ネットワークビジネス系のサプリメントは本当に優れているのか①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ネットワークビジネス

皆さんはネットワークビジネスという言葉をご存知でしょうか。
起源はアメリカの訪問販売から派生した口コミによるプロモーションと言われていますが、
上手く行えば少ない広告費で大きなリターンが期待できます。

日本でも都内中心に外資系企業を中心にネットワークビジネスが浸透してきました。
実は私も何度も勧誘を受けています。

会社の稼ぎだけでは飽き足りない人が、副業で稼ぐ一つの手段としてよくフィーチャーされています。

はじめ、この仕組みを知ったときは、考えた人は天才だなーと思いましたが、
すぐに、上位の一部の人しか儲からないという仕組みの不平等さと、
商品そのものではなく、立派なケースや化粧品箱に金をかけているモノづくりに疑問を持ってしまったのです。

今回は、ある意味パンドラの箱であるネットワークビジネスのサプリの品質について、
自分なりにまとめて行きます。

私の立場はネットワークビジネスを推進したり、否定する立場ではないので、悪しからず。

主要成分を比較してみた

早速、通販で某社のサプリを購入してみました。

今回の比較は常に飲んでいるビタミン・ミネラル配合のサプリメント。

公平を期す為に、普段飲んでいない商品(A)を購入しました。
そのお値段1,600(税抜)円。
一方のネットワークビジネスサプリ(B)は何やら立派な専用ケースが付いていて、
サプリ自体も真空パックにガッチリ入っていました。
これは、気合いの入り具合では、完全に(B)に軍配が上がりそうです。
そこで、(B)の方で栄養機能を謳っている、ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンEについて比較して行きます。

ビタミンC
・(A)300mg

・(B)200mg

ビタミンB1
・(A)3mg

・(B)2.8mg

ビタミンE
・(A)26.9mg

・(B)18mg

※一日当たりの二回摂取するという(ネ)の分量を基準に算出

??

値段的に高いはずの(B)の商品の配合量が少ないようです。
意図的に(A)が多いように思われると心外なので、他の成分も書いておきます。


・(B)7.5mg
・(A)12.2mg

カルシウム
・(B)600mg
・(A)420mg

マグネシウム
・(B)100mg
・(A)344mg

ビオチン
・(B)90ug
・(A)90ug

もうそろそろいいでしょうか。。

一部、配合量が多い部分があるにせよ、ほとんど成分含有量が変わらないか、
少ないかというのが現状です。

価格を高くしてパッケージを高級に着飾っても、成分に違いがなければ、大きな差別化要因にはなりませんよね。

高いものを飲んでいるから効くはず!というプラセボ効果は期待できるかもしれませんが・・

さて、比較してみればその違いに誰もが納得すると思います。
ですが、実際に商品を勧められる時には、ここが上手くごまかされているため、
騙されてしまう人が多いのも事実。

次回は、ここのカラクリについて書いてみたいと思います。

私はあくまで中立の立場ですが、ネットワークビジネスやってる人は気分を害するかと思いますので、(以前この話をしたらブチ切れられた)
見ない方がいいかもしれないのでスルーしてくださいね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook