「カルシウム」カテゴリーアーカイブ

【コラム】子供とサプリメント①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

子供にサプリメントは必要か

数日前、このニュースの記事が目に留まりました。
日本初!森下仁丹より0歳から摂れるビタミンD液状サプリメント『BabyD(ベビーディー)』新発売

最近のサプリメントは、働いている大人だけではなく、ペットや子供までターゲットを拡げているようです。

この記事によると、近年懸念される乳幼児のビタミンD不足に注目し、0歳(生後1か月)からビタミンDを摂れる商品を開発した模様です。

ここで一つ疑問が湧いてきます、そもそも乳幼児にサプリメントは必要なのでしょうか。

確かにカルシウムが不足すると、筋肉や心臓の働きが鈍くなったり、免疫力が低下するなど、様々なところに悪影響が出てしまいます。
さらに、摂取するカルシウム量が少ないと、骨を溶かして生成してしまいます。

特に血を分けた可愛い子のためには、しっかり摂取させてあげたいというのが親の心情。

ですが、私は無理にサプリメントで補給するべきではないと考えています。

 

カルシウムの効率的な摂取法とは

まず、こちらのグラフを見て下さい。

これは厚生労働省が発表した各年齢帯の推奨摂取カルシウム量です。

男女で開きはありますが、12-14歳の頃が必要摂取量のピークのようです。

しかし、生後一年以内の場合は目安量のみの表記です。

ここで注目してもらいたいのが、推奨量と目安量の違いです。
厚生労働省は目安量を「十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合は、目安量と設定する」としています。

つまり、目安はあくまで効果を保証するものではないということですから、乳児にとってのカルシウムは、まだ効果のほどがはっきりと解明されてないということですね。

さらに、例えば食品で「カルシウム○○mg」とあったとしても、その数字を鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、カルシウムは摂取しても20%から40%しか吸収しかないからです。
元々、体内に吸収するのが難しい栄養素なのですが、肉類や魚類などのたんぱく質や、ごぼうや大豆などに含まれる難消化性オリゴ糖などを組み合わせて、吸収率を高めることができます。

ですが、それも乳児にとっては難しいこと。

そこで、冒頭の記事のように液状サプリとかで補給しよう!となるわけです。

しかし、サプリメントの本質はあくまで補助食品。

特に、成長期の子供にとっては、自然な食事から栄養素を摂取するべきですし、
通常の母乳や離乳食にも当然カルシウムは入っているわけで。

ということで、特にサプリメントでの補給は不要というのが私の所感です。

重要な栄養素なのは確かなので、大人の皆さんもしっかり補給しましょうね!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

知って得する カルシウム情報

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

牛乳不要論

先月くらいから、こちらの記事にあるような、牛乳不要論が広がってきています。

私は中学校までしっかり給食に牛乳がついていた世代なので、
今更この批判が出てきた背景に非常に興味があります。

確かに、ご飯に牛乳は合いません。
今考えれば、よく毎日文句も言わずに飲んでたな〜と思います。

給食に牛乳の前身である脱脂粉乳が付き始めたのは、なんと明治22年頃と言われています。

今から60年も前から続いている慣習が見直されているようです。

当時のことを思い出すと、カルシウムを摂取する必要があると言われて毎日飲まされたような気がしますが、実際のところ本当に牛乳がいいのでしょうか?

それともカルシウムだけでなく、副次的な効果が何かあるのでしょうか。

今回はカルシウム、どーぞ。

 

牛乳=カルシウムは大間違い?

まず、カルシウムを摂ればそのまま骨が強くなる、という認識の否定から入ります。
牛乳の話からは逸れてしまいますが、食べ物から摂取したカルシウムが、そのまま体内に入って使えるわけではないのです。
意外なことに、ここで紫外線の働きが重要なファクターとして登場してきます。
日光の照射によって、発生するのがビタミンDです。
このビタミンDの働きによって、腸管からカルシウムを吸収しているのです。
多く含まれるものにレバー・サケ・マグロ・うなぎなどがあります。

カルシウム摂取をするなら

牛乳よりも、干しえび・煮干・小魚などの乾燥した魚介類を摂りましょう。

 

 

特に干しえびは710mgと牛乳の220mgの3倍以上のカルシウム量です。
で、更に吸収率を高めるビタミンDを同時に摂ると効果がより増します。

居酒屋行ったら、エビのカラカラ揚げと刺身を頼むようにするだけで、効率的にカルシウム補給が出来ます。

刺身にはDHA・EPAも含まれており、抗酸化作用や血流改善の手助けをしてくれるので、
副次的な効果も期待できます。

たまにサプリメント単体でカルシウムという商品がありますが、これはおススメしません。

理由はバランスが偏るからです。

前述のように、ビタミンDが同時に配合されていれば、効率よくカルシウムが吸収できるので、

この二つが含まれるサプリメントを選びましょう。
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook