【薬事法・景表法①】ステラ漢方の措置命令から考える今後の健食業界

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ステラ漢方株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令

2014年6月13日、またもや消費者庁による優良誤認による措置命令が下されました。
「カロリストン ‐PRO‐」という商品を販売していたステラ漢方という会社です。



表示内容としては、



「えっ!?普段の食事のままで・・・!!」

「食べたカロリーを!! 今までにないダイエット」
「今までのダイエットサプリでは実現出来なかった『普段の食事ダイエット』を実現」
「たったの3ヶ月で理想の姿に!!」


等と記載することにより、あたかも対象商品を摂取するだけで、

特段の運動や食事制限をすることなく、容易に著しい痩身効果が得られるかのように示す表示をしていたんですね。


本来であれば、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料が必要なのですが、

この会社は提出したものの、根拠とは認められませんでした。


一言で言うと、


・事実無根の表記をしたことで優良誤認に該当


してしまったわけです。


これにより、消費者庁は下記の措置を決定しました。



貴社は、貴社が一般消費者に販売する本件商品に係る表示に関して、次に掲げる事

項を速やかに一般消費者に周知徹底しなければならない。
この周知徹底の方法につい ては、あらかじめ、消費者庁長官の承認を受けなければならない。


このように命令された場合、一般的に、全国紙三紙の広告枠に謝罪文を掲載しなければなりません。



広告面ですから、一枠当たり数百万というコストがかかる上、違反した業者という認知がついてしまいます。




ブランディングが重要な健食業界において、かなりの痛手と言えます。



一番理解しておくべきは薬事法!



ですが、そもそも目を付けられたのは、このサプリメントを摂取するだけで痩せる!と謳ってしまったことに起因します。



当然、根も葉もないことを標榜してしまったのは許されることではありませんが、


仮に、「食事制限」+「運動」の要素を入れていれば、目をつけられることはなかったでしょう。



やはり一番始めに対策する必要があるのは、薬事法なのです。







どんどん厳しくなる取り締まり



業界で多くの事例を見ている人からしたら、今時「食事制限」+「運動」を入れないなんて!

と思うわけですが、個人的にはついに「グレーゾーン」にまで踏み込んできたか、
というのが正直な感想でした。


今までは業界自体で聖域的なところがあり、たとえこれらの要素が欠けていたとしても、

問題にならなかった例がいくつも散見されていたからです。


しかしながら、最近はダイエット商材に関して、イメージ写真やモニターさんの体験談などでも優良誤認が次々と摘発・指導されるようになり、


消費者庁の取り締まりがかなり厳しくなってきたな〜と思っていたところだったのです。




ステラ漢方では、
広告を作る際に、プロではなく他社の表現を参考に感覚でやっていた。
広告表現の対応を専門とする会社があることも知らなかった。

と言っており、無知がいかに恐ろしいことかが分かります。






下のような写真を見たことはありませんか?




実はこの写真のように、メジャーでウエストを測っている画像もアウトなのです。


未だに多くの企業が使っていますが、はっきり違反だとされています。
今の時代、知らないでは済まされないのです。


今回の摘発も、逆に言えばステラ漢方のおかげで、

ここから先はマズいといった線引きが出来たとも考えられます。



知見のない中小企業は、知らず知らずのうちにリスキーな選択をしているかもしれません。
あなたの会社は大丈夫ですか?





share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ハチミツの王様 マヌカハニー

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

ニュージーランドのマヌカハニー

私は大学生のころ、ニュージーランドに短期留学したことがあります。

 

緑が多く、ゆったりとした時が流れる素晴らしい国でした。

老後にはあんな国で暮らしてみたいとずっと考えています。

 

さて、そんなニュージーランドで有名なのが「マヌカハニー」です。
お土産として販売されるだけでなく、現地の家庭にも深く浸透しており、パンのお供や調味料として愛されています。

 

 

マヌカハニーという呼び名は、このハチミツがマヌカというニュージーランドにのみ自生する樹木の花から採れることに由来しています。

 

ニュージーランドの先住民「マオリ族」もこのマヌカの葉を煎じて薬にしたり、外傷の治療薬として利用していたようです。

 

しかも、採取できる期間は年間通して4週間ほどしかなく、とても貴重です。

 

マヌカハニーが持つ驚きの3つの力

さて、マヌカハニーの概要をご説明しましたが、具体的に何が健康や美容にいいと言われているのでしょうか?

 

 

1、腸内環境の改善
我々の身体には有益な働きをする善玉菌と、その逆の悪玉菌が存在します。
マヌカハニーは悪玉菌のみを攻撃して減らし、善玉菌を活性化させるという働きが確認されています。
いずれかの働きをする食品は何種類かありますが、双方に効果がある食品というのは珍しいです。

 

2、美肌効果
1と同じ原理で、マヌカハニーの摂取は善玉菌優位によって、ニキビなどの肌荒れが起きにくい肌の状態へと変えてくれます。

また、保湿効果もあるため、潤いも与えてくれます。3、虫歯と歯周病を防ぐ虫歯は治りますが、歯周病は歯茎の根本からやられてしまう恐ろしい病気ですが、マヌカハニーの抗菌作用は、こんなところにも効果を発揮します。既にマヌカハニー配合の歯磨き粉【マヌカハミガキ】のど飴が開発されています。

 

本当は教えたくない!認定証付きの王道マヌカハニー

今回は私が買っているアクティブマヌカハニー UMF15+ 250g ハニーバレーをここだけでご紹介しちゃいます。

 

ニュージーランド土産のテッパンなので、実はあまり教えたくはないのですが。。笑

実はこれ、ニュージーランドに行った時には必ずお土産として買ってきていたもの。

 

日本でも買えると知った時には感動でした!

 

マヌカハニーの特徴は普通のハチミツの数倍はあるとろみと、
のどに若干つっかえるほどのコク、そしてピーナツクリームのような濃〜い茶色。

 

 

通常のハチミツと比べると、色の違いがよく分かります。

 

 
初めて口にした方は、予想以上のコクに驚くことでしょう。
その独特な風味に恐ろしくハマっていくのです。

 

私は美味いからリピートしちゃうんですが、
人によっては、喉の痛みに効果があったり、口内炎や花粉症が治ったという報告もあります。

 

値段的には高いですが、普通のハチミツには戻れなくなる中毒性がありますよ!

 



 

 

 

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

どうなる?サプリメントの機能性表示⑥

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

機能性表示をあえて無視してみる

今までは機能性表示にいかに対応していくかについて考えてきました。
ですが、今回は逆に、機能性表示に乗っからないという選択肢について考察して行きたいと思います。

「どうなる?サプリメントの機能性表示①〜⑤」で述べているように、
機能性表示には業界全体を盛り上げる効果が期待されていましたが、
残念ながら、トクホと同じような中途半端な方向性になりそうです。

トクホって何だっけ?

機能性表示を無視するという話の前に、今一度トクホについて考えてみましょう。

トクホでヒットを飛ばしている商品は数多くありますが、そのほとんどが大手企業です。
その理由は単純、取得までの莫大なコストです。

一般に、トクホ商品と認めてもらうには、研究開発費・ラット試験・ヒト試験などが長いと10年ほどの期間がかかる場合があります。

更に開発後の広告費・各販売店舗への営業活動などを考えると、トータルして数億円の費用がかかってきます。

中小企業なら、仮に売れなかった場合、会社の継続に多大な影響を与えるほどの金額でしょう。

さらに、トクホの有効性についても知っておく必要があります。

確かに、太っているという人が決められた量を飲み続ければ、一定程度脂肪が減るといったエビデンスがあるのも事実ですが、
個人的には購入者が期待しているほどの効果がないケースが多いです。

飲んで痩せる人が続出したら、みんな試すに決まってますからね。

学問と同様に、ダイエットにも王道なしで、
食事制限と運動が一番健康的に痩せることのできる唯一の道なのです。

サプリメントもトクホもそれをサポートする為のものであって、
それを摂取したからと言って、生活習慣を変えなければ、当然変化があるはずもありません。

総括すると、トクホ表示はそこまでコストをかけてやるものでもない、というのが私の意見です。

では、機能性表示は?

一方、機能性表示はというと、上記のトクホとほぼ変わらないと見ています。

(1)最終製品を用いたヒト試験による実証
(2)適切な研究レビューによる実証

このどちらかが必要なのですが、(1)は間違いなく何千万というコストがかかります。

じゃあ(2)だな、って思うと、研究レビューがある素材は限られています。
しかも、日本の論文にないものは翻訳しつつサーチする必要があります。

私が言いたいのは、ここまで時間とコストと手間をかけてやる必要があるのか?ってことです。

前述のトクホでも、開発後の広告費や営業経費で、トータルしてかなりの費用がかかるというように述べました。

厳しいことを言うと、企業がそこまでリスクを張っても、売れない可能性もあるのです。
すると、開発までにかけたコスト、今までより余計にかかったコストは無駄になります。

これが資本力のある大手企業なら、経営の傾かない範囲で調整できますが、
体力のない中小企業だと、非常に経営を圧迫します。

そこまでのリスクを取って、機能性表示を出来るようにする必要はあるのでしょうか?

実は今まで通りにプロモーションした方がトータルでプラスになっていないでしょうか?

もう一度、考えてみることをおススメします。

では、今日はこのへんで。

あでゅー。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

赤ちゃんを守る初乳の力 ラクトフェリン

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

免疫力を高めるラクトフェリン

健康食品として新たな製品が次々と生まれているのが、ラクトフェリンです。

サプリメントはもちろん、ヨーグルトにもプラスされることがあるのですが、素は母乳に含まれているたんぱく質の一種です。

特に、初乳に多く含まれるので、生後間もない赤ちゃんの免疫力を高めていると言われており、研究が進められています。

ラクトフェリンの効果を考えるにあたって、まず名前の由来を記しておきます。

始まりは酪農王国ベルギーの専門誌に、牛乳成分の中に赤い色のたんぱく質が見つかったことです。

牛乳から分離して分析したところ、赤い色は鉄とたんぱく質が結びついているからだということが分かり、 ラクト=乳フェリン=鉄と名付けられました。

 

ネーミングが秀逸なナイスリムエッセンス

ラクトフェリンといえば、ライオン ナイスリムエッセンスが真っ先に頭に浮かびます。

 

これ、ネーミングが秀逸なんです。
薬事法では「スリム」はアウトなので、頭が良いという意味での「スマート」などがよく使われます。

 

言い回しで言うと、最近DHCフォースコリーのCMで、

 

「あなた燃やせる?」と神田うのさんが出演しているものがあります。

 

これは「あなたも痩せる?」をストレートで言えないので、「燃やせる?」のテロップを使っているのですが、

 

 

耳だけで聞いている人は「痩せる?」と言っているように聞こえるのです。

 

 

業界関係者から見ても、DHCは日頃から薬事ギリギリを攻めている印象ですが、
TVの考査(=放映できるかの審査のこと。地上派は特に厳しく見られる)にも引っかかっていないことに驚いています。

 

 

 

 

話が逸れましたが、ライオンはラクトフェリンの働きについて、
数多くの大学などの研究者との共同開発を行っています。

 

その結果、熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊なコーティング技術を用い、

 

胃で分解されずに腸まで届けるタブレットとして製品化したのです。

 

カプセル状のものなら、腸で溶けるものはよくありますが、タブレット状のものは中々聞きません。

 

実はまだ試していませんが、開発にかなり力が入っている商品なので、期待できそうだと思いますよ。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

知って得する カルシウム情報

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

牛乳不要論

先月くらいから、こちらの記事にあるような、牛乳不要論が広がってきています。

私は中学校までしっかり給食に牛乳がついていた世代なので、
今更この批判が出てきた背景に非常に興味があります。

確かに、ご飯に牛乳は合いません。
今考えれば、よく毎日文句も言わずに飲んでたな〜と思います。

給食に牛乳の前身である脱脂粉乳が付き始めたのは、なんと明治22年頃と言われています。

今から60年も前から続いている慣習が見直されているようです。

当時のことを思い出すと、カルシウムを摂取する必要があると言われて毎日飲まされたような気がしますが、実際のところ本当に牛乳がいいのでしょうか?

それともカルシウムだけでなく、副次的な効果が何かあるのでしょうか。

今回はカルシウム、どーぞ。

 

牛乳=カルシウムは大間違い?

まず、カルシウムを摂ればそのまま骨が強くなる、という認識の否定から入ります。
牛乳の話からは逸れてしまいますが、食べ物から摂取したカルシウムが、そのまま体内に入って使えるわけではないのです。
意外なことに、ここで紫外線の働きが重要なファクターとして登場してきます。
日光の照射によって、発生するのがビタミンDです。
このビタミンDの働きによって、腸管からカルシウムを吸収しているのです。
多く含まれるものにレバー・サケ・マグロ・うなぎなどがあります。

カルシウム摂取をするなら

牛乳よりも、干しえび・煮干・小魚などの乾燥した魚介類を摂りましょう。

 

 

特に干しえびは710mgと牛乳の220mgの3倍以上のカルシウム量です。
で、更に吸収率を高めるビタミンDを同時に摂ると効果がより増します。

居酒屋行ったら、エビのカラカラ揚げと刺身を頼むようにするだけで、効率的にカルシウム補給が出来ます。

刺身にはDHA・EPAも含まれており、抗酸化作用や血流改善の手助けをしてくれるので、
副次的な効果も期待できます。

たまにサプリメント単体でカルシウムという商品がありますが、これはおススメしません。

理由はバランスが偏るからです。

前述のように、ビタミンDが同時に配合されていれば、効率よくカルシウムが吸収できるので、

この二つが含まれるサプリメントを選びましょう。
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook