「アスタキサンチン」カテゴリーアーカイブ

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンという言葉を聞いたことはありますか?
サプリメントだけでなく、化粧品にも配合されている人気成分です。

アスタキサンチンは緑黄色野菜やサケのような見た目が赤色の生物に含まれています。

当然アスタキサンチン自体の色も鮮やかな赤色です。

この成分、研究が進むにつれて様々な効果効能が確認されており、関連商品が数多く出回っています。

今回は二記事に分けて、アスタキサンチンの素晴らしさをまとめていきます。

歯医者と外科医はアスタキサンチン

私の友人で歯科医がいるのですが、アスタキサンチンのサプリが歯科医の間で大人気だと聞きました。

歯科医は仕事中は一点を凝視する為、知らず知らずの内に眼精疲労が溜まるそうです。

アスタキサンチンには、血液の流れを良くする働きがあり、疲労物質を早く押し流し、新鮮な酸素や栄養を目に届けて、疲労回復を助ける働きがあります。

パソコン仕事の方や外科医の方で、サプリなどに詳しい人も日常的に摂取していると聞きます。

 

 

通常、脳と目は生命活動を維持する上で、最も重要である為、その中に入れる物質は限られています。

しかし、アスタキサンチンはデリケートな脳や目の中にまで入り込むことができ、ダイレクトに働きかけることが出来るのです。

実際に、眼精疲労の症状を訴える健常者にアスタキサンチン6mgを4週間摂取させたところ、調節機能の改善と自覚症状の改善が確認されたとの臨床結果があります。

さらに、ピント調節力の改善に伴い、肩こりや目の奥の痛みが改善したという報告もあるくらいです。

 

美肌効果も!?まだまだあるアスタキサンチンの作用

さらに、アスタキサンチンは美肌にも効果があることが確認されています。

シミの原因となるメラニン色素を抑えることができ、美白効果も期待できるのです。

化粧品でもFUJIFILMの「アスタリフト」などが人気のようです。

完全には防げないまでも、付けているかどうかで結果に大きな違いが出るようです。

余談ですが、ミスユニバースの合宿で出される食事にも、鮭が頻繁に登場するそうです。

美容とアスタキサンチンは、切っても切れない関係のようですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

頭がクルクル回り出す!クリルオイル

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

頭がクルクル回り出す!

誰だって頭がいい人、回転が早い人に憧れますよね。

勉強が出来る、出来ないと地頭の良さは異なるとも言われていますが、社会人になると機転が効いたり、トラブルに迅速に対応できる人を要領=頭が良い、と評することが多い気がします。

この人たちは、与えられた情報を基に、瞬時に何パターンかの回答を考え、その中から最適なものを選択するというスキルに長けているのです。

日常に、どれだけ疑問を持って、考えているかが分かれ目だと思いますが、ここではそんな脳トレの話は置いておきます。

 

実は、いくらトレーニングしても、生活習慣に問題があれば、実力を発揮できないこともあるのです。

ってことで、今日は頭の回転に大きく関わるクリルオイルの話です。

 

魚油由来とクリル、ここが違う

一般に流通しているDHA/EPAは魚油由来で、トリグリセリド(中性脂肪)型DHAと呼ばれてます。

一方、オキアミから抽出されるクリルにはリン脂質結合型DHA/EPAが含まれており、
リン脂質が乳化剤の役割をして、DHA/EPAは体内へ効率よく吸収されます。

さらにクリルにはアンチエイジング成分アスタキサンチンも含まれています。

このアスタキサンチンってのがポイントなんですが、血管を拡げる作用があるのですね。
身体の流れをスムーズにし、渋滞を防ぐ効果が期待できます。

ところで、食事の後は眠くなる人は多いですよね。
特に退屈な誰かの話を聞いている時なんて最悪です。

これは、血液が消化器官に優先的に回されている為、脳の活動が一時的に鈍っていることが原因で起こります。

ということは、クリルの摂取により脳の血流が大幅に増加すれば、脳が活発に動くってことですよね。

実はこの作用、クリルに含まれる成分であるアスタキサンチンに拠るところが大きいのです。

その他にも、クリルオイルは水に溶ける油っていう点も外せません。
DHA/EPAに比べると、効率がよく体内に吸収されることがプラスαの利点なんです。

贅沢なサプリメント

さて、クリルサプリの中でも、配合成分で気に入っているのが、極上クリルです。

まずは気になる品質ですが、南氷洋にから漁獲したオキアミを100%使用しています。
ここで取れるオキアミは、汚染が極めて少ない原料として有名。

唐突ですが、イヌイットの生活を知っていますか?
彼らは野菜などが育たない環境で生活しており、必然的にクジラやアザラシの高タンパクの食事になります。

なのに、生活習慣病が少ないのです。

なぜか?

 

その答えはオキアミに含まれるオメガ3にありました。

彼らの主食であるクジラやアザラシはオキアミを食べるので、オメガ3が蓄積されています。
当然それを食べるイヌイットも結果的にオメガ3を接することになり、サラサラ血液になってくるというのが通説なのです。

オメガ3は酸化しやすいので、抗酸化作用を持つアスタキサンチン配合というのも、実に理にかなっています。

私も飲んでみたことありますが、袋を開けた瞬間、ぶわっと魚臭いニオイがします。
さすが100%クリルオイル。

でもって、飲んでみると割と実感力が高い
頭がなんとなーくスッキリするんです。

これ、一緒に飲んだ友人も言っていたので、割と効果がありそうです。

一つ不満を言うとしたら、価格が高い!
でも100%クリルオイルならギリ許せるかな。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

抗酸化作用のカギ アスタキサンチン②

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンの抗酸化作用

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①に引き続き、アスタキサンチンの話です。

様々なところに効力のあるアスタキサンチンですが、
摂取を間違えるとせっかくの成果も水の泡です。

サントリーの研究成果にもあるように、抗酸化作用との関連性が鍵となります。
抗酸化作用の酸化とは、その名の通り、ものが錆びたり、腐ったりすることを言います。

酸素を取り入れて、エネルギーを作り出す時に、
人間の身体に活性酸素というものが発生します。

これが過剰に発生してしまうと、生活習慣病や老化を招きます。
恐ろしいことに、人間の身体も酸化してしまうのです。

中でもヒドロキシラジカルという物質は、毒性が最も強い活性酸素で、
がんや生活習慣病、慢性疾患、老化の直接的な原因となっています。

抗酸化作用とは、その活性酸素を抑える働きのことなのです。

 

実感力が優れているアスタキサンチン

アスタキサンチンは、抗酸化成分としてよく知られているビタミンEなどに比べて、はるかにすごいパワーを持っています。

さらに、サプリメントの部類としては、実感性も高く、副作用もほとんど報告されていない優秀な成分です。

ですが、いざ買ってみようと思うと、非常に選びにくいのが実情です。
値段がピンキリで、数千円から一万円を越えるものまで幅広い価格帯になっているのです。

個人的に初めての方であれば、

が続けやすいと思います。

一日一粒設計なところとか、アスタキサンチン(フリー体として)9mgの配合量は多い部類に入りますし。

しかも、実はDHCのサプリって、30日分が多いのですが、
アスタキサンチンに関しては20日分です。

これは、原価が高く、しっかりした品質のものを使用しているので、
他商品との価格を合わせる為には20日分にするしかなかったのではないか、というのが私の見解です。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

魚の力 DHA/EPA

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

「魚を食べると、本当に頭がよくなる?」

一昔前、お茶の間の人気者だった「おさかなクン」。
今でもスーパーで流れている「お魚天国」。
一世を風靡した歌なので、知らない人はいないでしょう。
実は今回のDHA/EPAという成分は、この曲に多くのキーワードが隠されています。

早速、魚の秘密をひも解いていきましょう。

海外ではベストセラー!日本では・・?

DHAは世界で一番売れているサプリとも言われています。
ベストセラーの理由はズバリ実感性。

米国では、DHAやEPAを摂取している人は、疾病リスクが下がることから、月々の保険料が安くなることさえあると言われます。

特に血圧が高い方は、どの商品でもいいので、継続して試してみると良いでしょう。

元来、日本人は魚をよく食べる民族だからか、積極的に摂取する人の割合は比較的低いです。

しかし、食文化の発達した昨今では、食事の選択肢が多岐に渡ることもあり、週に何度も魚を食べる機会を作ることは難しいのが現状です。

 

抗酸化、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?リンゴが黄色くなったり、鉄が錆びたりするように、人間の体内も錆びて行くのです。

人間の老化や生活習慣病はこの抗酸化が原因と言われています。

で、この抗酸化について、意外なモノが助長していると紹介している興味深い本を読みました。

それが外食や弁当に含まれる油です。

弁当屋やレストランは、生産性を上げるため、ほとんどが同じ油を何度も利用しています。その油が既に酸化しているので、それを体内に摂取するのは、身体を自ら酸化させるのと同義。

食べれば食べるほど、身体の酸化を進める可能性があるのです。

そんな酸化の状態を正してくれるのも、DHA/EPA。

魚を食べた方が身体に良さそうだけど、俺は肉のが好きなんだ!!っていうロックな人や生活習慣を改善したい方はサプリで補うことを考えてみてもいいかもしれません。

 

DHA/EPAだけでは役不足!

DHA/EPAという言葉を聞いたことがあっても、具体的に説明できる人は少ないでしょう。

実は、青魚に多く含まれている必須脂肪酸の一種なのです。

つまり、これだけなら魚を食べれば摂取できるということです。
ただし、週3日ですが。

週3日と言えども、意外と難しいものです。
種類としては、サンマ・サバ・アジ・ニシンなどがそれにあたります。

当然、朝食に良く出るシャケは青魚ではないですよね。
具体的に考えると、かなりハードルが高いと思います。

 

最強のアスタキサンチン

ここでご紹介するのが「アスタキサンチン」という成分です。
これは、シャケやタイ、いくらなどに含まれる天然色素の一種です。

こいつらの身体を赤く見せているのはこのアスタキサンチンってわけです。

アスタキサンチンの効能、効果には様々ありますが、何と言っても強力な抗酸化力が一番の魅力。

シミやシワ、たるみなどの原因となる、紫外線にあたった時やエネルギー生成時に発生する活性酸素(一重項酸素)の除去能力はリコピンに次ぐ強さがあり、ビタミンEの1,000倍、βカロテンの100倍もの 抗酸化力を持っていると言われています。

余談ですが、プロサッカーのベッカムも2002年のワールドカップの際、<http://konosapu.com/2015/03/07/%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8C%BB%E3%82%82%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%82%EF%BC%81%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AE/” target=”_top”>アスタキサンチンのサプリを常備していたと言われ、話題になった成分でもあります。

サプリメントなら、DHA/EPAだけでなくこのアスタキサンチンも同時に配合したものを摂取できるのです。
今回は、DHA/EPA初心者の方に向けるという意味で、私からは価格・配合ともにバランスの取れたミセスあいのDHA+EPAをご提案します。

バランスのとれた、と言いましたが、上記でダラダラとご説明したポイントをしっかり抑えている数少ないサプリなのです。

 

ドロドロからサラサラになりたい方、一目置かれたい方は一度試して見てはいかがでしょうか?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook