赤ちゃんを守る初乳の力 ラクトフェリン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

免疫力を高めるラクトフェリン

健康食品として新たな製品が次々と生まれているのが、ラクトフェリンです。

サプリメントはもちろん、ヨーグルトにもプラスされることがあるのですが、素は母乳に含まれているたんぱく質の一種です。

特に、初乳に多く含まれるので、生後間もない赤ちゃんの免疫力を高めていると言われており、研究が進められています。

ラクトフェリンの効果を考えるにあたって、まず名前の由来を記しておきます。

始まりは酪農王国ベルギーの専門誌に、牛乳成分の中に赤い色のたんぱく質が見つかったことです。

牛乳から分離して分析したところ、赤い色は鉄とたんぱく質が結びついているからだということが分かり、 ラクト=乳フェリン=鉄と名付けられました。

 

ネーミングが秀逸なナイスリムエッセンス

ラクトフェリンといえば、ライオン ナイスリムエッセンスが真っ先に頭に浮かびます。

 

これ、ネーミングが秀逸なんです。
薬事法では「スリム」はアウトなので、頭が良いという意味での「スマート」などがよく使われます。

 

言い回しで言うと、最近DHCフォースコリーのCMで、

 

「あなた燃やせる?」と神田うのさんが出演しているものがあります。

 

これは「あなたも痩せる?」をストレートで言えないので、「燃やせる?」のテロップを使っているのですが、

 

 

耳だけで聞いている人は「痩せる?」と言っているように聞こえるのです。

 

 

業界関係者から見ても、DHCは日頃から薬事ギリギリを攻めている印象ですが、
TVの考査(=放映できるかの審査のこと。地上派は特に厳しく見られる)にも引っかかっていないことに驚いています。

 

 

 

 

話が逸れましたが、ライオンはラクトフェリンの働きについて、
数多くの大学などの研究者との共同開発を行っています。

 

その結果、熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊なコーティング技術を用い、

 

胃で分解されずに腸まで届けるタブレットとして製品化したのです。

 

カプセル状のものなら、腸で溶けるものはよくありますが、タブレット状のものは中々聞きません。

 

実はまだ試していませんが、開発にかなり力が入っている商品なので、期待できそうだと思いますよ。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA