「ミネラル」カテゴリーアーカイブ

植物の王様・ドリアン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

明けましておめでとうございます。
本日から仕事始めの方も多いかと思いますので、お疲れの人も多いことでしょう。

さて私事、毎年年末はどっかしらに旅行に行くのですが、今回は諸々の事情で寝正月だったのです。

奇しくも昨年末に立てた2015年の目標で10カ国周ること目標に掲げたというのに、このペースじゃいかんということで、

急遽今週末からクアラルンプールに行くことにしちゃいました。
勢いって大事ですね!笑

さてさて、実はマレーシアは今回で二回目なのですが、最初の旅行で未だに鮮明な記憶となって蘇るのが、ドリアンとの遭遇です。

男二人での旅行だったのですが、ちょっと目を離した隙に、連れが強烈なニオイと共にドリアンを持って現れたのです。

その後、遠くから聞こえる「せっかくだから食えよー!」という声を無視しつつ、しばらく半径5m以上距離を取って歩いたものでした。

しかし、それだけ強烈な存在感を放つ以上、栄養素も豊富なはず!

ということで調べてみました。

これを読めば、あなたもドリアンを食べたくなる・・・かも?

 

ドリアンの豊富な栄養素

まず、ドリアンと言えばミネラル分が豊富という特徴が挙げられます。
このミネラルはマグネシウムやリン、銅など体の機能を維持するために欠かせないもので、私もビタミンと同じくらい摂取を進めているものです。

また、貧血予防に役立つ葉酸や冷え性を和らげるナイアシン比較的多く含まれています。
こうしてみると女性の味方のような栄養成分ですね。

 

 

さらに、高血圧予防に効果があると言われているカリウムが、アボガドに次いぐほど多く含まれていると言われます。

こうして見ているだけでも栄養素の宝庫ですね。

 

ドリアンとお酒の危険な関係

ドリアンがお酒との食べ合わせが悪いという話は有名です。
聞くところによると、東南アジアでは毎年何人もの死者が出ているとか・・
直接的な原因ははっきりしていませんが、血圧の急激な上昇で心臓に負担がかかる、などと言われています。
事例がある以上、お酒と一緒に摂らないようにしたほうが良さそうです。
特に旅行中は、うっかり酔った勢いで手を出す、なんてことも考えられるので気をつけましょう!
 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【コラム】子供とサプリメント①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

子供にサプリメントは必要か

数日前、このニュースの記事が目に留まりました。
日本初!森下仁丹より0歳から摂れるビタミンD液状サプリメント『BabyD(ベビーディー)』新発売

最近のサプリメントは、働いている大人だけではなく、ペットや子供までターゲットを拡げているようです。

この記事によると、近年懸念される乳幼児のビタミンD不足に注目し、0歳(生後1か月)からビタミンDを摂れる商品を開発した模様です。

ここで一つ疑問が湧いてきます、そもそも乳幼児にサプリメントは必要なのでしょうか。

確かにカルシウムが不足すると、筋肉や心臓の働きが鈍くなったり、免疫力が低下するなど、様々なところに悪影響が出てしまいます。
さらに、摂取するカルシウム量が少ないと、骨を溶かして生成してしまいます。

特に血を分けた可愛い子のためには、しっかり摂取させてあげたいというのが親の心情。

ですが、私は無理にサプリメントで補給するべきではないと考えています。

 

カルシウムの効率的な摂取法とは

まず、こちらのグラフを見て下さい。

これは厚生労働省が発表した各年齢帯の推奨摂取カルシウム量です。

男女で開きはありますが、12-14歳の頃が必要摂取量のピークのようです。

しかし、生後一年以内の場合は目安量のみの表記です。

ここで注目してもらいたいのが、推奨量と目安量の違いです。
厚生労働省は目安量を「十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合は、目安量と設定する」としています。

つまり、目安はあくまで効果を保証するものではないということですから、乳児にとってのカルシウムは、まだ効果のほどがはっきりと解明されてないということですね。

さらに、例えば食品で「カルシウム○○mg」とあったとしても、その数字を鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、カルシウムは摂取しても20%から40%しか吸収しかないからです。
元々、体内に吸収するのが難しい栄養素なのですが、肉類や魚類などのたんぱく質や、ごぼうや大豆などに含まれる難消化性オリゴ糖などを組み合わせて、吸収率を高めることができます。

ですが、それも乳児にとっては難しいこと。

そこで、冒頭の記事のように液状サプリとかで補給しよう!となるわけです。

しかし、サプリメントの本質はあくまで補助食品。

特に、成長期の子供にとっては、自然な食事から栄養素を摂取するべきですし、
通常の母乳や離乳食にも当然カルシウムは入っているわけで。

ということで、特にサプリメントでの補給は不要というのが私の所感です。

重要な栄養素なのは確かなので、大人の皆さんもしっかり補給しましょうね!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

始めたらやめられない?クロレラの秘密

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

始めたらやめられない?

一度摂り始めたらやめられなくなる人が続出する成分があります。

ある人は急に首が痛くなり、マッサージや鍼でも治らなかったのにこれを摂取し始めたら痛みがすっと引いたと言っており、

またある人は、持病の糖の病気と上手く付き合えるようになったといいます。

しかし、科学的には未だに不明な点が多い不思議な物体。

それが今日の主役「クロレラ」です。

 

クロレラの起源

クロレラの起源は、何と20数億年前までにさかのぼります。

地球で最初の真核生物を持つ植物として誕生して以来、幾度の気候の変化を乗り越えて、今日まで生き長らえている藻の仲間です。

フコイダンや最近何かと話題のユーグレナなどとよく対比されている、あれです。

 

栄養の宝庫

クロレラ100gにおけるたんぱく質の量は、60~70gと言われており、これだけ大量のたんぱく質を有する植物はそうそういません。

人間に限らず、身体のほとんどが水分という生物は少なくないのですが、クロレラは逆に身体のほとんどがたんぱく質です。

また、ビタミン・ミネラルも豊富で、様々な面で健康作用があると考えられます。

 

しかし一方で、特定の症状に対する対人実験によるデータが不足しているという声もあり、本当に効くのか懐疑的な見方もあります。

さらに、健康食品の苦情が多いサプリメントのトップがクロレラだという話も聞いたことがあります。

昔から販売されている成分なだけに販売者側の知見も多いので、上手く薬事法のグレーゾーンを狙い、消費者に誤認させる業者もあるのでしょう。

 

青汁なのに粒!?の「贅沢青汁」

今回は、サプリメントではなく、ステラの贅沢青汁という青汁商材を挙げたいと思います。

 

 

配合成分はクロレラ、ケール、長命草などです。
一番配合量的に多いのがクロレラというのは、青汁にしては一風変わった商材ですね。
実は一年ほど前、この商品を試したことがあります。

普通に溶かして飲むとそれほどでもないのですが、

砕いた時の味は・・・相当不味いです。。
何だか、「まずい!もう一杯!」と謳っていたCMを思い出したのでした。
中には100%クロレラの商品もありますが、他の成分とのシナジーもあっていいかと思いますので、青汁の有用成分と同時にクロレラも摂取できるこの商品をご紹介しておきます。

ケールなどはどの青汁にも入っている人気の植物ですし、
長命草はビタミン・ミネラルを豊富に含む、昔から民間療法に使用されてきたものです。

余談ですが、ダイエット中の方は、豊富な食物繊維が脂肪の吸収を抑えてくれる働きも期待できます。
食前に一杯飲んでから食事をするとよいでしょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

救世主?沖縄生まれのフコイダン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

海藻類にあるフコイダン

 

昆布やモズクなどの海藻類が薄毛に効くという認知は、かなり広まったように感じます。

これは、海藻に含まれているミネラルによるところが大きいのですが別記事に詳しく書いたので、割愛します。
今回は、もう一つの発毛促進成分でもある海藻のヌルヌル成分、
『フコイダン』についての記事。
さて、こちらのフコイダンの研究で先頭を走るのがタカラバイオです。
この会社、その分析技術を生かして、次々と新しい知見を発表しているんですね。

その中でも一番の功労は、フコイダンによってがん細胞が自殺するというメカニズムを確認したこと。ここからフコイダンに注目が集まることとなり、ブームが始まって行きます。

ガンに効く?

「フコイダン」と調べると、必ずガン関連の話題が出ます。1996年の「第55回日本ガン学会」でフコイダンに抗がん作用があると発表されてから、侃々諤々の議論が渦巻いているのです。
まず、ガンに効くか、ということですが、
これは有識者の中でもかなり意見が割れています。
おそらく、効果の有無のの実験をする場合も、効く、効かないのフィルターがかかっているようで、個人的には客観的な結果になっていないな、という印象です。

ですが、少なからず効果はあると思います。

症状や副作用が改善したという事例も、効果がなかったという事例も同じように存在するからです。
万人に効く薬はそもそも無いと言われているので、これも効く人には効くから試してみる価値はある、ということです。

ここだけは押さえておきたい!選定ポイント

では早速、選び方ですが、大きく分けて3つのポイントで見ましょう。

①沖縄モズク由来

一口にモズクと言っても、海外で取れるものから、養殖のものまで様々です。

その中でも私がおススメするのが、沖縄モズクです。

知っての通り、沖縄の海で取れるモズクは太陽の光を浴びて育っています。ただ含まれていればいいということではなく、しっかり量が入っていることを確認する方法があります。

それが原材料表示です。JAS法という法令によって、食品の原材料表示は、含有量の多い順に記載するのがルール。

『沖縄モズク』が前の方に書いてあれば、しっかり配合されていると考えて間違いないでしょう。

 

 

②根拠のあるエビデンス

分かりやすいのは特許ですが、特に対人研究のエビデンスがしっかりあれば、信頼できる可能性が高いでしょう。

いわゆるマウスによる動物実験を行う業者は多いのですが、対ヒト実験となると高価なので、中小企業だと手が出せない場合が多いようです。
ですが、しっかりした業者はコスト関係なく実験をしているもの。

また、製造面で自信がある業者は、工場について商品ページに書いてることが多いです。GMP工場などという記載があれば、まず衛生面は問題ないでしょう。

 

③医学博士や研究者との共同開発

博士号は”学術的”に優れた業績を残した者に与えられるものとされています。
つまり、研究者として認められた人間ということです。

このような社会的な信用を得ている方との共同開発であれば、信用できる可能性は高いでしょう。

商品紹介とともに、顔出しや名前が出ることが常なので、個人の評判を落とさない為に、下手なものを作れないからです。

以上3点を頭において商品を探してみてはいかがでしょうか?

また、サプリではなく海藻そのものからフコイダンを取ろうとするなら、芽カブがいいとされています。
すぐに思いつく海藻類のワカメにはあまり含まれていないということも覚えておくといいでしょう。

あなたが、良い商品と出会えることを心から願っています。

 

→フコイダンで検索はコチラ

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

疲れた体にクエン酸!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

疲れたあなたにクエン酸!

私は学生時代、バスケ部に所属していました。

ご存知の通り、バスケというのは走りっぱなしのスポーツ。
当然、練習はキツく、何度辞めたいと思ったことか・・・。

そういえば、最近は私の現役の時と比べると、格段に夏の日中の気温が高いですよね。
学校によっては、放課後の部活を中止する場合もあるらしいですよ。

で、若干話がそれますが、部活で思い出すのが試合のハーフタイムに食べるレモンのハチミツ付けです。

当時は、うまー!と思って食いまくっていましたが、今思えば疲れた身体には最高にピッタリな回復アイテムなんですね。

まず、レモンと言えばビタミンC

これは体の至る所で取り合いになる、大人気成分で、
免疫細胞やホルモンなど、生きて行く上で非常に重要な部分に働きかけます。

あとはハチミツのローヤルゼリー

しかし、一番の主役はご存知『クエン酸』ですよね。

クエン酸と聞いただけで、唾液が分泌される方もいるでしょう。
レモンや梅干しなど、酸っぱいものには大抵クエン酸がはいっています。

疲労の原因となる乳酸の生成を抑制する作用があり、心身の疲労、肩こりや筋肉痛脳の神経疲労を和らげ、認知症をも予防してくれるのです。

クエン酸摂取のベストな方法

つらつらとクエン酸の素晴らしさを説いてきましたが、
何から摂取するのが一番効率的なのでしょうか。

クエン酸は数回に分けて摂取するのがポイントです。

時間が経つと体外に排出されてしまうので、
朝と晩に摂るのがベスト。

朝はグレープフルーツなどの柑橘類や梅干し、夜は酢の物中心の食事を続ければ、しっかり摂取できるでしょう。

しかし、こんな食生活は若干味気ないですよね。。

てことで、いつものサプリで栄養補給方法、いってみよう。

楽にクエン酸を補給するには

ということで、クエン酸をサプリメントで補給する訳ですが、
私はマルチビタミンサプリでクエン酸が含まれているものをおススメします。

理由はミネラルを中心とした他の成分の吸収性を高める効果があること。

中でも、カルシウムや鉄分、マグネシウムは、吸収率が悪い為、とても不足しやすいミネラルです。

クエン酸は、これらのミネラルと化合し、吸収率を格段に高める働きがあります。

で、実は一番不足気味!ビタミンとミネラルの重要性でもご説明しましたが、

ビタミンは他のビタミンやミネラルと相互協力しあって、効率よく働く傾向があり、
さらに、ビタミンの力を借りなければ吸収すらされないミネラルも有ります。

ビタミン・ミネラル、そしてクエン酸を全て含んでいる商品がサントリー 「マルチビタミン&ミネラル」です。

サントリーが開発しているだけあって、配合が行き届いています。

企業サイトを見ると、上記のような相関関係まで把握した上で、開発されているのが分かります。

もちろん、クエン酸も梅干し一個分が入っています。

これだけ充実していて、値段も30日で1,900円とリーズナブル。

ビタミン・ミネラルも摂れて一石二鳥なので、かなりコスパが高いですよ、これ。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook