「★★★☆☆」カテゴリーアーカイブ

アイケアの必需品 ブルーベリーとビルベリー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

スッキリクッキリ生活へ!

パソコンやスマホがこれだけ普及した現代。
今や視力の低下は誰もが直面する悩みでしょう。

日本に限らず、世界中でブルーベリーは目にいい、という話を聞きます。
子供の頃から視力の悪かった私は、ブルーベリーの効力にあやかるべく、ジャムにジュースに積極的に摂取してきたつもりでしたが・・・

現在の視力は0.01。
シャンプーとリンスの区別がつきません・・。。

ブルーベリーとビルベリーの違い

今まで、パソコンを長時間使って目がショボショボした時は、目薬を差していました。
高校生からずっとマイティアCLクール一筋ね。

ですが、目薬は、表面的な眼球の痛みには効果の実感がありますが、本当のダメージは体内から治して行く必要があります。

そんな時に大活躍するのがビルベリーです。

あれ?ブルーベリーじゃないの?と思ったそこのあなた!

その疑問は当然です。

なぜなら、日本ではブルーベリーとビルベリーの違いはあまり知られていないから。

ビルベリーとブルーベリーは、食品としては同等に扱われますが、含まれている成分に、大きな違いがあるのです。

例えば、ビルベリーには、ポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれています。

アントシアニンは目の健康や血管・血流をよくする薬としても使われていた実績があります。

現在でもフランスやイタリアなどで、ビルベリーは医薬品としての効果が認められているのです。

ブルーベリーと比べて、より薬用性の高いものがビルベリーという認識でよいでしょう。

 

千里眼の木?メグスリノキの力

ビルベリーに加えて、目に効果的な働きが期待されているのがメグスリノキです。

メグスリノキエキスは、メグスリノキの樹皮や葉より抽出されたエキスのことで、
眼病に対する効果や、肝機能を強化する効果があるとして、古くから民間薬として使用されてきました。

日本国内にのみ自生する固有種で、「飲む目薬」としても知られています。

名前負けしていない、しっかりした成分なんですね。

強力なコラボレーション!

そして、ついに「ブルーベリー」「ルテイン」「メグスリノキ」と三拍子揃ったサプリメントが発売されたのです。

 


この商品、小林製薬から出ているのですが、医薬品と同等レベルの厳しい製造管理基準で製造しています。

サプリは“食品”なので、薬事法で規定されている“医薬品”のように明確な品質管理基準は求められていません。

しかし小林製薬では、製薬会社の考え方として、栄養補助食品においても医薬品と同等レベルの製造基準を設けているのです。

ここまで品質にこだわって製造しているメーカーも多くはありません。

多くのメーカーからブルーベリー関係のサプリメントが出ている中で、品質を気にする人は是非小林製薬のブルーベリールテイン メグスリノ木 を試してみてはいかがでしょうか?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

意外と深いグルコサミン事情

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

グルコサミンとは?

グルコサミンとは、動物や人間の体内にあるアミノ糖の一種です。

粘りのあるムコ多糖類の成分として、軟骨や結合組織にあって、
軟骨細胞を形作るもっとも有名な栄養素として知られています。

人間はもとより、動物は、体内でこのグルコサミンを生成しているわけですが、年を取るに従って、生産が追いつかなくなってくるのです。

グルコサミンといえば、自然界においても広く分布しており、カニやエビなどの甲殻類の殻にはキチン質として多く含まれているのはご存じの方も多いでしょう。

サプリメントは、このキチン質をさらに分解して、摂取しやすい形に変えたものなのです。



外国では既に医薬品

実はグルコサミンは、ヨーロッパでは既に医薬品として認可されています。

医療現場において、注射剤などで利用されてきた実績を持ち、有効性・安全性も確認されています。

今現在、アメリカや日本では医薬品としての認可は下りていませんが、近い将来、そうなることは十分考えられます。

2015年4月からの機能性表示解禁後は、効果効能を言える候補として、市場関係者からは熱い視線が注がれているのです。

 

二種類のグルコサミン

実は、サプリメントから摂取するグルコサミンは多くの場合
「グルコサミン塩酸塩」という物質です。

これを摂取した後に人間の体内にあるグルコサミン(N-アセチルグルコサミン)という物質に変換されます。

ですが、これがどれくらいの割合で変換されているかはよく分かっていないのです。

ならば、最初から体内の分子と同じN-アセチルグルコサミンを摂取するのが効率的です。

「暮らしの匠」

今回「【暮しの匠】」という聞き慣れない商品を紹介するに当たって、理由が何点かあります。

まず、最大の理由は、前述のN-アセチルグルコサミンがしっかり配合されていること。

私の知っている限り、よくCMや新聞広告で見る会社のグルコサミンは、体内の分子とは異なるグルコサミンを使用しています。

理由は、N-アセチルグルコサミンは高価で、
プロモーション費用に金をかけたい企業には手が出しにくいから。

商売上ではマルですが、実感力に乏しくなりそうなのはなんとなく分かると思います。
どの業界でも、いいものは高いのです。

続いて、Ⅱ型コラーゲンとプテオグリカンも直接摂取できる点。

前者は軟骨を形成する土台、後者は軟骨のクッション部分に当たり、共に希少かつ重要な成分です。

これも高価。

ダメ押しは、最大6か月間、全額保証付きというところでしょうか。

返金保証は、企業としては出来るだけ避けたいところです。
それをやるのは自信の表れと取って良いでしょう。

 

手遅れになる可能性

グルコサミンの摂取で、調子が良くなってくる一方、様子を見ていたつもりが
重症化するケースも聞きます。

違和感を感じてサプリを飲んでも改善せず、医者にかかった時には手遅れになっていることも少なくないとのこと。

サプリメントだけに頼らず、違和感を感じたらすぐに医者にかかりましょう。

また、サプリに頼るだけでなく、体重の管理も大事です。

筋力が落ちて体重が増え、身体のバランスが悪くなったことが
原因であることも多いのですから。。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

女王蜂のパワーがここに! ローヤルゼリー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

改めて、ローヤルゼリーって何だっけ?

ローヤルゼリーが世に出てきてから大分経ちました。
その認知は高まるところまで高まって来た感じがします。

この成分の特徴は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸をはじめ、
50種類以上の栄養素を含んでいる点です。

ローヤルゼリーの栄養素が十分に伝わるエピソードとして有名なのが、女王蜂の話です。

女王蜂は、王台と呼ばれる部屋にたまたま産みつけられ蜂のことを指し、第1日目からローヤルゼリーを唯一の食事として育ちます。

ローヤルゼリーという一種類の栄養素だけで立派な女王蜂に育って行くのです。

成虫となった女王蜂を働き蜂と比較すると、体の大きさは実に2~3倍、寿命は30~40倍、毎日約1,500個もの卵を産み続けることができてしまいます。

最初から特別な遺伝子を持っていなかったハチが、ローヤルゼリーを食すことで女王蜂になるのです。

つまり、ローヤルゼリーが女王蜂を形成していると言い換えることができます。

ローヤルゼリーの種類


一言でローヤルゼリーと言っても、その種類は大きく3種類に分かれます。

【生ローヤルゼリー】
みつばちが女王蜂を育成するため、その咽頭腺等を通じて王台中に分泌したものであって、移虫後72時間以内に採取したもの

【乾燥ローヤルゼリー】
生ローヤルゼリーを凍結乾燥その他の方法により乾燥処理したもの

【調製ローヤルゼリー】
生ローヤルゼリー又は乾燥ローヤルゼリーに乳糖、はちみつ等の調整剤、添加物等を使用し、調製(錠剤、カプセルそのた剤型品の調製は、品質保全のため必要な場合に限る)したものであって、使用した生ローヤルゼリーの重量が全重量の6分の1以上のもの

ローヤルゼリーならやっぱり”やわた”

数あるメーカーの中で、異質なのが、「伝承ローヤルゼリー」です。

ここの強さは、生のローヤルゼリーを真空凍結乾燥させカプセル化し、徹底的に鮮度にこだわっている点。

特に、徹底した生産・製造管理によりローヤルゼリー中の有効成分であるデセン酸の生状態含有率2.0%以上(乾燥状態で約5.0%)を実現しているのです。

デセン酸は正式名称はハイドロキシデセン酸といい、脂肪酸の一種です。

ミツバチの大あご腺で作られるデセン酸は、ローヤルゼリー以外には含まれない貴重な成分です。

まさに生ローヤルゼリーの有効成分をギュッと詰め込んだ食品添加物一切不使用の生サプリといえるでしょう。

さらに、お届けするローヤルゼリーを出来る限り生に近い状態で飲んでいただきたいという思いから、常温状態であえて賞味期限は約6ヶ月間とし、直接販売(通信販売)のみでお届けしているという徹底ぶり。

拘りに拘り抜いた逸品を、一度、試してみてはいかが??

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ミドリムシがサプリメントに!?ユーグレナ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

ミドリムシって何者!?

ユーグレナ=ミドリムシということを知って、驚きを隠せない人も多いかと思います。
名前に”ムシ”と付いているだけで、拒否反応を起こす人もいるでしょうね。

実は私も虫が死ぬほど苦手なので、この手のとんでもサプリとは無縁、のはずでしたが。。

何故かこのミドリムシサプリを開発することになってしまったので、調査してみたのでした。

むむむ。。気が乗らない・・

動物と植物の中間生物!?

はい、でました。
やっぱ意味不明の物体じゃねぇか!

と逃げ出したい気持ちを抑えて、もちょっと調べてみると、
「藻」の仲間だということが分かってきました。

「藻」というと、クロレラとかが有名です。ようやく実態がつかめてきた。。

でもまだ不気味・・
で、藻の中でも「ユーグレナ」は、光合成を行って栄養と酸素を作り出す「植物」としての役割と、

鞭毛という尻尾を持ち、活発に動き回りながら魚に豊富なEPAやDHAも作り出す「動物」としての役割も果たすことで、多くの成分を作り出すことが出来るそうです。

へーこれは結構すごいんでないの??

ぶっちゃけどんな効果があるの?

特筆すべきは栄養補給のようです。

人間に必要な「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」をはじめ、
59種類もの栄養成分を有している、正に栄養の宝庫。

それに加えて、ユーグレナには細胞壁がないので、栄養吸収率が93%以上。

生野菜などは、せっかく栄養分を含んでいても細胞壁が邪魔をして、効率よく吸収ができないのです。

それでも熱を通した場合に比べれば多くの栄養分を摂れるんですけどね。

そして、極めつけはユーグレナ独自の成分「パラミロン」です。

これは、食物繊維のような難消化性で、吸収されずに排出されるほか、様々な働きをすることがわかっており、機能性食品としての活用が期待されています

例えるなら、パラミロンの構造は炭にとても似ています。

大気中にある悪臭の原因を吸い取っていくのが炭ですが、パラミロンは炭と同じ働きをして不要な物質を吸い取っていくのです。

 

イチオシ!ユーグレナサプリ

実は、ユーグレナのサプリを取り扱っている会社はまだ多くありません。
その中で、効果が高く・知名度もある「エポラ」という会社が出しているのが「ミドリムシ サプリ 【ハイ・ユーグレナ】」です。

非常に対応が親切で、商品が送られて来た時の手書きの手紙は今でも捨てられずにいたりします。

中身はというと、錠剤自体がとても小さく女性、年配の方でも飲みやすい設計です。
結構緑っぽいニオイがします。

で、大きなポイントとなるミドリムシパワーをより実感できるように、相性の良い有胞子性乳酸菌とクロレラをベストバランスで配合しているのだそうで。

確かにこれを飲んでから寝付きと寝起きが良くなったと思います。

しかも、これは効果か分からないですが、飲み会前に飲むと酔いにくいということも発見しました。

ウコンドリンクよりもこちらを選びますね。

しばらく続けてみようと思います。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook