ハッピーバリライフ②〜マッサージ編〜

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

 

さて、前回はバリのコテージについて記載しました。

今回はバリ島のマッサージ事情についてです。

 

ID-100233569

 

 

アジア圏に旅行に行ったことがある人なら、日本の半額以下でマッサージを受けた経験がある人もいるでしょう。

 

私はマッサージが死ぬほど好きなので、日本でも定期的に通っています。

日本の相場は大体「1時間2,900〜8,500円」くらいでしょうか。

(ちなみに日本人がマッサージしてくれる1時間2,900円の店は私が知っている限り、銀座や新宿にあるからだ屋さんくらいです)

結論からいうと、バリでは安ければ1,000円以下でマッサージが受けられます。

 

ID-10070504

 

 

1週間も滞在すると、気づけば足裏マッサージ3回、ボディーマッサージ2回とか行っているわけです。

 

あー歩き疲れた。。お、マッサージある!ちょっくら寄るか、っていうパターンですね。

 

肝心な腕は、というと、これは本当にピンキリです。

 

プロだと思って身を任せていると、平気で背中に全体重をのっけてきたり、肘鉄みたいなことをやってきたりすることも。。

しかも笑いながら・・

 

 

 

ID-100268454

 

運悪くハズレを引いてしまうと、次の日に揉み返しや打撲となって身体に返ってきます。。

 

ということで、私の経験則から腕のいいマッサージ師を見分けるコツをお伝えします。

 

これで、コスパ最高のマッサージを受けることができる・・かも!

 

<腕の良いマッサージ師とは>

①年配の人

→単純に長年やってきている方が多いです。
バリ島のマッサージ店では、20歳以下の女性が担当になることも珍しくないのですが、若さに流されず、人生経験豊富そうなマダムを選びましょう。
完全に主観ですが、小太りの方のほうが、何故か気持ちいいです。

 

②爪がしっかり切ってある人

→当然かと思いますが、以外としっかり手入れをしていない人が多いです。
これに当たると、痛くて寝れないほどなので、深爪しているくらいの人を探しましょう。

バリ8

 

③呼び込みじゃない人

呼び込みを行っている人は、先に述べたような若い女性が多い傾向になります。

良く観察してみると分かるのですが、ベテランの人たちは中に待機している傾向にあるので、呼び込みの人にそのまま施術が行われる場合は、混雑時が多いのです。

逆に、それだけ人数のいるマッサージ屋なら、上手な人も多いということなのでしょう。

 

 

以上の3点を念頭において人選をすれば、外す確率を低くすることができるでしょう。

 

最初から人を選べる店はほぼないのですが、呼び込みの人に最初にこういう人が良いと伝えておけば、高い確率で良いマッサージ師を当てがってくれます。

 

バリ島で素敵なリラクゼーションタイムをお過ごしください!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA