「★★★★☆」カテゴリーアーカイブ

ダマスクローズが決め手!バラのサプリメント

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

あなたのニオイは大丈夫?

皆さんは体臭、口臭予防を何かしているでしょうか?

ガムや制汗スプレーなどのCMの影響もあり、ニオイに敏感な人が今まで以上に増えてきてますし、
多くの方が自身の体臭や口臭が気になるという調査結果もあります。

実は私も、若い頃からニオイには敏感な方でして、制汗スプレーやらミンティアやらを持ち歩かないと人と近くで話すのが不安でした。。

対策するのは面倒いんだけど、それを上回る他人に嫌われたくない精神。

元々面倒臭がりやなので、出来ることなら体質改善をしたい!
とずっと思っていました。
前述の方法だと、表面的に香りを付けても、根本は変わらないので、暫くするとまた気になってくるんですよね。。

いわば香水みたいなもの。

今回の題材は、体の中から匂いを変えていくというサプリメントを紹介しますが、これは私の人生の中でかなり驚きの発想でした。

体内から悪臭が出るなら、原因を元から絶てばいいんです!

身体からバラの香り!?

原因を元から絶つってことは、言い換えれば体内にニオイの成分を取り入れて、発汗の際に汗臭いニオイの代わりにいい香りをさせるということ。

消臭効果が期待される成分としては、シャンピニオンが有名ですが、オシャレにマスキングしたいもの。

そこで、今回ご紹介するのが、バラのサプリメントです。

成分はほとんど油なのですが、袋を空けた瞬間、
ぶわーっとバラの香りが鼻に襲いかかってくるあれです。

女性芸能人にも愛用者が多いと聞きます。
何でも、香水と違って、自然なニオイが良いのだとか。

 

クレオパトラも愛したダマスクローズ

最後に、具体的な商品として「エンプレスローズ」というサプリメントをご紹介しておきます。

このサプリメントで使われている「ダマスクローズ」は、バラの中でも、ひときわ香り豊かな種です。

エンプレスローズ」は100%ピュアローズを使用しています。

ものによっては、人工的な独特のニオイが気になる場合もあり、
私過去に試した商品は、身体から芳香剤のニオイがしたり、
油が入りすぎていたのか、
飲んでから胃がもたれたりと、散々な目に遭ってきました。

それだけに、「エンプレスローズ」に関しては別だと断言出来ます。

実際飲んでみると、速攻で鼻に抜けるバラの香り。

一時間も経たないうちに落ち着きますが、一度部屋から出て戻るとほのかに香るバラの香りが

どうやら、自分がそのニオイに慣れてしまっていたようです。

二ヶ月で3,990円なので、かなりお買い得と言えるでしょう。

 

で、更に嬉しいのが、一日一粒で効果が実感できる点です。

通常、他のバラサプリだと2粒設計が多いので、どうしても1粒よりも飲みにくいんです。

配合成分を見てみると、

サフラワー油・オリーブ油・ローズオイル・ローズヒップオイル・抽出ビタミンE・被包剤(ゼラチン・グリセリン)

とあります。

一番配合量の多いサフラワー油・オリーブ油は増量剤と言って、
カプセルの中身を増やして、形状を保つ役割を担っています。

このサプリはソフトカプセルタイプなので、入れなくてはならない成分です。

その次が「ローズオイル・ローズヒップオイル」と続きます。

他の商品を既にお持ちの方は、見比べてほしいのですが、多くの製品には「ローズウォーター・〜香料」という文字があるはずです。

それが純粋なバラ抽出成分ではない証拠となるのです。

また、食品の表示において、配合量の多いものから記載すると法令で定められているので、「ゼラチン」などが最初に来ている場合は、ローズの配合量が少ないということです。

エンプレスローズ」においては、形状安定の為の増量剤でしたが、モノによっては、かさ増しのために入れている場合も多々あります。

本当に良いサプリは、開発経験のある人でも、ぱっと見での判断が難しいので、ご自身で信用できるソースを確保しておくことも、賢い消費者になるための一歩かもしれませんね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

マカで漢を上げられるのか検証

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

バイアグラより効くって本当か?

 

社会人になると、自分より年上の先輩方と付き合う機会が多くなります。
特に5、60歳代の人と飲みに行くと、たまに、ナイトライフの話に花が咲くことも。。

で、この前「俺は最近マカに頼りっきりだよ。あれはバイアグラよりすごいぞ。お前も困ったら使ってみろ」とマカのサプリメントを渡されました。

その後、こっそり使ってみましたが、正直ドンキホーテの謎ブランド精力剤の方が効いたような・・

以前からマカについては気になっていたので、この機会に調べてみました。

 

 

EDの原因とは

調べるにあたって、まずはEDの根本原因を確認しました。
割と知られている通り、一言で言えば血管の機能不全による血流障害です。

だとすると、血流のよくなるように有酸素運動を行い、
食生活を見直してしっかりEPAやビタミンEを中心とした栄養を補給すれば、改善に向かいそうです。

つまり、EDの原因は「生活習慣の乱れ」にありそうなことが分かってきました。

 

マカには質の高いデータが存在しない!?

驚くべきことに、これだけ「マカ=精力改善」という認知がついていながら、それを判断する為の質の高いデータは不足しています。

確かに、民間薬として昔から使用されてきたり、男性機能が改善したという報告はあるのですが、決定打に欠けているようです。

ネットの広告やCM、男性誌の煽りなどで、知らず知らずの内に認知が付いてきたのでしょう。

もちろん、医者が処方してくれるバイアグラやシアリス等の医薬品よりも効くことはなさそうです。

結局、何が漢を上げてくれるの?

 

ここまで読んでくださった方は、じゃあ一体何が効くのよ!
漢を上げさせてくれよ!

と思っていることでしょう。
具体的な成分で言うと、アルギニンとビタミンE、血行を良くするイチョウ葉などが有効です。血流の改善が、あなたの勝負を助けてくれることでしょう。
また、亜鉛なども有効です。
亜鉛は、多くの酵素の働きをサポートしており、その数は300にも上るそうです。

これが不足してしまうと、体内の300カ所の代謝が止まってしまうということなので、男性機能にも影響が出るのは至極当然のこと。
サプリで摂取しようとするなら、これらが含有されているものを選ぶのがおススメです。

ということで、本当は教えたくないのですが、このブログをご覧の男性諸君にだけ、こちらの EDiSON エディソンの存在をお教えします。

実はこの商品、数々の伝説を生み出しておりまして、

販売元のD○Cのお偉いさんが、この主原料の「サンサム」を試したところ、その効果に感動し、トップダウンで商品開発を進めたという話や、韓国のとある大企業の社長が、この商品に惚れ込んで、出回っているサンサムを買い占めたといった話が耳に入ってきています。

で、私も早速試してみたわけですが、正直驚きます。
もう、マカの時代は終わってくるのではないでしょうか。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

不足も過剰も危険!鉄の力

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

なくてはならない”鉄”の力

社会人の方は忙しかったりストレスが溜まったりした時に、クラっとしたり、身体が重いと感じたことはないですか?

もちろん様々な理由が考えられるのですが、特に女性は「鉄不足」が原因であることが多いのです。

鉄は、赤血球に含まれるヘモグロビンの材料になり、全身に酸素を運ぶ働きをしています。

さらに、細胞中のミトコンドリアでエネルギーを作り出すこともできます。

この鉄が不足すると、酸欠の状態になったり、食べ物を取り入れても、エネルギーに変換できないため、先のような身体の不調を引き起こしてしまうのです。

運動している人、例えば長距離を走る人は、足の裏の血管を通る際に赤血球のダメージが大きくなりやすく、鉄の消耗が激しいとされています。

なので、スポーツをしている方、ジョギングやウォーキングを日常的にする方も、鉄は摂取しなくてはならないのです。

おススメはヘム鉄!

ひとえに鉄と言っても、実は鉄には二種類あります。
それが「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」と呼ばれるものです。

「ヘム鉄」は肉や魚などの動物性食品に多い吸収性の高いものです。

ヘム鉄とは、鉄がむき出しではなく、ポルフィリンという分子にくるまれており、胃や腸にかける負担が少なく、副作用なども起こりにくいと言われています。

一方、「非ヘム鉄」は日頃我々が摂取している野菜や穀類などに含まれる吸収性の低い鉄のことです。

実は、一般に日本人が食事から摂取する鉄の85%以上が吸収率の低い非ヘム鉄なのが現状です。

日々の食事でもサプリメントで摂る場合にも『ヘム鉄』を摂るのがおススメです!

知らないとヤバすぎる!過剰摂取の危険性

鉄を摂った方がいいのは分かっていただけたかもしれませんが、
過剰摂取もかなり危険なのです。

数あるサプリの中で、摂り過ぎが危険なものの一つが鉄なのです。

摂り過ぎによる被害は枚挙にいとまがありません。

吐き気、下痢などの比較的軽度な症状から、動脈硬化、高血圧、心疾患、糖尿病などの発症の要因となった症例も紹介されています。



その点「ヘム鉄」は過剰摂取を防止することもできます。

酵素の一種であるヘムオキシゲナーゼで、吸収量を調節していますので鉄の過剰摂取の心配がありません。

ヘム鉄は身体に優しい鉄素材なんです。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダイエットの味方 D-プシコース

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

希少糖とは?

私たちが毎日のように何かしらで触れている”糖”。

一口に糖と言っても多くの種類があり、その中には自然界にわずかしか存在しない糖もあります。

その”希少な糖“の中に 「D-プシコース」と呼ばれる糖があります。

近年研究が進み、がん細胞の増殖を抑制する作用、糖尿病や動脈硬化の予防作用、活性酸素の生成や脂肪合成を抑える作用など、次々と新たな機能が発見されています。
 
 
また、食事と共に摂取することで、食後の血糖上昇や脂肪の蓄積を抑えてくれるため、苦痛なダイエットの手助けをしてくれるカロリー制限模倣物質として期待されているのです。

 

まるで魔法のような成分ですよね。


これまで希少糖の中でも、Dプシコースを商品化、販売していたのは米国の企業だけでした。
 
 
元々、純度が低く価格は1グラムが約7万円もしていたのを、一挙に98%の高純度で円程度にまで押し下げることに成功したのです。


それ以降、供給量は右肩上がりになってきます。


既に国内外から引き合いがあり、同製薬所では数年で億単位の売り上げを目指しているといったことから、今後注目株の成分なのです。 


先日の健康博覧会でもD-プシコース関連のブースは賑わっていました。
既に商品化も進んでおり、スーパーでもD-プシコースの文字が踊っています。
ハーブ4



D-プシコースの機能・効用


D-プシコースは抗生物質・プシコフラニンという成分から単離され、命名されました。

当量のスクロース砂糖の主な主成分のわずか0.3%のカロリーしかエネルギーとして利用されないという特徴があります。
砂糖の7割程度の甘味がありながら、カロリーはほぼゼロ。

さらに「内臓脂肪の蓄積を抑える」「動脈硬化になりにくい」といった研究結果が報告されています。

甘いものを食べながら(我慢をせずに)糖尿病や肥満を予防できる素材として、ダイエッターだけでなく、多くの人が恩恵を受けられる可能性を秘めた成分です。

 

菊芋1

 

 

国民の3割以上が肥満として有名なアメリカでは、急ピッチでD-プシコースの活用研究が進んでいます。

アメリカのテキサス大学とNASAが共同で行った実験によると、
宇宙船内のストレスに対する免疫増強や、放射線ダメージを防御する効果も確認されたそうです。

その他にも、インシュリン分泌作用、動脈硬化を防止する作用などがあることから、病気の治療薬としての活躍も期待されています。

 

各方面で、様々な効果が報告されているD-プシコース。
今後、目が離せない素材になりそうですね。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook