【ガジェット】ガン発見装置Miriam

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

日本人にとって、昔から恐ろしい存在であるガン。

私の実家も代々ガン家系なので、いつかは闘病の可能性がある恐ろしい病気という意識がありました。

 

皆さんご存知の通り、ガンは早期発見がカギです。

現代医学においては、軽度のステージで発見することが出来れば、生存率は飛躍的に上昇します。

精密検査も日進月歩で正確性が向上しています。

 

ですが、精密検査には時間がかかりますし、病院嫌いの方にとっては検査自体がおっくうだという人も多いはず。

 

今回のガジェットはそんな方に朗報をもたらす製品です。

 

 

ガン発見装置Miriam

 

2014年、Miroculusという会社がMiriamというデバイスを発表しました。

このMiriam、何と最短一時間でガンの可能性をチェックすることが出来るというのです。

スクリーンショット 2015-03-28 16.54.45

出典:miroculus.com

 

患者はまず、自分の少量の血液サンプルを採取します。

それを、特殊な96の穴があけられたプレートに注入。

穴内部は生化学物質で満たされており、この成分が血中に含まれる“マイクロRNA”物質を検出します。

 

この“マイクロRNA”が、ガンの増殖を促進すると言われており、血中に“マイクロRNA”が含まれると血液サンプルが緑色に光ります。

 

更に結果はユーザーのスマートフォンに送信され、クラウドにも保存されます。

 

この積み重なったデータもそのうち医療データに統合され、一人一人の状況に応じた治療を行うことができるようになるでしょう。

医療もオーダーメイドの時代になってきますね。

 

ちなみにMiriamは3Dプリンターで成型され、円筒形の形状をしています。

3Dプリンターによる大量生産が可能なので、コストも安く抑えることが出来るのですね。

 

Miriamは既にアメリカ、ドイツなどで臨床実験が開始されており、今後他の国にも拡大する予定です。

 

一日も早く日本にも導入して欲しいものですよね。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【デジタルガジェット】NW-WS615

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

健康に対する意識が今までになく高まってきている昨今。
ランニングが日課、という方も次第に増えてきました。

私は飲み会前で暇な時、江戸城跡地である皇居付近をよくウロウロしてるんですが、昼夜を問わずランナー達が汗を流しています。

知り合いだけでも三人は週2で走ってる人がいて驚きです。

さて、今回のガジェットはそんなランニング好きのあなたにオススメの『NW-WS615』なるもの。
簡単に言うとワイヤレスで本格的な音楽が聴ける代物です。

これだけなら既に出ている商品と変わりませんが、特筆すべきはその軽さとフィット感。

NW-WS615の本体は約37gと小柄ですが、頭部にしっかりフィットしてくれるので、装着の違和感なしで音楽を楽しむことができます。

例えば、iPhone付属のイヤホンはランニングの時はめちゃめちゃ邪魔ですよね。
走っている途中で絡まったり、衝撃でイヤホンが取れたりとストレスもたまります。
NW-WS615①

結局、ちゃんと耳にフィットしているかが気になってしまい、音楽に集中出来なかったりします。

このガジェットは、高音質を保ったままでフィット感も抜群なのです。

爽快な音楽を聴きながら走れば、辛いランニングも少しは盛り上がりますよね。
向上心の強い方は英会話のレッスンを聞いたりするのもグッド。

ガジェットの進歩によって、運動しながらのマルチタスクの幅もどんどん広がってきますね。

なんとNW-WS615活躍の場はランニングの時に限りません。
付けたまま泳ぐことができるほどの防水性を兼ね備えているのです。

連続再生も八時間可能なので、なんなら、アイアンマン(水泳・バイク・ランニング)もこれ一つで乗り切れそうですね。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

歯科医もミスユニバースも!アスタキサンチンの話①

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★★

アスタキサンチンという言葉を聞いたことはありますか?
サプリメントだけでなく、化粧品にも配合されている人気成分です。

アスタキサンチンは緑黄色野菜やサケのような見た目が赤色の生物に含まれています。

当然アスタキサンチン自体の色も鮮やかな赤色です。

この成分、研究が進むにつれて様々な効果効能が確認されており、関連商品が数多く出回っています。

今回は二記事に分けて、アスタキサンチンの素晴らしさをまとめていきます。

歯医者と外科医はアスタキサンチン

私の友人で歯科医がいるのですが、アスタキサンチンのサプリが歯科医の間で大人気だと聞きました。

歯科医は仕事中は一点を凝視する為、知らず知らずの内に眼精疲労が溜まるそうです。

アスタキサンチンには、血液の流れを良くする働きがあり、疲労物質を早く押し流し、新鮮な酸素や栄養を目に届けて、疲労回復を助ける働きがあります。

パソコン仕事の方や外科医の方で、サプリなどに詳しい人も日常的に摂取していると聞きます。

 

 

通常、脳と目は生命活動を維持する上で、最も重要である為、その中に入れる物質は限られています。

しかし、アスタキサンチンはデリケートな脳や目の中にまで入り込むことができ、ダイレクトに働きかけることが出来るのです。

実際に、眼精疲労の症状を訴える健常者にアスタキサンチン6mgを4週間摂取させたところ、調節機能の改善と自覚症状の改善が確認されたとの臨床結果があります。

さらに、ピント調節力の改善に伴い、肩こりや目の奥の痛みが改善したという報告もあるくらいです。

 

美肌効果も!?まだまだあるアスタキサンチンの作用

さらに、アスタキサンチンは美肌にも効果があることが確認されています。

シミの原因となるメラニン色素を抑えることができ、美白効果も期待できるのです。

化粧品でもFUJIFILMの「アスタリフト」などが人気のようです。

完全には防げないまでも、付けているかどうかで結果に大きな違いが出るようです。

余談ですが、ミスユニバースの合宿で出される食事にも、鮭が頻繁に登場するそうです。

美容とアスタキサンチンは、切っても切れない関係のようですね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【テクノロジー】Altra Halo

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

アメリカで近未来的なガジェットが開発されました。

その名も『Halo』。
センサー内蔵のランニングシューズです。

スクリーンショット 2015-03-05 9.35.20

 

アメリカ人のランニング好きは広く知られていますし、テクノロジーの発展も目覚ましいというのは周知の事実。

そう考えると今更感もありますが、構造を知れば知るほど近未来的なのです。

使い方は至って簡単。
シューズと専用に用意された腕時計(Ridge)を使って測定します。

インソールの部分に付いているセンサーが、足にかかる負荷や、力の入っている部分を計測、それがRidgeに送られます。

すると、データで自分の走り方のクセが可視化できるのです。
走っている時の姿勢が悪いと、様々な部位に負担がかかります。
特に股関節には、体重の実に10倍もの負荷がかかると言います。

健康のために運動しているのに、逆に身体を傷めることに繋がってしまうんですね。

jog①

発売時期はまだ未定ではありますが、今年中には北米を皮切りに販売開始になる見込みです。

それまで待てない!というあなたには、【テクノロジー】ライフログを簡単管理「UP24」で紹介している
Jawbone UP24 by JAWBONE JP ライフログ リストバンド 活動量計」を試してくださいね。

ランニングが趣味の方。発売日までAltra Haloを頭の片隅に置いて、是非ご検討を。

・Altra Halo/予定価格 180ドル(シューズ)

・iFit Ridge/予定価格 120ドル(腕時計)

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook