記憶力マックス!?イチョウ葉の力

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

記憶力を高めたい人へ

学校での試験を前にして、自分がもっと記憶力が良ければいいのに・・
と思った経験は誰にでもあると思います。

私も、試験の前日に何度神に祈ったことか。
しかし、次の日になっても飛躍的に記憶力が増すことなんてないのでした。。

今後、更なる高齢化社会に突入してくる日本。

2026年には330万人が認知症になり、
高齢者の10%を占めるという予測がされています。

10人に一人が認知症になるというのですから、人ごとではありません。

よく、人間は脳の一部しか使っていないと言われたり、
そんなのはウソだと言われたり、脳についての議論は尽きません。 

そんな認知症に効果があると一時期話題に上ったのが、イチョウ葉です。

こんなにある!イチョウ葉の驚きの効能

イチョウ葉において、多くの臨床例があるのは「血流がよくなること」です。

脳の血流を維持することで、脳細胞の活動は促進させるので、

結果的に認知症の改善や肩こり、冷え性に効果が出てくると言われています。

血流がよくなるということは、言い換えると血管拡張作用があるということ。

このロジックで考えると分かりやすいのですが、
血管が収縮することで引き起こされる症状の改善にも役立ちます。

手足のしびれなどの改善、視力・聴力の改善、
さらに心筋梗塞などの血栓症がこれにあたりますね。

言わずと知れた医療先進国ドイツでは、既に脳血流を改善する医薬品として流通していますが、
日本ではまだ厚生労働省の認可が下りていません。

これは通説ですが、体型の違いや食生活における小腸の長さの違いなどから、
日本人には医薬品としての効果が実証できていないようです。

一方で、補完代替医療の分野では、認知症予防などに利用されています。

効果は実証されていて、臨床例があるのに医薬品でないという点では、
プラセンタと同じような状態ですね。

イチョウ葉の選び方

前述のように、イチョウ葉には多くの効用があるとされ、
多くのメーカーがイチョウ葉関連の商品を出しています。

しかし、このブログを読んでくれている方は、どれでもいいわけではない
ということは既にお分かりでしょう。

イチョウ葉に関しては、着目点として、どれだけドイツの医薬品と同レベル
の配合になっているかがカギです。

ドイツのものと同じ原料を使っているサプリなんてないと思ったあなた、
実はアサヒフードアンドヘルスケアが「シュワーベギンコ イチョウ葉エキス 270粒 」という名前で出してるんです。

ちょいと野暮ったいパッケージに見えますが、ドイツのシュワーベ製エキス
を使用したイチョウ葉エキスで、品質は折り紙付き。

一般的に効果が期待できる、一日の配合量120mgも軽くクリアしています。

高額の割に評価が高いのも、しっかりと実感している方が多いからでしょう。

ドイツの薬と同じ原料を使っている商品は珍しいので、
迷っている方はここから始めることをおススメします!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA