「プラセンタ」カテゴリーアーカイブ

ぷるぷる肌に生まれ変わる?コラーゲンの秘密

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

美容の味方コラーゲン

「美容・美肌」を目指すとなれば、コラーゲンを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

プラセンタやヒアルロン酸などの美容食材が次々に登場してくる中、依然として高い人気を誇っています。

サプリメントに限らず、食品に含まれることも多く、
最近では、美肌だけでなく、豊かでコシのある髪、健康的な爪を訴求する商品も出てきています。

今後も、新たなニーズを掘り起こしていくであろう注目の素材です。

ちなみにコラーゲンの原料流通量は年間6,000t。
原料の流通量としては、非常に多い割合なのです。

コラーゲンを摂取して肌に反映されるまで

私も実は冬になればコラーゲン鍋をつついていたものです。

で、次の日「肌がぷるぷるになった!さすがコラーゲン!!」なんて女性が大騒ぎしてたなー、なんてつい思い出に浸っちゃってきました。

しかし、残念ながらこれは錯覚だったのです。

通常、食物を体内に摂取して、その効果が肌に反映されるまでは一か月かかります
これは、肌の細胞の入れ替わりサイクルが一か月だからです。

そのロジックが分かっていると、科学的にすぐに肌がぷるぷるになるなんてあり得ないことが分かります。

でも、これではコラーゲン食品が売れないので、売り手はネガティブな情報を敢えて言わないようにしているんですね。

また、コラーゲンがそのまま体内に吸収される、という勘違いがあります。

低分子化、ナノ化という言葉が最近よく聞かれるようになりましたが、

これを言い換えると、コラーゲンを細かくしたから、身体に取り込まれやすくなったよ!
ってことです。

特に、肌の上から塗る化粧品なんかは、低分子化により、浸透力が増すとうたわれていますね。

しかし、これも知っている人は知っている話で、口から摂取されたコラーゲンは、胃でアミノ酸に分解されるだけです。
高分子でも、低分子でも関係ないどころか、低分子の方が効率的に分解されてしまうくらいです。

つまり、これって・・・

そう!気づいた方もいるかもしれませんが、摂取しても期待できるほどの効果はないというのが私の見解です。

ちなみに、ヒアルロン酸プラセンタの様なコラーゲン注射はどうか、という意見もありますが、
こちらも科学的な効果は認められていないようです。

それどころか、投与後の吐き気やだるさ副作用の事例も数多く寄せられているのです。

単価も一万円前後と高価なので、それをやるくらいなら、プラセンタサプリを飲んだ方が効果があると思います。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

美容の女王 プラセンタ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

美容といえば”プラセンタ”

美容に関心のある人なら、一度はプラセンタという成分を聞いたことがあるかと思います。

美容面では、古代エジプトの女王クレオパトラも利用していたほか、「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャの医者ヒポクラテスも治療に使用していたようです。

さらに中国・唐の時代に生きた楊貴妃、フランス王妃マリー・アントワネットまでもが若さと美貌を保つためにプラセンタを愛用していたともいわれています。

ID-100225186

日本製と外国製の大きな違い

日本で言うプラセンタは、胎盤由来の成長因子や他の栄養素を抽出したものです。

しかし、外国で言うプラセンタの概念は日本と異なります。

例えば、デンマークのプラセンタは、子宮部分を含んだ箇所までをプラセンタと表しているため、実際に美容に効く成分がほとんど入っていない場合もあります。

外国産プラセンタで価格が安いものは、ほぼ間違いなく子宮部分が大半を閉めていると言っても過言ではありません。

配合量のカラクリ

さて、純正のプラセンタが入っているので、これは良さそうだ、しかも配合量もかなり多いぞ!

という商品があるとします。

確かに、配合量が多ければ、その分実感力も高まります。これは間違いない。

ですが、よく商品を比べてみると、粉末換算とエキス末(原料)換算という二つの換算方法が目につくはずです。

並べてみると、確実にエキス末換算の桁が違います。

これは少ない配合量でも、単位を変えることで、量を誤摩化しているということです。
本当は1gで大したことないのに、「1,000mg配合!!」と謳っているのと同じです。

しかも、エキス換算にすると、希釈率も誤摩化せてしまいます。

コーヒーを例に取ると、粉の分量は同じでも、お湯を多く入れて薄めれば、コーヒーの量自体は増えますよね。

プラセンタのエキス換算もそれと同じで、少ないプラセンタ純末でも、薄めればエキス換算にした時に量が増えるというカラクリです。

市場を売れているプラセンタほど、過剰に配合量を多く見せている傾向があるのは残念なことです。

最近、日本健康栄養協会という組織が、数多くの粗悪品が出回ることを懸念して、プラセンタの基準を策定しました。

今後は、認定された商品には「JHFAマーク」が付くことになります。

スクリーンショット 2015-03-07 22.12.39

これによって、良質なプラセンタ商品を簡単に見分けることが出来るようになります。

先日もその説明会に行ってきたのですが、全力で応援して行きたいと思っています!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook