「★★★★★」カテゴリーアーカイブ

名成分 コエンザイムQ10

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

コエンザイムQ10とは?

私たちは、食事から摂った栄養素をエネルギーに変えることで毎日元気に活動しています。

では、何がエネルギー生成に寄与しているかご存知ですか?

実はコエンザイムQ10という成分がその役割を担っています。

コエンザイムQ10は、体内に約60兆個もある細胞のほぼすべてに存在し、生命維持には欠かせない成分なのですが、食事から摂取するほか、ヒトの体内でも合成することができます

 

摂取すれば元気が出てくる?

コエンザイムQ10は一日に30mgまでの摂取が目安です。
これは医薬品の上限になるので、飲み過ぎないように注意して下さい。

コエンザイムQ10で検索すると、あるブログで一日の摂取量は300mgと謳っていた信じられないサイトがありました。

過剰摂取でなにか副作用が起きたという事例も報告されていませんが、ネットの情報はアテになりませんね。。
他のサプリでは、摂取しすぎると副作用が出る場合もあるので、このようなウソの情報を見破る目を持っていただきたいものです。

コエンザイムに関しては、実感力は確かなので、100mgまでは飲んでも問題ないでしょう。(ただし自己責任で!)

 

また、表記の仕方にも注意が必要です。
以前、100円ショップで売っていた商品では、コエンザイムQ10末60mgと記載してありました。

その割に一番多く配合されているのは『麦芽糖』『乳糖』、すなわち糖分です。
 
 
ん?これはおかしいんじゃない??

ってここで気づいていただきたいのです。

通常は『コエンザイムQ10』と記載されるはずですので、かなり稀釈したものなのでしょう。
100円ショップで売っている他の商品でもこの傾向はよく見られます。
金出して糖分を摂取するくらいなら、マクドナルドで100円コーヒーでも飲んだ方がマシってもんです。
消費者の皆さんは売り手に騙されずに、良いものを見極める目を持ってください。

ところで、コエンザイムQ10は、不足していた人が、一日目安の摂取量を摂ると、途端に元気が出てくることもあると言われています。

実は、個人的に一番実感力があるサプリメントだと思っています。

特に、運動・睡眠が不足している人や、最近歳を感じる人にはぴったりかもしれません。

 ゴーヤ3

摂取するのはかなり大変

コエンザイムQ10は、年齢とともに減少して行きます。

特に、活発に動く器官では、減少が著しいと言われています。

その割に、食事から摂るのは大変で、
牛肉なら約1キロ、イワシで約6尾、ブロッコリーはなんと約3.5キロも食べなければなりません。

 

しかし、十分な睡眠やバランスのよい食事で、十分な数のコエンザイムQ10を生成することも可能です。

 

コエンザイムQ10は食事で摂った栄養素を用いて、肝臓で作られるのですが、食事の種類を増やし、十分に睡眠を取れれば、自製分で十分賄えます。

 

 

多忙な人はサプリで補給が○!!

前述した通り、今回のコエンザイムQ10に関しては、しっかりとした食生活と睡眠で不足分を解消できます。

 

本当に多忙で寝る間もないくらいの人だったら、サプリで補うのもありでしょう。

 

時間のないビジネスマンでどうしてもサプリに頼る場合は、空腹時よりも脂肪の多い食事と共に摂取するとより吸収率が高まると言われています。

 

ですが、頑張れば生活習慣を改善できるような人はサプリに頼らないのがベターです。

 

特に食事において「ビタミン」と「ミネラル」はコエンザイム生成のキーとなる成分なので、積極的に摂りましょう。

 

ビタミン・ミネラルの人気レシピ

 

しっかり、健康を意識した食事を摂りましょうね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

赤ワイン100杯分!!注目のレスベラトロール

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

フレンチパラドックス

 

「フレンチパラドックス」という言葉を知っていますか?

これは、フランス人が相対的に喫煙率が高いうえ、肉が主食の高タンパクな食事を摂取しているにもかかわらず、
動脈硬化になる割合が比較的低いことからできた語源のことです。

多くの学者がこの理由を解明しようと研究が勧められてきましたが、その過程で発見されたのが、今回ご紹介する「レスベラトロール」です。

レスベラトロールという成分はポリフェノールの一種で、寿命延長作用の研究が行われています。
酵母、ハエ、魚類などでその作用が実証され、2006年には「Nature」にてヒトと同じ哺乳類であるマウスの寿命を延長させるとの成果が発表されています。
赤ワインが、何となく健康に良さそうだとどこかで耳にしたことがあると思います。

赤ワインにはレスベラトロールを始めとした抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれており、
その抗酸化作用によって、活性酸素の働きを抑え細胞の肌の老化・乾燥肌の防止に役立つのです。

またポリフェノールの持つ殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。

さらに、脂肪分が多めの食べ物と一緒に摂ると、脂肪分の吸収を妨げるため、肥満防止にもなると言われています。

しかし、ワイン自体は健康にいいのですが、一日の摂取量は決まっており、一日2杯ほどにしておかないと、ガンなどの発生リスクが高まるとの研究発表もあります。

しかし、良い成分があるのは確かなので、ノーリスクな摂り方はないものか。。

そんな時にはサプリの出番なのです。

 

成分だけいいとこ取りすればいい

読んで時のごとくですが、効率的に自分の期待する効果を得られる成分だけ取れればいいって話です。
例えば、仕事であるサプリメントの企画書を通さなければいけないとします。
この場合のゴールは企画書を通すことですよね?

いくら自分の中でそのサプリの知識があったとしても、
商品の説明だけでは承認されないと思います。

要は、その企画書のどこを見られるのか、ターゲット層なのか、実感力なのか、それによって企画書の作り方も全く変わってきます。
これを先ほどの話に置き換えると、レスベラトロールという強力なポリフェノールそのまま取れれば、飲む必要がなくなりますよね。

赤ワイン100杯分のレスベラトロール

断言しましょう。
ワインを毎日飲むよりも、サプリで栄養素を取るのがベストです。
おススメなのは一日分で赤ワイン約100杯分のレスベラトロールが配合されているような配合量にこだわったサプリメント。

 

配合量も重要で、至適量(最良の健康維持が期待できる量)10mgに対し、を越えるのが一つの目安。

また、前述した抗酸化防止のポリフェノールも豊富に含まれているとさらに良いです。

サプリメントは配合次第では、比較的安価に作れてしまうため
しっかりした工場で生産していない業者も一定数存在します。
当然品質管理なら製薬会社が行き届いています。
頼むなら、安心・安全・本物のメーカーで。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

美容の女王 プラセンタ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

美容といえば”プラセンタ”

美容に関心のある人なら、一度はプラセンタという成分を聞いたことがあるかと思います。

美容面では、古代エジプトの女王クレオパトラも利用していたほか、「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャの医者ヒポクラテスも治療に使用していたようです。

さらに中国・唐の時代に生きた楊貴妃、フランス王妃マリー・アントワネットまでもが若さと美貌を保つためにプラセンタを愛用していたともいわれています。

ID-100225186

日本製と外国製の大きな違い

日本で言うプラセンタは、胎盤由来の成長因子や他の栄養素を抽出したものです。

しかし、外国で言うプラセンタの概念は日本と異なります。

例えば、デンマークのプラセンタは、子宮部分を含んだ箇所までをプラセンタと表しているため、実際に美容に効く成分がほとんど入っていない場合もあります。

外国産プラセンタで価格が安いものは、ほぼ間違いなく子宮部分が大半を閉めていると言っても過言ではありません。

配合量のカラクリ

さて、純正のプラセンタが入っているので、これは良さそうだ、しかも配合量もかなり多いぞ!

という商品があるとします。

確かに、配合量が多ければ、その分実感力も高まります。これは間違いない。

ですが、よく商品を比べてみると、粉末換算とエキス末(原料)換算という二つの換算方法が目につくはずです。

並べてみると、確実にエキス末換算の桁が違います。

これは少ない配合量でも、単位を変えることで、量を誤摩化しているということです。
本当は1gで大したことないのに、「1,000mg配合!!」と謳っているのと同じです。

しかも、エキス換算にすると、希釈率も誤摩化せてしまいます。

コーヒーを例に取ると、粉の分量は同じでも、お湯を多く入れて薄めれば、コーヒーの量自体は増えますよね。

プラセンタのエキス換算もそれと同じで、少ないプラセンタ純末でも、薄めればエキス換算にした時に量が増えるというカラクリです。

市場を売れているプラセンタほど、過剰に配合量を多く見せている傾向があるのは残念なことです。

最近、日本健康栄養協会という組織が、数多くの粗悪品が出回ることを懸念して、プラセンタの基準を策定しました。

今後は、認定された商品には「JHFAマーク」が付くことになります。

スクリーンショット 2015-03-07 22.12.39

これによって、良質なプラセンタ商品を簡単に見分けることが出来るようになります。

先日もその説明会に行ってきたのですが、全力で応援して行きたいと思っています!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

巷で話題の酵素の誤解

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

 酵素って本当に効くの?

最近、市場を見渡すと、様々な種類の酵素サプリやドリンクが登場していますね。

酵素よりも更に踏み込んだ「生酵素」なんて言葉も出てきています。

ですが、本当に酵素を含んでいる商品はどれくらいあるかご存知でしょうか?

恐らく、全体の1%にも満たないのではないかと思います。

理由は、製造過程の熱処理で必ず酵素を「殺す」という工程が必要とされているから。

特にドリンクに関しては、清涼飲料水として販売するには「法令で65℃以上の熱処理を加える必要がある」と明記されており、
このフローを踏んでいないと発売できないことになっています。

世に出ている商品の名前が「酵素〜」とか「〜酵素」となっているのは、商品名にあえて「酵素」というワードを含むことで薬事違反を回避しているのです。

そもそも大前提、酵素を体内に取り入れるのは非常に危険です。
もし、酵素をコップの中に入れたとしたら、中で暴れてコップを割ってしまうくらい何をしでかすか分からない物体なのです。

そんな危険なものを体内に入れたいですか?
だから、熱処理で殺す必要があるのです。

酵素商品を体内に取り入れる理由

では、酵素の含まれていない商品を飲んでも何の意味もないのでしょうか?

そんなことはありません。

実は人間の体内にある消化酵素と代謝酵素の働きを助けてくれるのです。

消化酵素・・・料理人
代謝酵素・・・ウエイター

と考えてみましょう。

人間が食物を食べると、消化が始まり、ここで料理人である「消化酵素」が出てきます。

続いて、消化(料理)されたものは、栄養分として全身に運ばれます。この時に出るのが「代謝酵素」。

製造過程で、既に料理が済んでいるのが、酵素ドリンクなのです。

極端に言うと、「消化酵素を出す必要がほとんどないので、速攻で全身に栄養分を行き渡らせることができる」ということです。

例えば、よく代謝が悪くて痩せれない、という話を聞きますが、
それは「代謝酵素」が上手く働いていないからです。

代謝酵素の動きが悪くなる原因の一つに、消化酵素にエネルギーを使い過ぎるということがあります。

つまり、消化酵素を省エネ化出来れば、結果的に代謝も良くなるということです。

結局何を取り入れればいいの?

はい、前置きが長くなりましたが、私のおススメは生酵素 60粒です。

生酵素 60粒のいい点は、酵素粒にしては最高級の222種類という素材の多さ

酵素商品はダイエット目的の方向けだというイメージが強いですが、野菜不足の人にこそ飲んでもらいたいのモノなんです。

野菜ジュースとか飲むよりも、様々な栄養素が摂取できるのがサプリの強みでもあるので、素材の多さはかな〜り重要です。

あとは、何と言っても、価格の安さです。

ちなみに生酵素 60粒は1,530円。
類似品には8,000円を越える商品もある中、非常に安価です。

これは、粗悪だから安いのではなく、一般的に酵素商品は低コストで製造できる場合が多いという背景があります。

酵素のサプリに関しては、1,500〜2,500円くらいが適正値だと思います。

この生酵素 60粒は値付けもしっかりしているからこそおススメできるのです。

健康的な体を目指す方は、是非試してみては?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook