「タンパク質」カテゴリーアーカイブ

その健康食品の取り方間違ってます②ウナギ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ウナギがスタミナ回復にならない!?

今や夏バテ防止の認知がしっかりついてきた「ウナギ」。
7月末の土用丑の日には、毎年食べるという人も多いのではないでしょうか。
ですが、我々日本人はウナギについて知っているようで、意外に知らないことが多いんです。

うなぎ①
今回は、よくあるウナギの勘違いについてまとめてみます。

ウナギの旬は「冬」

冒頭にも記載した通り、ウナギ=夏のイメージを持っている方は多いと思います。

ですが、それは大きな間違い。

意外や意外、真逆の季節である冬のウナギが一番脂が乗っていて美味しいのです。
少しお高めの料亭なんかに行くと、ちょうど今ぐらいの時期にウナギ料理が出てきますよね。

元はと言えば、エレキテルで有名な平賀源内さんが、夏にさっぱり売り上げが伸びないうなぎ屋の相談を受けて、夏=ウナギ、のブームを作ったのがきっかけです。

そして、夏に取れるウナギのほとんどは養殖の大量生産なのです。

私の家の近くの飲み屋のオヤジも、冬のウナギ以外は取り扱わない!と言い張っているくらい、味が違います。

冬のウナギの美味しい食べ方は、塩とわさび。
上品な味わいと、脂肪ののったプリプリの食感がたまりません。
さらに、この時期に流通するウナギは天然ものが多いため、多少値段は張りますが栄養価もたっぷりなのです。

一方、夏のウナギはぺらぺらな場合が多いし、自然の味として食べ応えがないので、タレなどでごまかしているとも言えます。
是非、旬の季節に美味しいウナギを食べてみましょう!

うなぎ②

ウナギを食べてもスタミナはつかない

ウナギは精力を付ける食材としても有名です。

ウチのオヤジなんかは、夏を乗り切るためにウナギを食うぞ!なんて言って、よく近所のスーパーにウナギを買いに行っていました。

しかし、残念ですが、現代ではウナギを食べてもスタミナはほとんど付きません。

少し遡って戦前の話。

食糧不足が長く続いた時代では、ウナギが貴重なエネルギー源でした。
脂質が多く含まれているウナギは、疲労を回復してくれる食材として重宝されていたのです。

翻って現代では、飽食化が進み、エネルギー不足による疲労を感じる人はほとんどいません。
脂質が多く含まれる食材も、ウナギに限らずいくらでもあるので、敢えてウナギを取る必要性が無くなってしまったのです。

昔からの言い伝えとはいえ、食生活も大きく変わっている現代にマッチしている考え方とは限りません。

正しい知識で、現代人に合わせた食材を積極的に摂っていきましょう!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

本当に怖い女性の薄毛の話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

男性よりも深刻!女性の薄毛の悩み

以前、男性の薄毛についてご紹介しましたが、実際に悩んでいる方は女性の方が多いのです。

結婚すると、自分の格好や見た目に手を抜きがちな男性と違って、女性はいくつになっても美しくいたいもの。

ですが、お肌がきれいでも髪がぱさついていたりすると、実年齢よりも老けて見えてしまいます。
女性の見た目年齢は8割以上が「髪」で決まるとも言われていますね。

若い頃は定期的にトリートメントしていたけど、40代以降は家事に育児に追い回されて美容に時間をかける余裕がない・・・

そんな言い訳をしている内に、あなたの髪はどんどん痛んでいるんですよ。

 

毛穴の汚れが髪をダメにして行く

薄毛や抜け毛などが気になると言っても、その根本の原因はほとんど「毛穴や皮脂の汚れ」に収束します。

この汚れはタンパク質なので、お湯やオイルクレンジングで洗い流そうとしても残念ながら落ちません。

毛穴に汚れが詰まってくると、血行が悪くなり、栄養分が頭皮部分に行き渡らなくなります。
当然、髪も栄養不足になるため、やせ細って行きます。
すると、髪の量は変わらないはずなのに、薄毛に見えてしまうのです。
 更にひどくなると、髪の毛が根元にくっつく力も無くし、剥がれ落ちたりしちゃいます。
  これに日頃のストレスや睡眠不足が合わさって、人は薄毛になって行くのです。

毛穴の汚れを取り除くために

それでは、薄毛を防ぐべく、頭皮の汚れを取り除く方法を考えましょう。
①シャンプーを力強く   →  ×
男性は特にやりがちですが、これはカサブタを思いっきりかきむしるようなもの。
頭皮に傷がつき、そこからバイ菌が入ってしまうので、絶対にやめましょう。
②シャンプーを変えてみる   →  ○
市販のシャンプーは、洗浄力が強すぎて、ある程度必要な皮脂も落としてしまい、頭皮の乾燥を招く場合があります。
そこで、変えるなら「アミノ酸配合」のシャンプーに変えましょう。頭皮への刺激が少なく、自然な状態に保ってくれます。
「コミカド」や「ココイル」などの表記があればアミノ酸系です。

③頭皮ブラシを使う   →  ○

実は私も頭皮ブラシ使ってます。
ゴシゴシ擦るんじゃなくて、頭皮に押し付けるようにして、汚れを押し出します。
トゲトゲした部分で刺激を与えることで、血流の改善にも役立ちます。
血流がよくなると栄養が行き渡るようになるのは前述の通り。

ブラシ使わなくても指圧とかでも効果ありですよ。

 

④熱いお湯を使う   →  ×

熱すぎるお湯は頭皮に必要以上に刺激を与える原因になります。
更に、シャンプーを泡立ちにくくしてしまうので、必要以上に洗剤を使うことになります。
もし、これを流し切れないと・・・
分かりますよね。

目安としては40度くらいのお湯がいいようです。

いかがでしょうか?

「長い友達」と書いて髪と呼ぶように、一生付き合う相方です。

しっかりケアし、少しでも長くボリュームとコシのある髪でいられるようにお手入れしましょう!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

薬用キノコ アガリクス

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

薬用キノコ アガリクス

突然ですが、アガリクスって知ってますか?

別名をヒメマツタケと言い、薬用キノコとして特に免疫力向上に優れた効果を発揮してくれる成分です。

一時、ガンに効くという研究結果が出たことから、市場がグーと伸びた時期もありましたが、薬事法の取り締まりが厳しくなり、効果・効能が謳えなくなると、急速に勢いを失ってしまったのです。


アガリクスの特徴として、他のキノコと比べてもタンパク質の占める割合が多く、約40%も含まれている点が挙げられます。

タンパク質が不足すると、肌を構成するたんぱく質のコラーゲンの代謝が低下し、美しい肌を保てなくなったり、筋肉量が減少していきます。

それどころか、血液、細胞、皮膚、脳、結合組織、酵素も全てタンパク質が基になっているので、全体的に身体の調子が悪くなってきてしまいます。
なんとなく不調の原因は、このタンパク質不足に拠ることも多いのです。

さらに、βーDグルカンが多く含まれているのも外せない特徴です。

βーDグルカンはキノコに含まれている多糖類で食物繊維の一種。
これが、身体の免疫力を高めると同時にガン細胞などの増大や増加を防ぐ働きを持っているというのです。

タンパク質やβーDグルカンを多く含むアガリクスの効果のほどは多くの人が体感しており、最近では、人以外にもペット用の精力剤としての使用例を紹介している人もいるくらい汎用性があるとされる期待の素材なのです。

間違ったアガリクスを選ばないために

しかし、一口にアガリクスと言っても、多くのサプリメントが出回っていて、正直どれを飲んでいいか分からないですよね。

特にガンなどの重病にも効果を発揮すると言われていることもあり、 藁にもすがる思いで情報を集めている方も多いでしょう。

ですが、残念ながら実情は、特にインターネットの情報・体験談は、売り手側で捏造されている例も少なくありません。

このような業者は、金儲け目線でしか開発を行っていないため、製造コストは抑えて、価格を釣り上げる傾向があります。

そして、さも素晴らしい効果がある商品のように売り出します。
読者の皆様には、しっかりとした商品選びを行って頂きたいので、以下の三つのチェック事項に注意して、商品選びを行ってみてください。

ここだけは抑える!三つのポイント

1.産地
→アガリクスの原産地はブラジルです。
最近では中国・韓国での栽培も進んでいますが、太陽の光を浴びて自然に育ったブラジルのそれと比べると、栄養価は劣ります。
ブラジル産の方が高価ではありますが、稀少であることも踏まえると当然の価格設定かと思います。
2.アガリクス・ブラゼイ協議会に入っているかどうか? 
→この団体は、販売製品の安全性をチェックしています。
アガリクスを生産しているメーカーがアガリクス・ブラゼイ協議会に参加していることが確認できれば、一定の水準をクリアしていると言えるでしょう。
3.しっかりした安全性・有用性のデータ
→一目で分かるのは、「無農薬・無化学肥料」かどうかです。
「有機JASマーク」がパッケージに表示されていれば、安全性は問題ありません。

また、来年から施行される機能性表示にも関わる部分ですが、SRと呼ばれる論文が存在していたり、データの出典元がしっかりしていれば、信ぴょう性が非常に高まります。

インターネットでの注文だと、必要な情報が掲載されていないこともあるので、電話でオペレーターに質問するのが手っ取り早いでしょう。

これらのポイントに注意して、あなたに合うアガリクスを探してみて下さい。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook