【解説】機能性表示食品に係る届出に関するガイドライン④

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

機能性表示の解禁からちょうど一ヶ月が経ちました。
このブログでも過去何回かに渡って機能性表示関連の話をしてきましたが、実際に動き始めると当初と印象が変わりますね。

5/8時点で、届出が受理されたは21商品まで増えてきました。
届出自体は100以上されたことを考えると、承認率は20%弱といったところでしょうか。

目立つのは脂肪燃焼系の成分とヒアルロン酸

脂肪燃焼系ではトクホでもお馴染みの『難消化性デキストリン』が目立ちますね。
食後の血糖値が気になる方に、脂肪の吸収を抑える、と言えるわけです。

キリンの『生茶』、『パーフェクトフリー』などが難消化デキストリンを使っています。
一方ヒアルロン酸は「皮膚の水分量を高める効果」について言及しています。
キユーピーや森下仁丹がヒアルロン酸関係の商品を出していますね。
上記の同成分に関して提出された論文はほぼ同じものだと推察されます。
例えば、キユーピーが他社に研究論文を売れば、買手側も同じ効果効能を言えるわけです。

原料メーカー側でもビジネスのタネが一つ増えるってことですね。
早々に受理された商品は、6月初旬には店頭や広告で見かけることになるでしょう。

 

受理されても安心できない

届出番号A8の蹴脂粒の関与成分が問題となっています。
これはリコムという会社が出した商品で、エノキタケ抽出物という成分がトクホで安全性が問題視され、商品化に至らなかった過去があります。
にも関わらず、機能性表示だと通ってしまったのです。
機能性表示の元々の目的は、企業の責任において、届出を行うこととなっており、トクホのように国主導で許可を出すことではありません。

新聞記事には行政がしっかり介入すべきだと書いてありますが、
正確性とスピード感とのトレードオフになるので、市場拡大のためにやむを得ないところもあると思います。

色々動きが出てきて健康食品業界も面白くなってきました。
業界に携わる身として、この動きが日本人の健康寿命を延ばすための一助となればいいと思っています。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA