【ガジェット】ガン発見装置Miriam

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人にとって、昔から恐ろしい存在であるガン。

私の実家も代々ガン家系なので、いつかは闘病の可能性がある恐ろしい病気という意識がありました。

 

皆さんご存知の通り、ガンは早期発見がカギです。

現代医学においては、軽度のステージで発見することが出来れば、生存率は飛躍的に上昇します。

精密検査も日進月歩で正確性が向上しています。

 

ですが、精密検査には時間がかかりますし、病院嫌いの方にとっては検査自体がおっくうだという人も多いはず。

 

今回のガジェットはそんな方に朗報をもたらす製品です。

 

 

ガン発見装置Miriam

 

2014年、Miroculusという会社がMiriamというデバイスを発表しました。

このMiriam、何と最短一時間でガンの可能性をチェックすることが出来るというのです。

スクリーンショット 2015-03-28 16.54.45

出典:miroculus.com

 

患者はまず、自分の少量の血液サンプルを採取します。

それを、特殊な96の穴があけられたプレートに注入。

穴内部は生化学物質で満たされており、この成分が血中に含まれる“マイクロRNA”物質を検出します。

 

この“マイクロRNA”が、ガンの増殖を促進すると言われており、血中に“マイクロRNA”が含まれると血液サンプルが緑色に光ります。

 

更に結果はユーザーのスマートフォンに送信され、クラウドにも保存されます。

 

この積み重なったデータもそのうち医療データに統合され、一人一人の状況に応じた治療を行うことができるようになるでしょう。

医療もオーダーメイドの時代になってきますね。

 

ちなみにMiriamは3Dプリンターで成型され、円筒形の形状をしています。

3Dプリンターによる大量生産が可能なので、コストも安く抑えることが出来るのですね。

 

Miriamは既にアメリカ、ドイツなどで臨床実験が開始されており、今後他の国にも拡大する予定です。

 

一日も早く日本にも導入して欲しいものですよね。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA