「仕事を頑張りたい」カテゴリーアーカイブ

元気ドリンクの比じゃない!?ニンニク注射パワー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

ここぞの一発、ニンニク注射

寝不足で頭が回らないのに、重要なプレゼンが控えている・・・
大事な公演が明日に迫っているのに体調が優れない・・・
飲み会続きで肝臓が疲れている・・・
ここぞという時にパフォーマンスが発揮できないほど辛いことはありませんよね。
しかも、本当に辛いときは、栄養ドリンクもほとんど効果を感じれなくなります。(そもそも栄養ドリンクもチョコを食べるのと同じくらいの効果ですが・・)

そんなど〜しても辛い時、ニンニク注射という選択肢があることを知っていますか?

ニンニク注射というと、芸能人が舞台を控えているのに体調を崩したにも関わらず、ニンニク注射を打って乗り切った、とか
多忙なビジネスマンが、景気付けにニンニク注射を打ってから大事な商談に臨むなどの武勇伝で何度か聞いたことにある人も多いはずです。
自分とは関係のない話だと感じている人がほとんどかと思いますが、実は、サラリーマンの街「新橋」に、安価にニンニク注射の施術を受けられるところがあるんです。
価格も2,980円からと非常にリーズナブルなので、都内にお住まいの方は頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。

何がすごいの?ニンニクパワー

ニンニク注射について元気が出そうだというイメージは湧きましたでしょうか?
ここまでは肉体的疲労について触れてきましたが、実は精神的疲労にも効果が期待されています。
そもそもニンニクは、アルギニンなどの成分のように、血糖値を高めて多少強引に元気にするわけではありません。
体内にあるものをうまく巡らせて活用できるようにして、元気をみなぎらせる食材です。つまり、自律神経が不安定な状態を、正常な状態に戻すことで、鎮静作用も期待できるのです。
その効果は折り紙付きで、ニンニクを使った安眠健康法もあるほどです。さて、ニンニクといえばあの独特な臭いですよね。
この元となる「アリシン」と呼ばれる成分が精神疲労改善に役立ってくれるようです。

また、にんにく注射の話に戻すと、アリシンとは別の元気成分、水溶性のビタミンなども含まれています。
ビタミンはもちろん食べ物からの摂取も可能なのですが、
身体が疲れていると内臓も疲れていることが多いので、口から摂取しても効率的に吸収されない場合も多々あります。
その点、にんにく注射は静脈に成分を注射することにより、即効性と効率の良さが期待できるという点でも支持されているんですね。
とはいえ、注射に抵抗のある人もいるはず。
私もインフルエンザの予防接種を控え、戦々恐々としているのですが、そんな方はサプリメントでニンニクパワーを摂りこむことを考えてみてもいいのではないでしょうか?
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

抗酸化作用のカギ アスタキサンチン②

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンの抗酸化作用

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①に引き続き、アスタキサンチンの話です。

様々なところに効力のあるアスタキサンチンですが、
摂取を間違えるとせっかくの成果も水の泡です。

サントリーの研究成果にもあるように、抗酸化作用との関連性が鍵となります。
抗酸化作用の酸化とは、その名の通り、ものが錆びたり、腐ったりすることを言います。

酸素を取り入れて、エネルギーを作り出す時に、
人間の身体に活性酸素というものが発生します。

これが過剰に発生してしまうと、生活習慣病や老化を招きます。
恐ろしいことに、人間の身体も酸化してしまうのです。

中でもヒドロキシラジカルという物質は、毒性が最も強い活性酸素で、
がんや生活習慣病、慢性疾患、老化の直接的な原因となっています。

抗酸化作用とは、その活性酸素を抑える働きのことなのです。

 

実感力が優れているアスタキサンチン

アスタキサンチンは、抗酸化成分としてよく知られているビタミンEなどに比べて、はるかにすごいパワーを持っています。

さらに、サプリメントの部類としては、実感性も高く、副作用もほとんど報告されていない優秀な成分です。

ですが、いざ買ってみようと思うと、非常に選びにくいのが実情です。
値段がピンキリで、数千円から一万円を越えるものまで幅広い価格帯になっているのです。

個人的に初めての方であれば、

が続けやすいと思います。

一日一粒設計なところとか、アスタキサンチン(フリー体として)9mgの配合量は多い部類に入りますし。

しかも、実はDHCのサプリって、30日分が多いのですが、
アスタキサンチンに関しては20日分です。

これは、原価が高く、しっかりした品質のものを使用しているので、
他商品との価格を合わせる為には20日分にするしかなかったのではないか、というのが私の見解です。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

不足も過剰も危険!鉄の力

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

なくてはならない”鉄”の力

社会人の方は忙しかったりストレスが溜まったりした時に、クラっとしたり、身体が重いと感じたことはないですか?

もちろん様々な理由が考えられるのですが、特に女性は「鉄不足」が原因であることが多いのです。

鉄は、赤血球に含まれるヘモグロビンの材料になり、全身に酸素を運ぶ働きをしています。

さらに、細胞中のミトコンドリアでエネルギーを作り出すこともできます。

この鉄が不足すると、酸欠の状態になったり、食べ物を取り入れても、エネルギーに変換できないため、先のような身体の不調を引き起こしてしまうのです。

運動している人、例えば長距離を走る人は、足の裏の血管を通る際に赤血球のダメージが大きくなりやすく、鉄の消耗が激しいとされています。

なので、スポーツをしている方、ジョギングやウォーキングを日常的にする方も、鉄は摂取しなくてはならないのです。

おススメはヘム鉄!

ひとえに鉄と言っても、実は鉄には二種類あります。
それが「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」と呼ばれるものです。

「ヘム鉄」は肉や魚などの動物性食品に多い吸収性の高いものです。

ヘム鉄とは、鉄がむき出しではなく、ポルフィリンという分子にくるまれており、胃や腸にかける負担が少なく、副作用なども起こりにくいと言われています。

一方、「非ヘム鉄」は日頃我々が摂取している野菜や穀類などに含まれる吸収性の低い鉄のことです。

実は、一般に日本人が食事から摂取する鉄の85%以上が吸収率の低い非ヘム鉄なのが現状です。

日々の食事でもサプリメントで摂る場合にも『ヘム鉄』を摂るのがおススメです!

知らないとヤバすぎる!過剰摂取の危険性

鉄を摂った方がいいのは分かっていただけたかもしれませんが、
過剰摂取もかなり危険なのです。

数あるサプリの中で、摂り過ぎが危険なものの一つが鉄なのです。

摂り過ぎによる被害は枚挙にいとまがありません。

吐き気、下痢などの比較的軽度な症状から、動脈硬化、高血圧、心疾患、糖尿病などの発症の要因となった症例も紹介されています。



その点「ヘム鉄」は過剰摂取を防止することもできます。

酵素の一種であるヘムオキシゲナーゼで、吸収量を調節していますので鉄の過剰摂取の心配がありません。

ヘム鉄は身体に優しい鉄素材なんです。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

意外と深いグルコサミン事情

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

グルコサミンとは?

グルコサミンとは、動物や人間の体内にあるアミノ糖の一種です。

粘りのあるムコ多糖類の成分として、軟骨や結合組織にあって、
軟骨細胞を形作るもっとも有名な栄養素として知られています。

人間はもとより、動物は、体内でこのグルコサミンを生成しているわけですが、年を取るに従って、生産が追いつかなくなってくるのです。

グルコサミンといえば、自然界においても広く分布しており、カニやエビなどの甲殻類の殻にはキチン質として多く含まれているのはご存じの方も多いでしょう。

サプリメントは、このキチン質をさらに分解して、摂取しやすい形に変えたものなのです。



外国では既に医薬品

実はグルコサミンは、ヨーロッパでは既に医薬品として認可されています。

医療現場において、注射剤などで利用されてきた実績を持ち、有効性・安全性も確認されています。

今現在、アメリカや日本では医薬品としての認可は下りていませんが、近い将来、そうなることは十分考えられます。

2015年4月からの機能性表示解禁後は、効果効能を言える候補として、市場関係者からは熱い視線が注がれているのです。

 

二種類のグルコサミン

実は、サプリメントから摂取するグルコサミンは多くの場合
「グルコサミン塩酸塩」という物質です。

これを摂取した後に人間の体内にあるグルコサミン(N-アセチルグルコサミン)という物質に変換されます。

ですが、これがどれくらいの割合で変換されているかはよく分かっていないのです。

ならば、最初から体内の分子と同じN-アセチルグルコサミンを摂取するのが効率的です。

「暮らしの匠」

今回「【暮しの匠】」という聞き慣れない商品を紹介するに当たって、理由が何点かあります。

まず、最大の理由は、前述のN-アセチルグルコサミンがしっかり配合されていること。

私の知っている限り、よくCMや新聞広告で見る会社のグルコサミンは、体内の分子とは異なるグルコサミンを使用しています。

理由は、N-アセチルグルコサミンは高価で、
プロモーション費用に金をかけたい企業には手が出しにくいから。

商売上ではマルですが、実感力に乏しくなりそうなのはなんとなく分かると思います。
どの業界でも、いいものは高いのです。

続いて、Ⅱ型コラーゲンとプテオグリカンも直接摂取できる点。

前者は軟骨を形成する土台、後者は軟骨のクッション部分に当たり、共に希少かつ重要な成分です。

これも高価。

ダメ押しは、最大6か月間、全額保証付きというところでしょうか。

返金保証は、企業としては出来るだけ避けたいところです。
それをやるのは自信の表れと取って良いでしょう。

 

手遅れになる可能性

グルコサミンの摂取で、調子が良くなってくる一方、様子を見ていたつもりが
重症化するケースも聞きます。

違和感を感じてサプリを飲んでも改善せず、医者にかかった時には手遅れになっていることも少なくないとのこと。

サプリメントだけに頼らず、違和感を感じたらすぐに医者にかかりましょう。

また、サプリに頼るだけでなく、体重の管理も大事です。

筋力が落ちて体重が増え、身体のバランスが悪くなったことが
原因であることも多いのですから。。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

名成分 コエンザイムQ10

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

コエンザイムQ10とは?

私たちは、食事から摂った栄養素をエネルギーに変えることで毎日元気に活動しています。

では、何がエネルギー生成に寄与しているかご存知ですか?

実はコエンザイムQ10という成分がその役割を担っています。

コエンザイムQ10は、体内に約60兆個もある細胞のほぼすべてに存在し、生命維持には欠かせない成分なのですが、食事から摂取するほか、ヒトの体内でも合成することができます

 

摂取すれば元気が出てくる?

コエンザイムQ10は一日に30mgまでの摂取が目安です。
これは医薬品の上限になるので、飲み過ぎないように注意して下さい。

コエンザイムQ10で検索すると、あるブログで一日の摂取量は300mgと謳っていた信じられないサイトがありました。

過剰摂取でなにか副作用が起きたという事例も報告されていませんが、ネットの情報はアテになりませんね。。
他のサプリでは、摂取しすぎると副作用が出る場合もあるので、このようなウソの情報を見破る目を持っていただきたいものです。

コエンザイムに関しては、実感力は確かなので、100mgまでは飲んでも問題ないでしょう。(ただし自己責任で!)

 

また、表記の仕方にも注意が必要です。
以前、100円ショップで売っていた商品では、コエンザイムQ10末60mgと記載してありました。

その割に一番多く配合されているのは『麦芽糖』『乳糖』、すなわち糖分です。
 
 
ん?これはおかしいんじゃない??

ってここで気づいていただきたいのです。

通常は『コエンザイムQ10』と記載されるはずですので、かなり稀釈したものなのでしょう。
100円ショップで売っている他の商品でもこの傾向はよく見られます。
金出して糖分を摂取するくらいなら、マクドナルドで100円コーヒーでも飲んだ方がマシってもんです。
消費者の皆さんは売り手に騙されずに、良いものを見極める目を持ってください。

ところで、コエンザイムQ10は、不足していた人が、一日目安の摂取量を摂ると、途端に元気が出てくることもあると言われています。

実は、個人的に一番実感力があるサプリメントだと思っています。

特に、運動・睡眠が不足している人や、最近歳を感じる人にはぴったりかもしれません。

 ゴーヤ3

摂取するのはかなり大変

コエンザイムQ10は、年齢とともに減少して行きます。

特に、活発に動く器官では、減少が著しいと言われています。

その割に、食事から摂るのは大変で、
牛肉なら約1キロ、イワシで約6尾、ブロッコリーはなんと約3.5キロも食べなければなりません。

 

しかし、十分な睡眠やバランスのよい食事で、十分な数のコエンザイムQ10を生成することも可能です。

 

コエンザイムQ10は食事で摂った栄養素を用いて、肝臓で作られるのですが、食事の種類を増やし、十分に睡眠を取れれば、自製分で十分賄えます。

 

 

多忙な人はサプリで補給が○!!

前述した通り、今回のコエンザイムQ10に関しては、しっかりとした食生活と睡眠で不足分を解消できます。

 

本当に多忙で寝る間もないくらいの人だったら、サプリで補うのもありでしょう。

 

時間のないビジネスマンでどうしてもサプリに頼る場合は、空腹時よりも脂肪の多い食事と共に摂取するとより吸収率が高まると言われています。

 

ですが、頑張れば生活習慣を改善できるような人はサプリに頼らないのがベターです。

 

特に食事において「ビタミン」と「ミネラル」はコエンザイム生成のキーとなる成分なので、積極的に摂りましょう。

 

ビタミン・ミネラルの人気レシピ

 

しっかり、健康を意識した食事を摂りましょうね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook