どうなる?サプリメントの機能性表示⑨

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

学生時代に、治験のアルバイトをしたことがある人はいますか?
私自身は経験ないのですが、先輩が長期休みの度に行っていて、月で何十万も稼いでいたという話をよく聞いていました。

この先輩は被験者を専門に集める人材派遣会社に登録しており、
「負担軽減費」と言われるギャラが支払われていました。

何でも、一日に数回の定期検診がある以外は全くもって自由な時間。
食事も出るし、毎日友人と麻雀をして過ごしていたそうです。
ああ、なんて羨ましい・・・
さてさて、今回は機能性表示のためには必要不可欠な「臨床試験」について書いていきましょう。

一番稼げる被験者像

現在、一番稼ぎがいい被験者はどんな人だと思いますか?

答えはメタボで血圧が高い人だそうです。
ちなみに、季節も被験者需要に寄与しているようで、秋口は花粉症の被験者を募集する企業が増えるそうです。
ダイエットと血圧の薬やサプリが多く出ていることは、市場を見回すと何となく分かりますよね。需要と供給の関係で、価格も高くなっているんです。

さて、企業側の視点に立ってみると、一番気になるのが、被験者がしっかり効果を実感してくれるかどうかですよね。

ヒトを使って治験を行うのは、開発の最終段階なので、効果がなくてはせっかく苦労して開発した商品を発売させることはできません。
開発側としては、是が非でも結果を出さなくてはならない場面なのです。

価格で結果が決まる!?

しかし、驚くことに被験者料金が安い被験者派遣会社と被験者料金が高い被験者派遣会社とでは、試験結果に大きな差が生まれるという調査結果があるのです。
言い換えると、被験者のギャラが安いと効果が出づらく、被験者のギャラが高いと効果が出やすくなる傾向があるということです。
これはあくまで予想ですが、ギャラが高い人を揃えている派遣会社は、選りすぐりの被験者を用意しており、彼らは普段の食生活がちゃんとしている、モチベーションが高い、指定されたサプリをしっかり服用している可能性が高いと考えられます。
結果、効果として現れてくるのではないでしょうか?
逆に、ギャラが安い人は、普段の食生活が乱れていたり、低いモチベーションで治験に臨んでいたり、指定されたサプリの飲み忘れがあったりするように思えます。

その違いが、最終的な結果として出てくると言われているのです。

ここで怖いのは、被験者が「毎日サプリを飲みました!」と申告したら、こちらとしては、それを信用するしかありませんし、真偽のほどは調べようがないという点。

保険じゃないですが、少しでも効果を実験してくれる質の良い被験者を集めるのも重要なのです。

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

元気ドリンクの比じゃない!?ニンニク注射パワー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

ここぞの一発、ニンニク注射

寝不足で頭が回らないのに、重要なプレゼンが控えている・・・
大事な公演が明日に迫っているのに体調が優れない・・・
飲み会続きで肝臓が疲れている・・・
ここぞという時にパフォーマンスが発揮できないほど辛いことはありませんよね。
しかも、本当に辛いときは、栄養ドリンクもほとんど効果を感じれなくなります。(そもそも栄養ドリンクもチョコを食べるのと同じくらいの効果ですが・・)

そんなど〜しても辛い時、ニンニク注射という選択肢があることを知っていますか?

ニンニク注射というと、芸能人が舞台を控えているのに体調を崩したにも関わらず、ニンニク注射を打って乗り切った、とか
多忙なビジネスマンが、景気付けにニンニク注射を打ってから大事な商談に臨むなどの武勇伝で何度か聞いたことにある人も多いはずです。
自分とは関係のない話だと感じている人がほとんどかと思いますが、実は、サラリーマンの街「新橋」に、安価にニンニク注射の施術を受けられるところがあるんです。
価格も2,980円からと非常にリーズナブルなので、都内にお住まいの方は頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。

何がすごいの?ニンニクパワー

ニンニク注射について元気が出そうだというイメージは湧きましたでしょうか?
ここまでは肉体的疲労について触れてきましたが、実は精神的疲労にも効果が期待されています。
そもそもニンニクは、アルギニンなどの成分のように、血糖値を高めて多少強引に元気にするわけではありません。
体内にあるものをうまく巡らせて活用できるようにして、元気をみなぎらせる食材です。つまり、自律神経が不安定な状態を、正常な状態に戻すことで、鎮静作用も期待できるのです。
その効果は折り紙付きで、ニンニクを使った安眠健康法もあるほどです。さて、ニンニクといえばあの独特な臭いですよね。
この元となる「アリシン」と呼ばれる成分が精神疲労改善に役立ってくれるようです。

また、にんにく注射の話に戻すと、アリシンとは別の元気成分、水溶性のビタミンなども含まれています。
ビタミンはもちろん食べ物からの摂取も可能なのですが、
身体が疲れていると内臓も疲れていることが多いので、口から摂取しても効率的に吸収されない場合も多々あります。
その点、にんにく注射は静脈に成分を注射することにより、即効性と効率の良さが期待できるという点でも支持されているんですね。
とはいえ、注射に抵抗のある人もいるはず。
私もインフルエンザの予防接種を控え、戦々恐々としているのですが、そんな方はサプリメントでニンニクパワーを摂りこむことを考えてみてもいいのではないでしょうか?
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ニオイの悩みにサヨナラ!シャンピニオン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

ニオイが気になる私たち

 

数年前からガムのCMをよく見かけるようになりました。

特に話題になったのはロッテの発売したFit’sという商品です。
俳優の佐藤健さんと佐々木希さんがFit’sの歌に合わせてダンスを踊るCMが印象的でした。

YouTubeを活用したテレビCMのダンスコンテストは、振り付けのDVD、ガムのサンプルを配布したことで注目され、なんと1700件をも超える応募と、180万を超えるYouTubeの再生回数を達成したそうです。

これは特殊なアプローチですが、他の商品の一般的な構成としてはこうです。

ある男性が話していると、近くにいた人が顔をしかめます。
それに気づいた男性がガムを食べるとあら不思議、口臭がなくなり息がすーっとキレイになります。

イメージつくでしょうか?
これがどのCMにも当てはまる流れです。

昨今のように、これだけ多くのCMが放映されることを考えると、口臭や体臭を気にする人が増えたということでしょう。

ちなみにCMで見るような商品は、嫌なニオイをミントの香料で消しているので、ニオイの元を消すことが出来ません
つまり、その場しのぎの対応になってしまうのです。

不思議なキノコ、シャンピニオン

シャンピニオンという食べ物を聞いたことはありますか?
英語名をマッシュルームと言います。
こちらのほうが馴染みのある名前ですね。
実はこのマッシュルームがものすごい消臭作用を持ってることを知ってました?

偏食や体調、加齢などによって、腸内悪玉菌が増殖すると、腸内異常発酵による悪臭ガスが腸壁から吸収されます。

これが不快な体臭や口臭の原因になるほか、発生した有害物質が老化現象の原因になることも報告されています。

シャンピニオンはこの異常発酵による悪臭ガスの発生を抑制し、アンモニアや硫化水素などの腐敗成分が血中に吸収されるのを抑えます。
そして、慢性腎不全や高アンモニア血症の進行を阻止するとされているのです。

便臭も消してくれるということから、老人ホームなどの介護のシーンでも使用されることがあるそうですから、その効果のほどは折り紙付き。

体内環境正常化の為に、一度試してみては?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

【薬事法•景表法事例集】夜スリムトマ美ちゃん

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

本日は仕事の帰りに、大宮の美容室に寄ってみました。
軽いカウンセリングを終え、早速シャンプーをしてもらってから席に戻ると

「本日はご来店ありがとうございます。爽やかな仕上がりになるよう頑張ります!」

なんと、さっきカウンセリングで話したことを踏まえたメッセージが!

普段美容師との会話が面倒で盛り上がらない私ですが、今日はずっと話していたのでした。
小さなことですが、お客さん一人一人に向き合っている姿勢がファンを作るのでしょうね。

実際に、私が髪を切っている間、引っ切りなしに予約の電話が入っていました。

夜スリムトマ美ちゃん

一方で、残念ながらお客さんと真摯に向き合えなかった例も多々あります。
夜スリムトマ美ちゃん」という商品の例を挙げましょう。

2011年10月~13年9月に約50億円を売り上げたというこの商品。
雑誌やドラッグストア、ウェブの広告で見た人も多いでしょう。
加藤夏希さんや眞鍋かをりさんがPRしていたことでも話題でしたね。

ですが、さすがに効果効能を言い過ぎちゃってました。
「寝る前に飲むだけで努力なし」「寝ている間に勝手にダイエット」等といった新聞広告に対して、消費者庁は「表示の裏付けとなる合理的な根拠が認められません」とし、行政処分の中でも最も重い「行政措置」に踏み切ったのです。

景表法違反にしては重い処分

大体のケースでは、注意とか警告という形で終わるので、今回の行政措置処分はかなり厳しい処分です。

当初は、ちょっと可哀想だな〜と思っていましたが、問題のチラシを見て納得してしまいました。

通常、痩身系のサプリメントは、「運動」「食事制限」とセットで考える必要があり、サプリを飲むだけでは痩せないことをしっかりと消費者に伝える義務があります。
そうでないと、お客さんが過度な期待を持ってしまうのです。

ですが、このチラシ、ぱっと見どこにもそのような記述はない。
よーく見ると、左端にある小さな書き込みが。
「使用感には個人差があります」「ダイエットには適度な運動も必要です」とありました。

え?小さくてまったく見えないですが。。

リアルに目を凝らさないと見えないレベルだったのです。

行政処分という重い処分を受けた背景には、このような意図的に消費者を欺こうとしたという評価があったからでしょう。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook