「おススメ度」カテゴリーアーカイブ

美容の女王 プラセンタ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

美容といえば”プラセンタ”

美容に関心のある人なら、一度はプラセンタという成分を聞いたことがあるかと思います。

美容面では、古代エジプトの女王クレオパトラも利用していたほか、「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャの医者ヒポクラテスも治療に使用していたようです。

さらに中国・唐の時代に生きた楊貴妃、フランス王妃マリー・アントワネットまでもが若さと美貌を保つためにプラセンタを愛用していたともいわれています。

ID-100225186

日本製と外国製の大きな違い

日本で言うプラセンタは、胎盤由来の成長因子や他の栄養素を抽出したものです。

しかし、外国で言うプラセンタの概念は日本と異なります。

例えば、デンマークのプラセンタは、子宮部分を含んだ箇所までをプラセンタと表しているため、実際に美容に効く成分がほとんど入っていない場合もあります。

外国産プラセンタで価格が安いものは、ほぼ間違いなく子宮部分が大半を閉めていると言っても過言ではありません。

配合量のカラクリ

さて、純正のプラセンタが入っているので、これは良さそうだ、しかも配合量もかなり多いぞ!

という商品があるとします。

確かに、配合量が多ければ、その分実感力も高まります。これは間違いない。

ですが、よく商品を比べてみると、粉末換算とエキス末(原料)換算という二つの換算方法が目につくはずです。

並べてみると、確実にエキス末換算の桁が違います。

これは少ない配合量でも、単位を変えることで、量を誤摩化しているということです。
本当は1gで大したことないのに、「1,000mg配合!!」と謳っているのと同じです。

しかも、エキス換算にすると、希釈率も誤摩化せてしまいます。

コーヒーを例に取ると、粉の分量は同じでも、お湯を多く入れて薄めれば、コーヒーの量自体は増えますよね。

プラセンタのエキス換算もそれと同じで、少ないプラセンタ純末でも、薄めればエキス換算にした時に量が増えるというカラクリです。

市場を売れているプラセンタほど、過剰に配合量を多く見せている傾向があるのは残念なことです。

最近、日本健康栄養協会という組織が、数多くの粗悪品が出回ることを懸念して、プラセンタの基準を策定しました。

今後は、認定された商品には「JHFAマーク」が付くことになります。

スクリーンショット 2015-03-07 22.12.39

これによって、良質なプラセンタ商品を簡単に見分けることが出来るようになります。

先日もその説明会に行ってきたのですが、全力で応援して行きたいと思っています!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

巷で話題の酵素の誤解

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

 酵素って本当に効くの?

最近、市場を見渡すと、様々な種類の酵素サプリやドリンクが登場していますね。

酵素よりも更に踏み込んだ「生酵素」なんて言葉も出てきています。

ですが、本当に酵素を含んでいる商品はどれくらいあるかご存知でしょうか?

恐らく、全体の1%にも満たないのではないかと思います。

理由は、製造過程の熱処理で必ず酵素を「殺す」という工程が必要とされているから。

特にドリンクに関しては、清涼飲料水として販売するには「法令で65℃以上の熱処理を加える必要がある」と明記されており、
このフローを踏んでいないと発売できないことになっています。

世に出ている商品の名前が「酵素〜」とか「〜酵素」となっているのは、商品名にあえて「酵素」というワードを含むことで薬事違反を回避しているのです。

そもそも大前提、酵素を体内に取り入れるのは非常に危険です。
もし、酵素をコップの中に入れたとしたら、中で暴れてコップを割ってしまうくらい何をしでかすか分からない物体なのです。

そんな危険なものを体内に入れたいですか?
だから、熱処理で殺す必要があるのです。

酵素商品を体内に取り入れる理由

では、酵素の含まれていない商品を飲んでも何の意味もないのでしょうか?

そんなことはありません。

実は人間の体内にある消化酵素と代謝酵素の働きを助けてくれるのです。

消化酵素・・・料理人
代謝酵素・・・ウエイター

と考えてみましょう。

人間が食物を食べると、消化が始まり、ここで料理人である「消化酵素」が出てきます。

続いて、消化(料理)されたものは、栄養分として全身に運ばれます。この時に出るのが「代謝酵素」。

製造過程で、既に料理が済んでいるのが、酵素ドリンクなのです。

極端に言うと、「消化酵素を出す必要がほとんどないので、速攻で全身に栄養分を行き渡らせることができる」ということです。

例えば、よく代謝が悪くて痩せれない、という話を聞きますが、
それは「代謝酵素」が上手く働いていないからです。

代謝酵素の動きが悪くなる原因の一つに、消化酵素にエネルギーを使い過ぎるということがあります。

つまり、消化酵素を省エネ化出来れば、結果的に代謝も良くなるということです。

結局何を取り入れればいいの?

はい、前置きが長くなりましたが、私のおススメは生酵素 60粒です。

生酵素 60粒のいい点は、酵素粒にしては最高級の222種類という素材の多さ

酵素商品はダイエット目的の方向けだというイメージが強いですが、野菜不足の人にこそ飲んでもらいたいのモノなんです。

野菜ジュースとか飲むよりも、様々な栄養素が摂取できるのがサプリの強みでもあるので、素材の多さはかな〜り重要です。

あとは、何と言っても、価格の安さです。

ちなみに生酵素 60粒は1,530円。
類似品には8,000円を越える商品もある中、非常に安価です。

これは、粗悪だから安いのではなく、一般的に酵素商品は低コストで製造できる場合が多いという背景があります。

酵素のサプリに関しては、1,500〜2,500円くらいが適正値だと思います。

この生酵素 60粒は値付けもしっかりしているからこそおススメできるのです。

健康的な体を目指す方は、是非試してみては?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook