「フコイダン」カテゴリーアーカイブ

【薬事法・景表法事例集】WELLNESS JAPANの一件

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

「がん消滅効果ある」薬事法違反で健康食品の会社社長を逮捕

9/30、神奈川県警は薬事法違反の疑いで、健康食品販売会社「WELLNESS JAPAN」(東京)社長、堀尾宗仙容疑者(66)=東京都八王子市=を逮捕しました。

同社の出していた「パーフェクトフコイダン」いう商品が、「がんを消滅させる効果がある」と医薬品であるかのように宣伝して販売したことが逮捕に至った原因です。

さすがに薬事違反だと分かりそうなものですが、このような事例が最近多いですよね。

先日の水素水のように、今までグレーとされていた部分でも取り締まられる例も出てきており、今後ますます規制が強まっていくでしょう。

科学的に証明できないフコイダン

そもそもフコイダンは、健康食品業界で古くから取り扱いがありますが、効果が保証されたことはありません
その主な理由は、フコイダンが多くの化合物の集合体であるという特徴にあります。
早い話が、身体にはよさそうだけど、フコイダンを形成する物質の中で何が有効成分なのかが分からない状態なんですね。
例えば風邪で医者にかかった時、「この薬が効きますから処方します。色々健康に良さそうな成分が入っていますが、何が効いているのか分からないんですけど」
なんて言われたら、怖くて飲めたものじゃないですよね。

フコイダンもまだそのレベルのエビデンスしか無いということです。でなければ、既に医薬品として販売されていてもおかしくはないはず。

今回の薬事法違反というのは、フコイダンのような効果が実証されていない商品を、さも効き目があるように見せかけ、消費者を騙していたとも言えます。
特にガンのような藁にもすがる思いで探し当てた人を騙すというのは、同じ健食業界人として非常に憤りを感じます。
折しも来春には機能性表示の解禁が控えています。業界関係者の中には、これ幸いに売り上げを伸ばそうと息巻いている人も多いかと思いますが、エンドユーザーも含めてWinWinでいられるような商品作りに勤しんで行きたいものです。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

救世主?沖縄生まれのフコイダン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

海藻類にあるフコイダン

 

昆布やモズクなどの海藻類が薄毛に効くという認知は、かなり広まったように感じます。

これは、海藻に含まれているミネラルによるところが大きいのですが別記事に詳しく書いたので、割愛します。
今回は、もう一つの発毛促進成分でもある海藻のヌルヌル成分、
『フコイダン』についての記事。
さて、こちらのフコイダンの研究で先頭を走るのがタカラバイオです。
この会社、その分析技術を生かして、次々と新しい知見を発表しているんですね。

その中でも一番の功労は、フコイダンによってがん細胞が自殺するというメカニズムを確認したこと。ここからフコイダンに注目が集まることとなり、ブームが始まって行きます。

ガンに効く?

「フコイダン」と調べると、必ずガン関連の話題が出ます。1996年の「第55回日本ガン学会」でフコイダンに抗がん作用があると発表されてから、侃々諤々の議論が渦巻いているのです。
まず、ガンに効くか、ということですが、
これは有識者の中でもかなり意見が割れています。
おそらく、効果の有無のの実験をする場合も、効く、効かないのフィルターがかかっているようで、個人的には客観的な結果になっていないな、という印象です。

ですが、少なからず効果はあると思います。

症状や副作用が改善したという事例も、効果がなかったという事例も同じように存在するからです。
万人に効く薬はそもそも無いと言われているので、これも効く人には効くから試してみる価値はある、ということです。

ここだけは押さえておきたい!選定ポイント

では早速、選び方ですが、大きく分けて3つのポイントで見ましょう。

①沖縄モズク由来

一口にモズクと言っても、海外で取れるものから、養殖のものまで様々です。

その中でも私がおススメするのが、沖縄モズクです。

知っての通り、沖縄の海で取れるモズクは太陽の光を浴びて育っています。ただ含まれていればいいということではなく、しっかり量が入っていることを確認する方法があります。

それが原材料表示です。JAS法という法令によって、食品の原材料表示は、含有量の多い順に記載するのがルール。

『沖縄モズク』が前の方に書いてあれば、しっかり配合されていると考えて間違いないでしょう。

 

 

②根拠のあるエビデンス

分かりやすいのは特許ですが、特に対人研究のエビデンスがしっかりあれば、信頼できる可能性が高いでしょう。

いわゆるマウスによる動物実験を行う業者は多いのですが、対ヒト実験となると高価なので、中小企業だと手が出せない場合が多いようです。
ですが、しっかりした業者はコスト関係なく実験をしているもの。

また、製造面で自信がある業者は、工場について商品ページに書いてることが多いです。GMP工場などという記載があれば、まず衛生面は問題ないでしょう。

 

③医学博士や研究者との共同開発

博士号は”学術的”に優れた業績を残した者に与えられるものとされています。
つまり、研究者として認められた人間ということです。

このような社会的な信用を得ている方との共同開発であれば、信用できる可能性は高いでしょう。

商品紹介とともに、顔出しや名前が出ることが常なので、個人の評判を落とさない為に、下手なものを作れないからです。

以上3点を頭において商品を探してみてはいかがでしょうか?

また、サプリではなく海藻そのものからフコイダンを取ろうとするなら、芽カブがいいとされています。
すぐに思いつく海藻類のワカメにはあまり含まれていないということも覚えておくといいでしょう。

あなたが、良い商品と出会えることを心から願っています。

 

→フコイダンで検索はコチラ

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook