歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンという言葉を聞いたことはありますか?
サプリメントだけでなく、化粧品にも配合されている人気成分です。

アスタキサンチンは緑黄色野菜やサケのような見た目が赤色の生物に含まれています。

当然アスタキサンチン自体の色も鮮やかな赤色です。

この成分、研究が進むにつれて様々な効果効能が確認されており、関連商品が数多く出回っています。

今回は二記事に分けて、アスタキサンチンの素晴らしさをまとめていきます。

歯医者と外科医はアスタキサンチン

私の友人で歯科医がいるのですが、アスタキサンチンのサプリが歯科医の間で大人気だと聞きました。

歯科医は仕事中は一点を凝視する為、知らず知らずの内に眼精疲労が溜まるそうです。

アスタキサンチンには、血液の流れを良くする働きがあり、疲労物質を早く押し流し、新鮮な酸素や栄養を目に届けて、疲労回復を助ける働きがあります。

パソコン仕事の方や外科医の方で、サプリなどに詳しい人も日常的に摂取していると聞きます。

 

 

通常、脳と目は生命活動を維持する上で、最も重要である為、その中に入れる物質は限られています。

しかし、アスタキサンチンはデリケートな脳や目の中にまで入り込むことができ、ダイレクトに働きかけることが出来るのです。

実際に、眼精疲労の症状を訴える健常者にアスタキサンチン6mgを4週間摂取させたところ、調節機能の改善と自覚症状の改善が確認されたとの臨床結果があります。

さらに、ピント調節力の改善に伴い、肩こりや目の奥の痛みが改善したという報告もあるくらいです。

 

美肌効果も!?まだまだあるアスタキサンチンの作用

さらに、アスタキサンチンは美肌にも効果があることが確認されています。

シミの原因となるメラニン色素を抑えることができ、美白効果も期待できるのです。

化粧品でもFUJIFILMの「アスタリフト」などが人気のようです。

完全には防げないまでも、付けているかどうかで結果に大きな違いが出るようです。

余談ですが、ミスユニバースの合宿で出される食事にも、鮭が頻繁に登場するそうです。

美容とアスタキサンチンは、切っても切れない関係のようですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA