「★★★★☆」カテゴリーアーカイブ

その健康食品の摂り方間違ってます!①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

健康食品と言われる商品は数多くあります。

食品を調理してそのまま摂取するものからサプリメント、ドリンクにゼリーなど・・

ですが、摂取の方法によって、せっかく食べてもほとんど効果のない場合も数多く存在します。
このコンテンツでは、比較的勘違いしている人が多い健康食品の摂り方を解説して行きます。

 

間違っている人が大半!菊芋の食べ方

菊芋と言えば、天然のインスリンと呼ばれる、糖尿病患者には引く手数多の植物です。
糖尿病と菊芋の話

この商品、味を付けた方が食べやすいということで、市場では漬け物にされた商品が多く出回っています。

私も食べたことありますが、食感も味も非常に美味しいんです。

ですが、糖尿病を改善したいと思っている人にとっては、漬け物で摂取することほど意味のないことはありません。

一般的に血圧を下げる効果があるのは、「イヌリン」と呼ばれる成分です。

医者に菊芋をおススメされるのも、菊芋をとり始める人のほとんどの理由もこのイヌリンを豊富に含んでいることが理由です。

実は、このイヌリンというのが水溶性の物質で、漬け物などにすると水分として流れ出てしまいます。

つまり、漬け物に漬けた菊芋本体ではなく、汁の方にイヌリンが流れ出てしまうのです。

ラーメンじゃないんだから、漬け物の汁を飲み干す人はいませんよね?ということは、イヌリンが全く摂れてないということなのです。

菊芋の食感が好き!という奇特な人は中々いません。
というかそれならジャガイモで十分。

おススメの摂り方は「きんぴらごぼう」です。
理由は、イヌリンが流れ出ないことに加えて、一緒に使うゴボウにもイヌリンが含まれている点。
最大限にイヌリンを摂取できる理想の組み合わせなのです。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

この酸っぱさがやみつきに!アセロラの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

ロングセラーのアセロラドリンク

最近ではアセロラの認知もかなりついてきました。
アセロラドリンクに始まり、ゼリーやサプリ、最近では「ふんわり鏡月 アセロラ」なんて商品も出ていますね。

ビタミンCの含有が多いことから、健康志向の方が好んでいるイメージですが、あの独特の酸っぱさがやみつきになったりもします。

特にアセロラドリンクは、ニチレイが1986年に発売してから30年以上もの間ロングセラーを続けています。

※ちなみにAmazonがマジで安いです

実は、清涼飲料業界全体で1年間に新商品が1000から1200商品登場しています。

昔はCMとかバンバンやってたのに、最近見てないって商品ありますよね?新商品が出て、翌年まで生き残るのは多くて3つ程度と言われています。

つまり、ずーっと売っている商品ってのは、選抜も選抜、世界代表クラスの奴らってことなんです。

本日はアセロラについて詳しく見て行きましょう。

ビタミンCといえばアセロラ

アセロラといえばビタミンCが有名ですが、その含有量が最大値となるのが成熟期、いわゆる『早摘み果実』と呼ばれる時期です。
この淡緑色の時期は、赤く熟れた成熟期の1.5倍のビタミンCを含有していると言われており、市場に出回るのは大体この早摘み果実です。

ちなみに前述したロングセラーのニチレイ アセロラドリンクの場合、100mlあたり50mgのビタミンCを摂取することが可能だそうです。

さて、このビタミンいっぱいアセロラですが、ドリンクにするにあたって問題点が一つあります。

普通は摘果後すぐにミキサーにかけられて液状化されるんですが、生で食べるのは非常に躊躇われるほどの酸っぱさ。

もちろん液状になってもその特徴は変わりません。
そのまま生絞りじゃ飲めないってことです。

じゃあ市販のドリンクは、どうしてるかっていうと、飲みやすくするために砂糖を多く入れることになります。

一本飲むくらいなら全く問題はないのですが、過剰摂取には注意が必要です。

 

ポリフェノールとビタミンの黄金コンビ

 
アセロラドリンクには、ビタミンだけでなくポリフェノールも含んでます。

熱帯の植物は高温で強い紫外線が降りそそぐ過酷な環境下で成長していくため、生き延びる術としてポリフェノールのような抗酸化物質を多く含むようになるのです。

このポリフェノールは「抗酸化物質」と呼ばれ、体内に発生する活性酸素を除去し、老化や疾病を予防してくれます。

アセロラ内のポリフェノールは「アントシアニン」です。

これは目に良い成分であると同時に、体重増加抑制機能も報告されています。

ニチレイの研究によると、元々美肌サポートには不可欠なビタミンCに加えて、ポリフェノールが含まれていることが、非常に肌にとって有益だと証明されています。

メラニン産生細胞の培養液中にアセロラ果汁を添加したところ、メラニン生成量を有意に抑えることが確認できたと言います。

さらに、アセロラ果汁からビタミンCを除去したもの(アセロラポリフェノールを抽出)をメラニン産生細胞の培養液に添加した場合も同様に、メラニンの生成抑制作用が認められたのです。

つまり、ビタミンとポリフェノールのダブル効果であなたの美容をサポートしてくれているのです。

多くの可能性を秘めたミラクルフルーツ、あなたも続けてみてください。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

中国の奇跡!烏龍茶がすごい

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

脂肪の吸収を抑える

昔、中華料理のアルバイトをしていたことがあるのですが、とにかく中華料理というのは油を使います。

料理一皿ごとに、巨大なレードル並々の油を何度も入れこみ、見ているだけでお腹いっぱいになるほど。
これを体内に摂取するのか・・・と思うと中華料理を食べることがはばかれるくらい、当時の私には衝撃的でした。

 

 

中華料理のお供と言えばウーロン茶。
特に黒ウーロン茶は脂肪の吸収を抑えてくれます。

あるメーカーのトクホ商品で多くの方に刷り込まれていると思いますが、具体的にどれほど効果があるのかご存知でしょうか?

緑茶に引き続き、ウーロン茶についても効果効能のほどを紐解いてみましょう。

緑茶と烏龍茶の意外な関係

 

具体的にお話しする前に、まず、緑茶と烏龍茶の製法の違いから簡単に解説します。
初めて知った時には驚いたのですが、緑茶も烏龍茶も紅茶も原料の葉っぱは一緒です。
その中で烏龍茶は茶葉を発行途中で加熱するという半発酵という製法で作られます。
これによって、カテキンが幾重にも重なり、ポリフェノールが発生します。

このポリフェノールが、非常に高いダイエット効果や様々な健康効果をもたらしてくれるのです。

ポリフェノールのすごい話

 

ここで、ダイエットの例を挙げてみましょう。
ご存知の通り、烏龍茶のカロリーは0カロリーです。
しかし、烏龍茶をコップ一杯分ほど飲むと、約40カロリーほど消費してくれます。
脂肪1gは大体9カロリーほどと言われているので、コップ二杯も飲めば、約10gほど脂肪が減る計算になります。
微量ではありますが、実は飲むだけでカロリーマイナスになるという夢のような飲料なんです。

ただし、脂っこい料理を食べていないのに烏龍茶を飲み過ぎると、身体に必要な脂質も体外に排出してしまう可能性もあるので、過剰摂取にはくれぐれもご注意を。

その他にもポリフェノールは活性酸素を除去する抗酸化の働きがあるので、アンチエイジング効果も期待できます。
余談ですが、烏龍茶を茶葉から入れる場合のポイントは、
茶葉を入れた急須に熱湯を入れた後、一分間くらい蒸らすことです。
 
バイトの時に教えてもらったのですが、確かにこの方が香ばしい薫りが際立ち、味が締まります。
 
自家製派の方は是非試してみてください。
 
 
 
 
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

日本に生まれてよかった!緑茶のすごい話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人は緑茶が大好き

日本に住んでいて、緑茶を飲んだことがない人はいないでしょう。

子供の頃、おばあちゃんがおやつと一緒に出してくれたり、レストランで夏はよく冷えた冷茶、冬はあったかーいお茶が出てきたりと、生活には欠かせない存在になっています。

そういえば、私の通っていた小学校ではお茶うがいが風邪予防になるということで、12月になると、水筒に入れて持って行ってました。

日本国内での緑茶の消費量は年間86,733t(平成25年)にも上り、紅茶やウーロン茶の5倍にもなります。
その9割ほどが国内での生産量で、地域によっては農家の重要な稼ぎ頭でもあります。

お茶の歴史は遣唐使が往来していた奈良・平安時代まで遡ります。

最澄(さいちょう)、空海(くうかい)、永忠(えいちゅう)などの留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の始まりとされています。

その後、織田信長や豊臣秀吉が千利休と共に茶道を嗜むようになり、それが江戸幕府の重臣たちの間にも広まり、最終的には一般市民にも広がっていったとされています。

驚くべきことに現代ではお茶に関する法律まであります。

その中には

第九条(お茶の文化の振興)
国及び地方公共団体は、お茶の文化の振興を図るため、お茶の伝統に関する知識等の普及その他必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

と言った条文もあり、お茶が日本の伝統文化としての重要な役割を担っていることが伺えます。

ここまですごい!緑茶カテキンの実力

お茶にはカテキンを始めとして、様々な成分が含まれていますが、そのどれもが身体にとっていいものばかりです。
まずは代表的なカテキンの効能について書いてみると。
体脂肪低下作用
抗酸化作用
抗菌作用
口臭予防(脱臭作用)
抗インフルエンザ作用
血圧・血糖上昇抑制作用
がん予防

これだけで十分飲みたくなりますよね。

日常的に緑茶を摂取している人とそうでない人を比較すると、病気になる確率もだいぶ違うようです。

他の成分も侮れない

有名なカテキン以外の含有成分も優秀です。

例えば、緑茶特有のうまみ成分がテアニンです。
これは脳内でドーパミンと呼ばれる神経伝達物質を増やす働きがあり、精神をリラックスさせ、過食を防ぐ働きがあります。

緑茶を飲むとほっとするのは、このテアニンの影響でしょう。

他にもご存知カフェインは疲労感や眠気の除去や持久力増加、更には二日酔いを助けてくれますし、虫歯予防にも役立つフッ素も入っています。

もっと詳しく知りたい方は、茶ガイドというサイトに詳しく載っていますよ。

感覚で分かると思いますが、有効成分は一杯目にもっとも多く含まれます。
健康にいいからといって、出がらしを使い続けていると、実は有効成分がほとんど入っていないなんてことになりかねないので、注意しましょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ハチミツの王様 マヌカハニー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

ニュージーランドのマヌカハニー

私は大学生のころ、ニュージーランドに短期留学したことがあります。

 

緑が多く、ゆったりとした時が流れる素晴らしい国でした。

老後にはあんな国で暮らしてみたいとずっと考えています。

 

さて、そんなニュージーランドで有名なのが「マヌカハニー」です。
お土産として販売されるだけでなく、現地の家庭にも深く浸透しており、パンのお供や調味料として愛されています。

 

 

マヌカハニーという呼び名は、このハチミツがマヌカというニュージーランドにのみ自生する樹木の花から採れることに由来しています。

 

ニュージーランドの先住民「マオリ族」もこのマヌカの葉を煎じて薬にしたり、外傷の治療薬として利用していたようです。

 

しかも、採取できる期間は年間通して4週間ほどしかなく、とても貴重です。

 

マヌカハニーが持つ驚きの3つの力

さて、マヌカハニーの概要をご説明しましたが、具体的に何が健康や美容にいいと言われているのでしょうか?

 

 

1、腸内環境の改善
我々の身体には有益な働きをする善玉菌と、その逆の悪玉菌が存在します。
マヌカハニーは悪玉菌のみを攻撃して減らし、善玉菌を活性化させるという働きが確認されています。
いずれかの働きをする食品は何種類かありますが、双方に効果がある食品というのは珍しいです。

 

2、美肌効果
1と同じ原理で、マヌカハニーの摂取は善玉菌優位によって、ニキビなどの肌荒れが起きにくい肌の状態へと変えてくれます。

また、保湿効果もあるため、潤いも与えてくれます。3、虫歯と歯周病を防ぐ虫歯は治りますが、歯周病は歯茎の根本からやられてしまう恐ろしい病気ですが、マヌカハニーの抗菌作用は、こんなところにも効果を発揮します。既にマヌカハニー配合の歯磨き粉【マヌカハミガキ】のど飴が開発されています。

 

本当は教えたくない!認定証付きの王道マヌカハニー

今回は私が買っているアクティブマヌカハニー UMF15+ 250g ハニーバレーをここだけでご紹介しちゃいます。

 

ニュージーランド土産のテッパンなので、実はあまり教えたくはないのですが。。笑

実はこれ、ニュージーランドに行った時には必ずお土産として買ってきていたもの。

 

日本でも買えると知った時には感動でした!

 

マヌカハニーの特徴は普通のハチミツの数倍はあるとろみと、
のどに若干つっかえるほどのコク、そしてピーナツクリームのような濃〜い茶色。

 

 

通常のハチミツと比べると、色の違いがよく分かります。

 

 
初めて口にした方は、予想以上のコクに驚くことでしょう。
その独特な風味に恐ろしくハマっていくのです。

 

私は美味いからリピートしちゃうんですが、
人によっては、喉の痛みに効果があったり、口内炎や花粉症が治ったという報告もあります。

 

値段的には高いですが、普通のハチミツには戻れなくなる中毒性がありますよ!

 



 

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook