食後高血糖には小麦アルブミン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

「食後高血糖」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
糖尿病の方や、そのご家族にはなじみの深いワードだと思いますが、その名の通り、食事の後に血糖値が上がる状態のことを指します。

基本的に、食事を取った後は、健常者も含め、血糖値は一時的に上がります。二時間ほど経っても血糖値が低下せず140㎎/dL以上の高い値が続く状態を「食後高血糖」と呼ぶのです。
なぜ、食後高血糖の話題を出したかと言うと、糖尿病の初期症状として現れるケースが極めて多いからです。
通常、血糖値が上昇すると、摂取した糖の量に応じて膵臓から適切なインスリンが分泌されます。

ですが、糖尿病の人はこのインスリンの分泌量が少なかったり、分泌速度が遅かったりと、血糖値を下げる働きが十分でないため、常に高血糖の状態が続いてしまいます。私の知り合いでも、常に血圧が高いので、自分でインスリンを打っているという方もいます。

ですが、自分でインスリン注射を打つのに抵抗がある人も多いはず。そんな方たちに朗報です。小麦アルブミンという成分が高血糖改善に寄与してくれるかもしれません!

小麦1

食後高血圧を抑えてくれる

小麦アルブミンとは、たんぱく質に含まれる水溶性たんぱく質を抽出精製したものです。

さて、小麦アルブミンが血糖値上昇にどのように寄与してくるかについて簡単に説明していきましょう。

小麦2

まず、先の通り、食事をするとでんぷんの消化吸収がアミラーゼという消化酵素によって始まります。

高血圧は、アミラーゼによる血圧上昇>インスリンの血圧を下げる力、が原因で起こる症状なので、これを防ぐためにはインスリンの分泌量を増やすか、アミラーゼの分泌を抑えるかのいずれかの方法を取らなければなりません。

小麦アルブミンは糖質を分解するアミラーゼという酵素の働きを抑えることで、血糖値の上昇をおだやかにしてくれます。

実は小麦アルブミンはトクホ商品にもなっており、その効果は国も認めています。

 

通常の小麦の中には、小麦アルブミンはわずかしか入っておらず、必要量を摂ろうとすると、小麦をたくさん食べる必要が出てきます。
効率よく取るには、サプリメントの形が一番なのです。

4月から解禁される機能性表示においても効果効能を謳いやすい商品になるため、新商品として発売する販社も増えることでしょう。

今後、トレンドになるであろう素材です。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA