【コラム】ターメリックライスを食べながらサイゼリアについて考えてみた

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

昨日、二年ぶりにサイゼリアに行きました。
ニュースで見たことはありましたが、最近のサイゼリアは食事ではなくて、飲みにくる人が多いんですね。

私の隣のテーブルの老夫婦や後ろの席の主婦と思しき2人組も、しっかりデカンタのワインを飲んでいました。

そりゃデカンタ500mlで399円って、デフレ時代とはいえ鬼安ですよ。
居酒屋のビールなんて一杯飲むだけで500円くらいするわけです。ちょっとオシャレなバーなんて行ったら1,000円ぶっ飛んじゃいますよね。
それに比べると、軽いつまみと一緒にワイン飲めて長居も出来てこんなに安い!というサイゼリアが選ばれる理由も分かる気がします。

しかも、ボトルで頼んで残ったらテイクアウトもOK!!
すごいぜサイゼリヤ。
スクリーンショット 2015-01-20 0.17.09

 

でも、ここでなんでワインが安いのか気になってしまいました。

基本的に商品が安く売られる場合は2パターンに分けられるかと思います。

 

①原価が安い
②単独では赤字でも他の商品と合わせてオーダーを受けることで採算を合わせる

①については店舗の他にサイゼリヤが行っているビジネスを知ると十分納得できます。
実はサイゼリア、通信販売でワインを売っているのです。
つまり、コンテナ輸入で大量に仕入れていると考えられるため、
スケールメリットを生かして原価を下げているのではないでしょうか。
飲食店に限らず、小売り業界でも常套手段ですね。

続いて②ですが、こちらも十分有り得る話です。
テーブルを見渡すと、チキンやフライドポテトを頼んでる人の多いこと。ワイン単品で飲んでいる人なんてほぼ皆無です。
これらのおつまみ系は大半が冷凍食品のため、調理の手間もかかりませんし、保存が利く分、①のワインのように一度に大量に仕入れることが可能でしょう。

ちなみに、最近話題の「俺のフレンチ」のワインは原価率30%前後だと言われています。
サイゼリヤも色々と仕入れ方法を工夫して、このくらいの数字を目指しているのではないでしょうか。

 

と、自分なりに仮説を立てた上で、店員に聞いてみました。

 

「なんでこんなにワインが安いの?」

 

すると、過去に何人にも聞かれたのか、ニコッと笑って
「営業努力です」

 

 

とお答えいただきました。。

ま、多分上記2つの理由なんだろうな・・

 

 

ちなみに、私の選んだ一品は「ハヤシ&ターメリックライス」。
食べたことのある人も多いと思うが、これのコスパは素晴らしいと思うのですよ。ほのかに香るターメリックライスとハヤシルーの絶妙な食感が堪らないわけです。

 

スクリーンショット 2015-01-20 0.15.44

 

ちなみにターメリックって日本語で「ウコン」のことです。
美味しくて肝機能にも良いなんて最高ですね。

 

うん、また来よう。

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA