病人じゃなくても食べたい!おかゆの話

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日は久しぶりに横浜中華街に行ってきました。

夜に友人との会合があったので、その前にぶらぶらと時間を潰していたのです。

 

で、前から話には聞いていた謝甜記二号店に行ってみました。

本店よりもこちらが人気だと聞いていましたが、確かに美味い!

名物のお粥はもちろん、サイドメニューの唐揚げの存在感もさすがです。

 

②

 

 

 

1

 

 

お粥って消化にいいし、栄養分もしっかり摂れるんですよね。

個人的には、昔入院して三ヶ月くらい永遠にお粥を食べたことがトラウマになっているので、好んで食べれませんでしたが、ここでトラウマ解消された気がします。

 

さて、今回はお粥の3つの効能について書いてみましょう。

 

低カロリー

 

おかゆといえば一番最初にイメージするのがこの低カロリーという特徴ではないでしょうか?

ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう人は、一食おかゆに置き換えるだけで、無理なくカロリーを抑えることができます。

ダイエット中の人にもおかゆは有効なのです。

 

0010035306O-1920x1280

 

栄養吸収が良い

 

栄養吸収が良い点も見逃せません。

通常のご飯と異なり、水分を多く含むおかゆは、大腸まで水分を届けてくれ、身体の中から潤してくれます。

また、おかゆは消化しやすいので、一緒に野菜などを入れると、消化のエネルギーをそちらに回すことができます。

結果、効率的に栄養分吸収ができるのです。

 

また、二日酔いなどで胃腸の調子が悪いときも、回復のために積極的に食べるのがオススメします。

 

肌荒れの原因は、加齢と飲み過ぎなどによる内臓への負担が主因なので、次の日は消化の良いおかゆで内臓を休ませてあげましょう。

 

延寿の効果

 

おかゆは、禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど身体にいいとされています。
【参考】粥有十利(しゅうゆうじり)

禅寺の食事は、「粥有十利」への信仰から、昔から1日2食のうち、1食はおかゆを食べていたそうです。

上記に述べたような様々な効果があるということは、結果的に延寿にも効果が見られます。

病気のときや歳を取ってからではなく、今日からおかゆを毎日の生活に取り入れてみませんか?

 

アヲハタ おかゆ4種 8食入り[白がゆ2食、梅がゆ2食、玉子がゆ2食、鮭がゆ2食]

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA