上、お酒と一緒に摂らないようにしたほうが良さそうです。
特に旅行中は、うっかり酔った勢いで手を出す、なんてことも考えられるので気をつけましょう!
 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

やっぱり沖縄!ゴーヤの知られざる実力

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

美味くて健康的な沖縄料理

年の瀬も迫ってきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は最近のマイブーム、沖縄料理に週2で通っております。

沖縄料理って美味しい食べ物多いんですよね。

海ぶどうにラフテー、タコライスにソーキソバ。
沖縄への観光客が多いのも、気候や自然の他にバラエティ豊かな食べ物が豊富なのが、理由でしょう。

 

中でもゴーヤーチャンプルーは沖縄料理の代名詞ではないでしょうか。
実は、最近まで苦いゴーヤがあまり好きではありませんでした。
食感も何だかよく分からないし、苦いし・・・
前々から健康にいいとは聞いていたのですが、避けていたこのゴーヤ。

しかし、ある商談で、沖縄の取引先さんから

「色々美味い物があるけど、健康食でゴーヤにかなうものはいないさ~」と言われたのです。

ほうほう、俺は嫌いだけど、話くらい聞いてやろうじゃないのと15分ほど話を聞くと・・・

マジ!?なんで俺は今まで食べてこなかったんだ!人生無駄にしたぜっ!と心を入れ替えることになったのです(単純)

今回は、そんなゴーヤのすごい点を三つまとめました。

 

 

1、熱に強い

ゴーヤーのビタミンCは野菜では唯一、加熱に強く、レモンの4倍・トマトの5倍です。
意外に盲点なのが、ビタミンを多く含んでいる野菜ほど、熱によってビタミンが死んでしまう可能性が高いこと。

積極的に摂っているつもりでも実はあんまり意味がなかった。。

なんてことは、ゴーヤに限ってはあり得ません!

2、脂肪の吸収を抑える

ゴーヤの種に含まれている共益リノール酸は、体脂肪が増加するのを防ぐ効果があります。

さらに、食物繊維も多く含まれているため、余分な脂質の吸収を防いだり、お腹の中で膨らんで満腹感を得やすくしたりする効果もあるのです。

忘年会は断れないけど、ダイエットもしたい。。

まさに、そんな方にはうってつけの食材ということになります。

 

3、体温を調整してくれる

ビタミンCの流れに少し似ていますが、ゴーヤは清熱類と言って、体内の熱を放出して、体温を調整する作用を持っています。
特に夏場は体内から冷やしてくれるので、
無駄な水分や塩分が失われにくくなります。
 
 
体調を崩すのは、体温管理が上手く出来てないことも大きく関わってくるので、ゴーヤのような清熱類は積極的に摂るのが良いでしょう。
 
 
 
以上3点を書いてたら、またゴーヤーチャンプルーが食べたくなってきました。
 
 
今年もあと数日、楽しく健康に過ごしましょう!
 
 
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook