タコイカと言えばタウリン!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

CMによるサブリミナル効果

「タウリン1,000mg配合!○ビタンD!」

このセリフ、ほとんどの方がCMで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

コンビニなどでこの商品を見ると、自然とCMのことを思い出してしまいます。
かなり昔から放送しているので、サブリミナル効果で刷り込まれている気もしますね。

でも、1,000mgってどれくらいの量なんでしょうか。

色々な単位で表現すると

1000mg=1mL=1g

となります。

少ないと思いましたか?

一般的に、タウリンで健康維持・運動機能向上を目指すための一日目安摂取量は、1~4gと言われています。

1gということは目安摂取量の最低ラインでしかいなわけですね。

タウリンの効率的な摂取方法

私も最近まで知らなかったのですが、タコやイカなどがタウリンを多く含む食べ物として挙げられます。

 

中でもタコブツやイカの刺身など、熱処理を加えていないものが有効です。
なぜなら、タウリンは水溶性のため、煮ると溶け出してしまうから。

生ならそのままの栄養分を直接摂ることができるのです。

また、私のおススメするビタミン・ミネラルも豊富なところや、
安全性が高く、副作用も報告されていないところも魅力です。

これを知ってから、飲み会ではタコイカを必ず頼むようになってしまいました。。

未だ謎が多いタウリンの力

実は、タウリンは動物性実験のデータが多く、人の臨床試験のデータが不足しています。
しかし、動物実験では、タウリンを投与すると運動能力や収縮力が増加することが分かっています。
また、ラットを走らせると、疲労するまでの時間が伸びるという結果もあります。
その他にも、網膜に豊富に含まれることから、タウリンを摂取することで、視覚障害が改善するという報告もあり、様々な場面で効力を発揮してくれます。
しかし、毎日食べる訳にはいかないので、サプリで摂るのをおススメしています。

珍しく海外製品ですが、Now Foods タウリン 1000mg 250カプセルを紹介しましょう。

Now Foodsは、1968年設立された家族経営の大きな会社で、合計で1000点以上もの自然な製品を生産しています。
ここまでの豊富な品揃えの会社も数えるほどしかありません。
それだけ開発ノウハウがあるということです。
この商品は一粒でタウリン1,000mgを高配合しているところがポイントです。

個人的に、タウリンは目標とする量を摂ればいい派なので、これだけで十分目的は達せられます。

実は同じことは DHA/EPAにも言えます。
こちらも一日3g程度摂取出来れば、種類はほぼなんでもいいと考えます。

成分によって、効果的な量が違うので、ネットなどで検索してみるのがいいかもしれませんね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA