「イヌリン」カテゴリーアーカイブ

その健康食品の摂り方間違ってます!①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

健康食品と言われる商品は数多くあります。

食品を調理してそのまま摂取するものからサプリメント、ドリンクにゼリーなど・・

ですが、摂取の方法によって、せっかく食べてもほとんど効果のない場合も数多く存在します。
このコンテンツでは、比較的勘違いしている人が多い健康食品の摂り方を解説して行きます。

 

間違っている人が大半!菊芋の食べ方

菊芋と言えば、天然のインスリンと呼ばれる、糖尿病患者には引く手数多の植物です。
糖尿病と菊芋の話

この商品、味を付けた方が食べやすいということで、市場では漬け物にされた商品が多く出回っています。

私も食べたことありますが、食感も味も非常に美味しいんです。

ですが、糖尿病を改善したいと思っている人にとっては、漬け物で摂取することほど意味のないことはありません。

一般的に血圧を下げる効果があるのは、「イヌリン」と呼ばれる成分です。

医者に菊芋をおススメされるのも、菊芋をとり始める人のほとんどの理由もこのイヌリンを豊富に含んでいることが理由です。

実は、このイヌリンというのが水溶性の物質で、漬け物などにすると水分として流れ出てしまいます。

つまり、漬け物に漬けた菊芋本体ではなく、汁の方にイヌリンが流れ出てしまうのです。

ラーメンじゃないんだから、漬け物の汁を飲み干す人はいませんよね?ということは、イヌリンが全く摂れてないということなのです。

菊芋の食感が好き!という奇特な人は中々いません。
というかそれならジャガイモで十分。

おススメの摂り方は「きんぴらごぼう」です。
理由は、イヌリンが流れ出ないことに加えて、一緒に使うゴボウにもイヌリンが含まれている点。
最大限にイヌリンを摂取できる理想の組み合わせなのです。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook