「★★★☆☆」カテゴリーアーカイブ

病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【テクノロジー】Altra Halo

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

アメリカで近未来的なガジェットが開発されました。

その名も『Halo』。
センサー内蔵のランニングシューズです。

スクリーンショット 2015-03-05 9.35.20

 

アメリカ人のランニング好きは広く知られていますし、テクノロジーの発展も目覚ましいというのは周知の事実。

そう考えると今更感もありますが、構造を知れば知るほど近未来的なのです。

使い方は至って簡単。
シューズと専用に用意された腕時計(Ridge)を使って測定します。

インソールの部分に付いているセンサーが、足にかかる負荷や、力の入っている部分を計測、それがRidgeに送られます。

すると、データで自分の走り方のクセが可視化できるのです。
走っている時の姿勢が悪いと、様々な部位に負担がかかります。
特に股関節には、体重の実に10倍もの負荷がかかると言います。

健康のために運動しているのに、逆に身体を傷めることに繋がってしまうんですね。

jog①

発売時期はまだ未定ではありますが、今年中には北米を皮切りに販売開始になる見込みです。

それまで待てない!というあなたには、【テクノロジー】ライフログを簡単管理「UP24」で紹介している
Jawbone UP24 by JAWBONE JP ライフログ リストバンド 活動量計」を試してくださいね。

ランニングが趣味の方。発売日までAltra Haloを頭の片隅に置いて、是非ご検討を。

・Altra Halo/予定価格 180ドル(シューズ)

・iFit Ridge/予定価格 120ドル(腕時計)

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【テクノロジー】健康コックピット

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

少し前の話になりますが、 12/3~5に東京ビッグサイトで開催された 半導体専門の展示会「SEMICON JAPAN 2014」で、シャープが驚くべき製品を発表して話題を集めました。

それが「健康コックピット」です。

 

テクノロジー①

 

その名の通り、一見飛行機のビジネスクラスの座席かと思うようなデザインですが、
座るだけで健康状態が測定できるスグレモノなのです。

実際に座ってみると、体重や血圧、血管健康度が瞬時に分析され、眼前のモニターに映し出されます。
ちなみに、血糖値やリラックス度合いなどの測定項目も追加できるそうです。

さらに、本機による測定結果をデータベース化し、クラウドサービスを利用し、
医師やカウンセラーとモニターを介したコミュニケーションも取れるなど、
家庭でも病院さながらの受診が受けられるようになります。
医療機関でのIT化は進んでいますが、医師が現場にいないと対応できない場面は数えきれないほどあります。
その最たるものが診察です。

大きい病院になればなるほど、待ち時間は増えますが、
高齢者の方は薬局で薬を買うよりも医者に診てもらって薬を処方してもらう方が安上がりなので、少しでも具合が悪くなると病院に行くそうです。(私の祖父に聞きました)


しかも、通院友達なる人も出来るようで、コミュニティとしての役割も果たしているようなのです。
ますます病院に行きたがる人が増えてしまうでしょうね。
高齢者の例を取ってしまいましたが、以前、緊急外来のとあるスタッフのブログで、軽度の症状でも緊急診療を受ける人が増えてしまい、本当に必要な人の処置が後回しになることがあるので止めて欲しい、という記事がありました。

救急外来では夜間・休日に24時間体制で急病の患者さんを診察していますが、受け入れる基準として、

・生命を脅かすような重篤な患者さん
・入院 又は手術を必要とするやや重症度の高い患者さん
・緊急の外来治療を必要とする患者さん
内科系 、外科系(ケガされたなど)

と定めている医療機関が大半です。
しかしながら、微熱や深爪程度で深夜の緊急外来を利用する人もいるのだそうです。
もちろん個々のモラルにも問題がありますが、あらゆる場所で気楽に自分の症状を受信できる環境が整えば、このようなケースも減るかもしれません。

健康コックピットの普及によって、限られた数しかいない医者が、効率よく診療を回せる可能性があるのです。

 

テクノロジー②
最初は抵抗のある方も多いかもしれませんが、例えば、バーチャル受診なら受診料を割り引くなどすれば、健康コックピットに流れる人も増えるのではないでしょうか。
今後の日本の課題となる膨大な医療費の削減にも一役買ってくれそうです。
既に2014年11月からシャープ社内の事業所にも導入しているようです。
今後はフィットネスクラブや介護施設でよく見られるようになるかもしれませんね。
今後の普及が非常に楽しみです。

 

テクノロジー③

 

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダイエットの強い味方!?シルクフィブロイン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

今日は一風変わった素材をご紹介したいと思います。
日本語で言うと『絹』、かつてはその流通量の多さからシルクロードという名前が付くほど有名だったシルクを基にした『シルクフィブロイン』です。
シルクなんて食べれんの?消化が悪そう。。と思った人も多いはず。はじめは私もそうでした。

ですが、その消化が悪いことを逆手にとることで、驚くべき効果が期待できるのです。

後ほど詳しく話すとして、まずはシルクフィブロインについて詳しく見てみましょう。

 

シルク①

 

不思議なシルクフィブロイン

シルクフィブロインとは、絹に含まれるフィブロインタンパク質と呼ばれるものを特殊な製法で抽出したものです。

実は私が目指してる人々の健康寿命を延ばすことを大いに関係があるのですが、それは事項で詳しく見ていきましょう。

絹は人体を構成する全てのアミノ酸を含み、皮膚を構成するコラーゲンと親戚です。
ご存知の通り、人体にとってアミノ酸はガソリンのようなもので、活動する上で無くてはならない存在です。
ですが、アミノ酸だけで何種類もあり、包括的に摂取出来るものも限られるため、サプリメントなどでの補給が望ましいtされています。
その中でも、シルクフィブロインは、90%が人の肌と同じアミノ酸から作られているので、とても肌に優しくなじみがよいとされているのです。

次は具体的にシルクフィブロインの素晴らしい点について触れましょう。

シルクフィブロイン3つのすごポイント

①血中アルコール濃度を下げる

これには絹に含まれるアラニンが重要な役割を担っています。
アラニンはアミノ酸の一種で、絹3割近く含まれています。これが体内に摂取したアルコールの分解を助けてくれるのです。

20年ほど前から行われているマウス実験で、絹加水分解物を摂取したラットが、摂取していないラットと比べて血中のアルコール濃度が低くなっていることが確認されています。

 

シルク②
②血中コレステロール濃度の上昇抑制

アラニン同様、シルク構成アミノ酸の過半数を占めるグリシンについても、魅力的な研究結果があります。
グリシンを多く含む食品は血中コレステロールを低下させる作用があるのです。
これは、高血圧や脳卒中の防止にもつながります。
ちなみに、大豆タンパク質にも同様の効果が認められますが、
フィブロインの方がはるかに強い影響を与えることが分かっています。

 

③体内の余分な脂肪を体外に排出する

この部分が一番のおススメポイントです。
シルクフィブロインは給脂性多孔質という性質を持ち、体内の余分なコレステロールや脂肪を吸着して、体外に排出してくれるのです。
ダイエットに効果的と言われる所以です。

 

ですが同時に価格も高く、セラム シルクフィブロイン 10g×30包 なんかは一万円以上もします。

ダイエット製品は金をかければいいというものではありませんが、他のもので効果が感じられなかった人は、一度シルクフィブロインを試してみる価値はあるのではないでしょうか。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

オシャレで優雅な紅茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

健康的な飲み物のイメージと言えば、日本人が大好きな緑茶ですよね。
以前、こちらの記事でも緑茶の素晴らしい効能についてまとめました。

ですが、その緑茶に負けず劣らず優秀な飲み物があるんです。

それが「紅茶」です。
イギリスでは「万能に効く東洋の秘薬」なんて呼ばれていますね。

実は、みなさんが何気なく飲んでいる紅茶ですが、これから猛威を振るうことになるインフルエンザをも抑えてくれるというのです。

今回はそんな紅茶のすごい話、行ってみましょう。

紅茶カテキンに驚き!

まず紅茶を語る上で製法は外せません。

紅茶の原料となる茶葉は「アッサム種」といわれる種類が 一般的です。この茶葉自身に含まれる酵素の働きで、カテキンなどを発酵させて作ります。

あの紅茶の素晴らしい香りは、この発酵によって作られているんですね。

言わずもがな、カテキンは抗菌作用から脂肪燃焼効果まで、幅広い効能が確認されており、アメリカの国立ガン研究所を初め、日本の大学で数多くの研究実績があるのです。

最近ではノンカフェインの刺激の少ないタイプも多いので、高齢の方や子供までどの年代の人にも受け入れられています。

インフルエンザを抑える

さて、冒頭でも少し触れたインフルエンザを防ぐという話に移りましょう。

前述のカテキンの他に、紅茶に含まれるテアフラビンは強い抗酸化力を持ち、殺菌効果が確認されています。

このテアフラビンがインフルエンザウイルスの活動を抑制する成分と言われているのです。

普段生活している分には気になりませんが、銅像が酸性雨でサビて行くように、人間の身体も歳とともにどんどん酸化が進んで行きます。

これが老化と言われる現象なのです。


紅茶を飲んでテアフラビンを摂取することで、その酸化のスピードを緩めることが可能なのです。

ですが、紅茶にミルクなどを入れてしまうと、テアフラビンがタンパク質と結びついて、抑制作用自体が抑えられてしまうようなので注意して下さい。

また、緑茶と同様に、紅茶うがいも風邪予防に効果的。
でがらしの紅茶でも同じく効果的だというのも緑茶と同様です。美味しく飲んで、残りはうがいに使う、などすると有効に使えますね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook