「ぼやけが気になる」カテゴリーアーカイブ

アイケアの必需品 ブルーベリーとビルベリー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

スッキリクッキリ生活へ!

パソコンやスマホがこれだけ普及した現代。
今や視力の低下は誰もが直面する悩みでしょう。

日本に限らず、世界中でブルーベリーは目にいい、という話を聞きます。
子供の頃から視力の悪かった私は、ブルーベリーの効力にあやかるべく、ジャムにジュースに積極的に摂取してきたつもりでしたが・・・

現在の視力は0.01。
シャンプーとリンスの区別がつきません・・。。

ブルーベリーとビルベリーの違い

今まで、パソコンを長時間使って目がショボショボした時は、目薬を差していました。
高校生からずっとマイティアCLクール一筋ね。

ですが、目薬は、表面的な眼球の痛みには効果の実感がありますが、本当のダメージは体内から治して行く必要があります。

そんな時に大活躍するのがビルベリーです。

あれ?ブルーベリーじゃないの?と思ったそこのあなた!

その疑問は当然です。

なぜなら、日本ではブルーベリーとビルベリーの違いはあまり知られていないから。

ビルベリーとブルーベリーは、食品としては同等に扱われますが、含まれている成分に、大きな違いがあるのです。

例えば、ビルベリーには、ポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれています。

アントシアニンは目の健康や血管・血流をよくする薬としても使われていた実績があります。

現在でもフランスやイタリアなどで、ビルベリーは医薬品としての効果が認められているのです。

ブルーベリーと比べて、より薬用性の高いものがビルベリーという認識でよいでしょう。

 

千里眼の木?メグスリノキの力

ビルベリーに加えて、目に効果的な働きが期待されているのがメグスリノキです。

メグスリノキエキスは、メグスリノキの樹皮や葉より抽出されたエキスのことで、
眼病に対する効果や、肝機能を強化する効果があるとして、古くから民間薬として使用されてきました。

日本国内にのみ自生する固有種で、「飲む目薬」としても知られています。

名前負けしていない、しっかりした成分なんですね。

強力なコラボレーション!

そして、ついに「ブルーベリー」「ルテイン」「メグスリノキ」と三拍子揃ったサプリメントが発売されたのです。

 


この商品、小林製薬から出ているのですが、医薬品と同等レベルの厳しい製造管理基準で製造しています。

サプリは“食品”なので、薬事法で規定されている“医薬品”のように明確な品質管理基準は求められていません。

しかし小林製薬では、製薬会社の考え方として、栄養補助食品においても医薬品と同等レベルの製造基準を設けているのです。

ここまで品質にこだわって製造しているメーカーも多くはありません。

多くのメーカーからブルーベリー関係のサプリメントが出ている中で、品質を気にする人は是非小林製薬のブルーベリールテイン メグスリノ木 を試してみてはいかがでしょうか?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook