「二日酔い」カテゴリーアーカイブ

病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

水素水はサプリで、なんて大間違い?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

本日もジムに行ってきました。

通い始める前は運動なんでおっくうでしたが、続けると生活の一部になりますね。

普段から会食が多いので、体型維持も役立って一石二鳥です。

 

ところで、最近ジムの水素サーバーが人気ありません。

一年前は、専用ボトルに入れるために行列が出来るほどだったのに、今や見る影もないという状態。

その代わりにスムージーなんかが置かれ始めました。

相変わらず健康食品の流行り廃りは激しいですね。

 

このブログでも一年以上前に「水素サプリのススメ」という記事で水素について紹介しました。

当時は、サプリでの摂取をおススメしていましたが、物によっては水素水の方が効率的に摂取できるかもしれないと思い始めた今日この頃。

その理由を2点、書いてみたいと思います。

 

水素残存量

スイソザンゾンリョウ?

とカタカナで書くと分かりにくいですが、要は水素がどれだけ残っているかということです。

水素は空気(=酸素)と結びつくと水に変わります。

つまり、完全な密封状態にしないと、少しずつ水素の量は減っていくのです。

私の知っている中で、一番の密封状態は缶詰状態です。

あ、これは最近ハマっている豚の角煮です。

 

ペットボトルはもってのほか、アルミパウチ上ですら数ヶ月で水素は抜けてしまします。

アルミパウチは↓こんなやつ。

 

ですが、缶詰状でも、開けた瞬間から水素の減少は始まってしまうので、注意が必要です。

 

水素含有のデータが存在している

当然ながら、水素水というからには水素が入っています。

ですが、サプリメントタイプの場合、カプセルに入った粉や液体状の物体が、

体内に入った後、水素を発生させているか証明する手段がないのです。

数値化して見れない以上、商品として売り出すのも難しいですよね。

しかも、薬事法で効果効能が標榜できないとなると尚更です。

 

水素⑤

 

その点、水素水であれば、充填時の状態で水に溶け込んでいる水素が入っていることが確認できますし、開封後も残っているのを計測可能です。

 

水素が人体に良い影響を与えるのは分かっているので、しっかり体内に取り込めているという安心感は、水素水の方があると思います。

 

体内の老廃物を排出し、デトックス効果も期待される水素水。

あなたも試してみてはいかがでしょうか?

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダイエットの強い味方!?シルクフィブロイン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

今日は一風変わった素材をご紹介したいと思います。
日本語で言うと『絹』、かつてはその流通量の多さからシルクロードという名前が付くほど有名だったシルクを基にした『シルクフィブロイン』です。
シルクなんて食べれんの?消化が悪そう。。と思った人も多いはず。はじめは私もそうでした。

ですが、その消化が悪いことを逆手にとることで、驚くべき効果が期待できるのです。

後ほど詳しく話すとして、まずはシルクフィブロインについて詳しく見てみましょう。

 

シルク①

 

不思議なシルクフィブロイン

シルクフィブロインとは、絹に含まれるフィブロインタンパク質と呼ばれるものを特殊な製法で抽出したものです。

実は私が目指してる人々の健康寿命を延ばすことを大いに関係があるのですが、それは事項で詳しく見ていきましょう。

絹は人体を構成する全てのアミノ酸を含み、皮膚を構成するコラーゲンと親戚です。
ご存知の通り、人体にとってアミノ酸はガソリンのようなもので、活動する上で無くてはならない存在です。
ですが、アミノ酸だけで何種類もあり、包括的に摂取出来るものも限られるため、サプリメントなどでの補給が望ましいtされています。
その中でも、シルクフィブロインは、90%が人の肌と同じアミノ酸から作られているので、とても肌に優しくなじみがよいとされているのです。

次は具体的にシルクフィブロインの素晴らしい点について触れましょう。

シルクフィブロイン3つのすごポイント

①血中アルコール濃度を下げる

これには絹に含まれるアラニンが重要な役割を担っています。
アラニンはアミノ酸の一種で、絹3割近く含まれています。これが体内に摂取したアルコールの分解を助けてくれるのです。

20年ほど前から行われているマウス実験で、絹加水分解物を摂取したラットが、摂取していないラットと比べて血中のアルコール濃度が低くなっていることが確認されています。

 

シルク②
②血中コレステロール濃度の上昇抑制

アラニン同様、シルク構成アミノ酸の過半数を占めるグリシンについても、魅力的な研究結果があります。
グリシンを多く含む食品は血中コレステロールを低下させる作用があるのです。
これは、高血圧や脳卒中の防止にもつながります。
ちなみに、大豆タンパク質にも同様の効果が認められますが、
フィブロインの方がはるかに強い影響を与えることが分かっています。

 

③体内の余分な脂肪を体外に排出する

この部分が一番のおススメポイントです。
シルクフィブロインは給脂性多孔質という性質を持ち、体内の余分なコレステロールや脂肪を吸着して、体外に排出してくれるのです。
ダイエットに効果的と言われる所以です。

 

ですが同時に価格も高く、セラム シルクフィブロイン 10g×30包 なんかは一万円以上もします。

ダイエット製品は金をかければいいというものではありませんが、他のもので効果が感じられなかった人は、一度シルクフィブロインを試してみる価値はあるのではないでしょうか。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【コラム】忘年会を乗り越えるためのたった3つのコツ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

12月も半月以上を終え、今年も残すところ10日となりました。
皆さんはこの一年間、目標に向かって前進出来たでしょうか?

私は昨年から、元旦に今年実行したいことリストを書いているんですが、見返して見ると意外と実現しているものです。

可視化すると、自分の欲求がよく分かりますし、脳への刷り込みも出来るのでおすすめですよ。

さて、今年を締めくくる行事と言えば、忘年会です。

実は私も、今週は週6で飲むという鬼のような予定を経て、
既に肝臓が悲鳴を上げています・・・

ですが、サプリや健康に関する勉強をしたおかげで、酒での失敗や二日酔いをかなり避けることが出来るようになりました。

今回は、次の日にお酒を残さないために、シーン別で3つの方法をお伝えしたいと思います。

1、【飲む前】ウコンは錠剤で飲む

理由は単純。
ウコンドリンクに比べて、サプリメントなどの錠剤の方がクルクミンが多く含まれているからです。

クルクミンはウコンに含まれるポリフェノールの一種で、肝臓の病気・アルコールの大量摂取を原因とした病気などへの効能が期待されている栄養成分です。

こちらの記事でも紹介してますが、ドリンクにする場合は、飲みやすい味に調整する必要があるため、
天然甘味料などの添加物を含む必要があります。

すると、本来多く入れたいクルクミンの分量を減らさざるを得ないのです。

酒への耐性を強めるためにウコンを摂取しても、量が入っていなければ、水を飲むのと変わりません。
少しでもクルクミンが多く含まれている商品を選びましょう。

2、【飲んでる時】飲んだ分量と同じだけの水を飲む

個人的には飲み会中にこれを意識するだけでお酒の失敗はかなり減らせると思います。
通常は酔っぱらっている人に対して水を飲ませることが多いと思いますが、
それでは時既に遅し、という状態なのです。

一杯目のビールを飲んだら、一杯水を飲む。
頼むのが気まずければ、トイレに立った時にでも店員さんに一杯の水をもらいましょう。

結局、血中のアルコール濃度を薄くできれば、酔わずに済むのです。

これをやっておくと、酔いにくくなるばかりか、次の日にも酒が残りにくくなります。

このシーズンは平日の飲みも増えるはず。
ですが、仕事は普段通り取り組まなくてはいけないのが大人。

間違っても、次の日二日酔いで仕事にならなかったということがないようにしましょう。

3、【飲み終わり】ビタミン・ミネラルの補給

アルコールを摂取すると、肝臓でアセトアルデヒドの分解が始まります。
一般的に酒に強いとされる人は、この分解能力が優れているのですが、この過程で、ビタミンがどんどん使われていきます。

二日酔いの朝はグレープフルーツジュースがいい、なんていう話がよく出ますが、ビタミン補給が回復を手助けしてくれるというのが理由です。

ですが、次の日に補給してしまうと、既にビタミンが不足した状態なので、
飲み会の最後の一杯はグレープフルーツジュースにしたり、飲み会終わりにマルチビタミンのサプリメントを飲むと良いでしょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

日本に生まれてよかった!緑茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人は緑茶が大好き

日本に住んでいて、緑茶を飲んだことがない人はいないでしょう。

子供の頃、おばあちゃんがおやつと一緒に出してくれたり、レストランで夏はよく冷えた冷茶、冬はあったかーいお茶が出てきたりと、生活には欠かせない存在になっています。

そういえば、私の通っていた小学校ではお茶うがいが風邪予防になるということで、12月になると、水筒に入れて持って行ってました。

日本国内での緑茶の消費量は年間86,733t(平成25年)にも上り、紅茶やウーロン茶の5倍にもなります。
その9割ほどが国内での生産量で、地域によっては農家の重要な稼ぎ頭でもあります。

お茶の歴史は遣唐使が往来していた奈良・平安時代まで遡ります。

最澄(さいちょう)、空海(くうかい)、永忠(えいちゅう)などの留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の始まりとされています。

その後、織田信長や豊臣秀吉が千利休と共に茶道を嗜むようになり、それが江戸幕府の重臣たちの間にも広まり、最終的には一般市民にも広がっていったとされています。

驚くべきことに現代ではお茶に関する法律まであります。

その中には

第九条(お茶の文化の振興)
国及び地方公共団体は、お茶の文化の振興を図るため、お茶の伝統に関する知識等の普及その他必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

と言った条文もあり、お茶が日本の伝統文化としての重要な役割を担っていることが伺えます。

ここまですごい!緑茶カテキンの実力

お茶にはカテキンを始めとして、様々な成分が含まれていますが、そのどれもが身体にとっていいものばかりです。
まずは代表的なカテキンの効能について書いてみると。
体脂肪低下作用
抗酸化作用
抗菌作用
口臭予防(脱臭作用)
抗インフルエンザ作用
血圧・血糖上昇抑制作用
がん予防

これだけで十分飲みたくなりますよね。

日常的に緑茶を摂取している人とそうでない人を比較すると、病気になる確率もだいぶ違うようです。

他の成分も侮れない

有名なカテキン以外の含有成分も優秀です。

例えば、緑茶特有のうまみ成分がテアニンです。
これは脳内でドーパミンと呼ばれる神経伝達物質を増やす働きがあり、精神をリラックスさせ、過食を防ぐ働きがあります。

緑茶を飲むとほっとするのは、このテアニンの影響でしょう。

他にもご存知カフェインは疲労感や眠気の除去や持久力増加、更には二日酔いを助けてくれますし、虫歯予防にも役立つフッ素も入っています。

もっと詳しく知りたい方は、茶ガイドというサイトに詳しく載っていますよ。

感覚で分かると思いますが、有効成分は一杯目にもっとも多く含まれます。
健康にいいからといって、出がらしを使い続けていると、実は有効成分がほとんど入っていないなんてことになりかねないので、注意しましょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook