【薬事法•景表法事例集】ハニーワークスの葉潤

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

最近、酒を飲み過ぎると、寝ているときに関節に激痛が走ることがあります。

色々原因を調べると、痛風の症状に似ていることを発見。
足の付け根から痛みが広がると言われているのですが、言われてみれば若干違和感があるような。。

とりあえず、ビールを控えてみようと思います。。

ノコギリヤシ1

 

さて、2/9、葉酸サプリで『痛風改善』などと謳い、健康食品を販売していたハニーワークスの社長ら二人が、薬事法違反の疑いで書類送検されました。

送検容疑は、薬事法の承認前医薬品の広告の禁止、無許可販売の禁止、販売目的貯蔵。

『葉潤』という商品において、自社ホームページで、『尿酸値の減少を約束します』などと表示し、販売し続けていたと言います。

今回問題となった商品は、新聞広告などのオフライン出稿はなく、オンラインのみでの販売でした。
過去には、ヤフーショッピングでの審査においても断られたという経緯もあり、表示内容についてはかなり問題があったようです。

価格設定の内訳も、仕入れ値560円に対して、売値は8,500円。
原価率6.5%です。そりゃあかなり儲かったことでしょう。

ちなみに原材料名は、葉酸、キャッツクロー、EPA、パイナップルエキス、セルロース、
ショ糖エステル、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12

プラセンタのように、めちゃくちゃ高い成分もなさそうです。
高ければ効果があるという心理につけ込んだ売り方ですが、中身が伴っていなければ詐欺と一緒ですね。

ID-100309525

健康食品で数万円するもので、インターネットのみで販売しているような商品は、あえて高い値付けをしている場合も多いです。
よく調べてから購入するようにしましょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA