「★★★★★」カテゴリーアーカイブ

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンという言葉を聞いたことはありますか?
サプリメントだけでなく、化粧品にも配合されている人気成分です。

アスタキサンチンは緑黄色野菜やサケのような見た目が赤色の生物に含まれています。

当然アスタキサンチン自体の色も鮮やかな赤色です。

この成分、研究が進むにつれて様々な効果効能が確認されており、関連商品が数多く出回っています。

今回は二記事に分けて、アスタキサンチンの素晴らしさをまとめていきます。

歯医者と外科医はアスタキサンチン

私の友人で歯科医がいるのですが、アスタキサンチンのサプリが歯科医の間で大人気だと聞きました。

歯科医は仕事中は一点を凝視する為、知らず知らずの内に眼精疲労が溜まるそうです。

アスタキサンチンには、血液の流れを良くする働きがあり、疲労物質を早く押し流し、新鮮な酸素や栄養を目に届けて、疲労回復を助ける働きがあります。

パソコン仕事の方や外科医の方で、サプリなどに詳しい人も日常的に摂取していると聞きます。

 

 

通常、脳と目は生命活動を維持する上で、最も重要である為、その中に入れる物質は限られています。

しかし、アスタキサンチンはデリケートな脳や目の中にまで入り込むことができ、ダイレクトに働きかけることが出来るのです。

実際に、眼精疲労の症状を訴える健常者にアスタキサンチン6mgを4週間摂取させたところ、調節機能の改善と自覚症状の改善が確認されたとの臨床結果があります。

さらに、ピント調節力の改善に伴い、肩こりや目の奥の痛みが改善したという報告もあるくらいです。

 

美肌効果も!?まだまだあるアスタキサンチンの作用

さらに、アスタキサンチンは美肌にも効果があることが確認されています。

シミの原因となるメラニン色素を抑えることができ、美白効果も期待できるのです。

化粧品でもFUJIFILMの「アスタリフト」などが人気のようです。

完全には防げないまでも、付けているかどうかで結果に大きな違いが出るようです。

余談ですが、ミスユニバースの合宿で出される食事にも、鮭が頻繁に登場するそうです。

美容とアスタキサンチンは、切っても切れない関係のようですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【コラム】忘年会を乗り越えるためのたった3つのコツ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

12月も半月以上を終え、今年も残すところ10日となりました。
皆さんはこの一年間、目標に向かって前進出来たでしょうか?

私は昨年から、元旦に今年実行したいことリストを書いているんですが、見返して見ると意外と実現しているものです。

可視化すると、自分の欲求がよく分かりますし、脳への刷り込みも出来るのでおすすめですよ。

さて、今年を締めくくる行事と言えば、忘年会です。

実は私も、今週は週6で飲むという鬼のような予定を経て、
既に肝臓が悲鳴を上げています・・・

ですが、サプリや健康に関する勉強をしたおかげで、酒での失敗や二日酔いをかなり避けることが出来るようになりました。

今回は、次の日にお酒を残さないために、シーン別で3つの方法をお伝えしたいと思います。

1、【飲む前】ウコンは錠剤で飲む

理由は単純。
ウコンドリンクに比べて、サプリメントなどの錠剤の方がクルクミンが多く含まれているからです。

クルクミンはウコンに含まれるポリフェノールの一種で、肝臓の病気・アルコールの大量摂取を原因とした病気などへの効能が期待されている栄養成分です。

こちらの記事でも紹介してますが、ドリンクにする場合は、飲みやすい味に調整する必要があるため、
天然甘味料などの添加物を含む必要があります。

すると、本来多く入れたいクルクミンの分量を減らさざるを得ないのです。

酒への耐性を強めるためにウコンを摂取しても、量が入っていなければ、水を飲むのと変わりません。
少しでもクルクミンが多く含まれている商品を選びましょう。

2、【飲んでる時】飲んだ分量と同じだけの水を飲む

個人的には飲み会中にこれを意識するだけでお酒の失敗はかなり減らせると思います。
通常は酔っぱらっている人に対して水を飲ませることが多いと思いますが、
それでは時既に遅し、という状態なのです。

一杯目のビールを飲んだら、一杯水を飲む。
頼むのが気まずければ、トイレに立った時にでも店員さんに一杯の水をもらいましょう。

結局、血中のアルコール濃度を薄くできれば、酔わずに済むのです。

これをやっておくと、酔いにくくなるばかりか、次の日にも酒が残りにくくなります。

このシーズンは平日の飲みも増えるはず。
ですが、仕事は普段通り取り組まなくてはいけないのが大人。

間違っても、次の日二日酔いで仕事にならなかったということがないようにしましょう。

3、【飲み終わり】ビタミン・ミネラルの補給

アルコールを摂取すると、肝臓でアセトアルデヒドの分解が始まります。
一般的に酒に強いとされる人は、この分解能力が優れているのですが、この過程で、ビタミンがどんどん使われていきます。

二日酔いの朝はグレープフルーツジュースがいい、なんていう話がよく出ますが、ビタミン補給が回復を手助けしてくれるというのが理由です。

ですが、次の日に補給してしまうと、既にビタミンが不足した状態なので、
飲み会の最後の一杯はグレープフルーツジュースにしたり、飲み会終わりにマルチビタミンのサプリメントを飲むと良いでしょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【コラム】プラセボ効果のウソホント

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

プラセボ効果とは

「プラセボ効果」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

別名を「偽薬効果」と言い、本来効くはずのない薬を投与したにも関わらず、病状が回復に向かったり、治癒する現象のことを指します。

具体的な事例では、ノンアルコールビールなのに、普通のビールだと言われて飲むと、本物そっくりの味とニオイで脳が錯覚を起こし、酔った気になったり、自分は出来るという自己暗示の結果、実力以上の成績を残したという話もプラセボ効果の一例です。

※もっと詳しく知りたい人はNEVERまとめのこちらの記事

医薬品やサプリメントの開発段階では、製品の効き目を実証するために、デンプンや乳糖など、実際は効き目のないものを対象薬としたカプセルや錠剤を造り患者に投薬します。

この実験を行うと、両方の製品で効果が出てしまうので、プラセボと比べて確実に効果があると判定された商品だけが市場に出回るのです。

占いは負のプラセボ効果

ところで、個人的に私は占いが好きではありません。
大体の占いは、誰にでも当てはまる、ありきたりなことを言っているだけです。
例えば、「あなた最近嫌なことがあったでしょう?とか最近、大きな変化がありましたね?」という会話。

これって生きていれば、大なり小なり毎日に変化がありますよね。

自分の一週間を振り返るだけでも良いこと・悪いことって同じくらい起きているはずです。
私ごとですが、昨日、結構な人数の前でイベントの進行役を努め、大盛り上がりに終わりましたが、夜に飲み過ぎて具合が悪くなりました。

これで、前日とかに「あなたは明日運気が下がる日です」とか言われていたら、二日酔いのところばっかりフォーカスされちゃいますよね。

逆もしかりですが、人間というのはネガティブな面に敏感に反応してしまいます。


で、占ってもらったらもらったで、何か起きないか気になって仕事とかプライベートに集中できなくなるので、始めから聞きたくないってことです。

占いを信じ込む人は素直な方が多いと思いますが、ぶっちゃけ未来を予知できる人なんてほとんどいないので気にしないのが一番ですし、
嫌なことが起きる度に、自分が不幸の星に生まれたなんて思ってしまうこと自体が不毛です。

 

プラセボ効果はどこまで効果があるのか

ここで一つ疑問が湧きます。
思い込みによるポジティブなプラセボ効果を治療に応用できないのか、ということです。
これに関しては、昔から多くの製薬会社や病院で実験が繰り返されてきました。

結論から言うと、プラセボのみの治癒効果は期待できません。

理由はプラセボが人による差が大きいことです。
ある人はプラセボで病気が治癒するかもしれませんが、たまたまその人自身が持つ潜在免疫力が優れているからかもしれないので、そのまま転用しても効果は望めません。

一方、薬は可能な限り多くの患者に効果が出るように作られています

実は病院で渡される薬も、似たような患者で多くの効果のあった薬を処方されます。
もちろんここで、診察が間違っている可能性もあります。

ですが、大体の患者が治った実績があるので、勝率の高い薬でひとまず様子を見るのです。
これが分かっていれば、医者の診察があんなに短期間なのが分かりますよね。

その事実を知らなくても、多くの人は医者の処方してくれた薬は効くと思い込んでしまうので、半分は薬・もう半分はプラセボで治っていることも多いはずです。

医療関係を中心に色々なところでプラセボ効果は応用されているんですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

自然の贈り物 プロポリス

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

バリ島での一件

去年の夏、私は彼女と長期休暇を利用して、バリ島に行きました。

一週間ほどの長い滞在だったので、ゆったりとバカンスを謳歌していたのですが、突然、彼女が体調不良を訴え、寝込むことに。
熱と喉の痛みが酷いということで、手持ちの日本の鎮痛剤を飲ませましたが、喉の痛みが引かず、辛そうでした。
そこで、何とかしなければ!と現地の薬局に買い物に行くことにしたのです。
私はインドネシア語は話せませんが、バリ島は外国人だらけの観光地なので、英語が通じる店員さんが相手をしてくれることに。
そこで、簡単に症状の説明をしたあと、勧められたのがプロポリスだったのです。

知らないと危険なプロポリス

その商品は薬というか、プロポリス100%の錠剤だったのですが、
成分表示を見て、これは危ないなと直感的に感じました。
 
 
というのも、プロポリスは健常者でもアレルギー反応が出る場合があり、

喉の痛みに効く反面、事故の例も多く報告されているからです。


多くの場合は好転反応ですが、血流が良くなりすぎて心臓に負担がかかる場合もあります。

特に体力が低下している際には大量の摂取は危険視されるのです。



 

 
 
今回は、土地柄マラリアやデング熱の場合もあると考えると、
強過ぎる現地の薬は危ない、と判断したのです。
 
 
帰国の頃には、彼女の熱も無事下がり、その後の検査でも異常はありませんでした。
 
 
 

ですが、思い返せばあの時に成分の知識がなければ大惨事になっていたかも知れません。

 

でも、やっぱりすごいプロポリス

上記でプロポリスの危険性を述べてきましたが、あくまで海外での話です。
普通に摂取する分には、むしろプラスの効果が期待できます。
というのも、プロポリスを摂取することで、あらゆる面での免疫力がアップするからです

プロポリスに多く含まれているのは赤ワインに多く含まれるポリフェノールとビタミン・ミネラル、そしてフラボノイドです。

 

プロポリスは元々、ミツバチが色々な木々や樹液から成分を採取し、そこにミツバチ自身の唾液を加えたもの。

すなわち、完全に人の手の加えられていない天然由来の成分なのです。

含まれる成分は実に数百種類にも上ります。

そして、プロポリスによって巣をガードしたり、無菌や一定の温度に保っているのです。

また、プロポリスは代替医療に使用されることも多くなっており、現代の科学によっては理解できない超越的なメカニズムで効果を出すこともあるようです。

プロポリス製品は数多くありますが、その中でもイチオシのサントリー プロポリス+セサミンEを紹介します。

 

まずこの商品の特徴は、厳選したプロポリスを使用している点。
プロポリス自体は珍しいブラジル産が採用されています。

唐突に、ブラジルのミツバチが出てきましたが、理由は取り巻く厳しい環境にあります。

ブラジルのように木々が鬱蒼と生い茂る大規模な森の中で暮らして行くには、様々な外敵から身を守る必要があります。
結果、ミツバチ達は、事前にパワーのあるプロポリスを作り、防御を固めることになるのです。

その高品質なプロポリスに加えて、別記事でもご紹介したセサミンもプラスオンされていますので、若々しさを保つためにも一役買ってくれそうです。

 

また、のどが痛い時にはこちらのアメもおススメです。

 

栄養分たっぷりのニュージーランドのハチミツの王様 マヌカハニーも入っていて、味はもちろん、効果も抜群!(あくまで私の感想ですが)

中々店頭にも並んでないので、いつもAmazonで買ってます。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

実は一番不足気味!ビタミンとミネラルの重要性

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

水とビタミンとミネラル

人間の身体は、胎児で体重の約90%、成人で約60%が水で満たされています。

これらの中には、栄養を身体の隅々まで運ぶ血液や、細胞内にある細胞液が含まれ、絶えず新しい水と入れ替えられています。

また、体温の調節にも一役買っていて、暑い時には皮膚から汗が蒸発し、皮膚表面の温度を下げてくれます。

熱が出た時には汗をかけ、というのも汗をかくことによって体温を下げる狙いがあるのです。

水分は我々の健康にとっては必要不可欠のものであり、どこかの企業のキャッチコピーのように、まさしく水と生きているのです。

ですが、いくら新鮮な水を摂取していても、それに栄養素が含まれていなかったり、上手く吸収されていなかったとしたら?

間違いなく、身体に支障をきたすことでしょう。

今回は、体の中で行われている代謝や造血を一手に引き受けている、ビタミン、そしてミネラルについての記事です。

必須ビタミンとは

突然ですが、ビタミンの中にも格があることをご存知でしょうか。

ビタミンA,B6,C,D,E,K,ビオチンにパントテン・・・

これだけあると、どの成分が何に含まれていて、どれだけ摂取すればよいかを計算するのは非常に面倒。

生来面倒臭がりな自分は、やらないと死ぬよ、くらい言われないとやらないと思います。。

しかし、そんな中でも、優先度の高い必須ビタミンと呼ばれるものくらいは覚えておいた方がよさそうです。
必須ビタミンは水溶性と脂溶性に分けられます。

まず、水溶性ビタミンは、ビタミンB1、B2、B6、B12、と別名を持つナイアシン(B3)、パントテン酸(B5)、葉酸、ビオチン、ビタミンC です。

葉酸とビオチンもビタミンB群と総称されることが多いので、
ビタミンCとビタミンBn仲間たちは水溶性、と覚えれば良いでしょう。

これらは、摂りすぎると尿と一緒に排出されます。

一番想像しやすいのは、尿が黄色くなった時は、ビタミンCの摂り過ぎだということでしょう。

余談ですが、ビタミンCが多く含まれている食事やサプリを摂取しても尿が黄色くならない時は、かなり疲れが溜まっている可能性が高いです。

身体がいつも以上に不足している栄養分を欲しており、尿として出るまでに全て吸収されてしまうからです。

一方、脂溶性はビタミンA、D、E、Kです。

少ないので、そのまま覚えてしまいましょう。
どこかのサイトには「脂溶性はDAKEダケ」と覚えよう、と書いていました。
これは強烈なので、直ぐに覚えられそうですね。




これらは摂りすぎると内蔵などにどんどん蓄積されてしまう為、過剰摂取の注意が必要です。

特にAとDは、過剰摂取による被害がよく報告されています。

ビタミンは他のビタミンやミネラルと相互協力しあって、効率よく働く傾向があります。

中には、ビタミンの力を借りなければ吸収すらされないミネラルも有るのです。

店頭やインターネット上では、よく「マルチビタミン」という名前がついたサプリメントを目にします。

これは、メーカーの「ビタミンとかの成分が一杯入っているからお得ですよ!」
という宣伝文句に使うためではなく(その場合もあるかもですが・・)、実は理にかなっているのです。

マルチビタミン&ミネラル

実は私もビタミンのサプリを毎日飲んでいます。
不足しやすいのと、摂取量の計算が面倒なのが理由です。

実は、今飲んでいる商品に辿り着くまでに、結構な数のマルチビタミンを試しました。
成分の分析をしつつ何社か試していたのですが、
これはいいかも!と思ったものが、実は合成物を使っていたり、
風のウワサで誤表記をしていると聞いたり、とにかく理想の商品に出会うまで時間がかかりました。

てなわけで、今納得して飲んでいるのはキューピーの元気セブン

一度に30種類の栄養素が摂れるほか、個装なのも嬉しいポイントです。

一日の目安量が分かりやすいのは、続ける秘訣でもあるので。

また、キューピーは自社で研究所も持っている為、原料の良さは折り紙付きです。

の割には初回のお試し品が1,980円ってのは、中々アグレッシブだと思います。

しっかりした原料を使っている「マルチビタミン&ミネラル」は、原価が高くなりがちです。

ベースサプリとしては、「マルチビタミン&ミネラル」が一番おススメです。

続けていると、体調が回復してくるのがよく分かるので、一度試してみるとよいでしょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook