ぷるぷる肌に生まれ変わる?コラーゲンの秘密

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

美容の味方コラーゲン

「美容・美肌」を目指すとなれば、コラーゲンを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

プラセンタやヒアルロン酸などの美容食材が次々に登場してくる中、依然として高い人気を誇っています。

サプリメントに限らず、食品に含まれることも多く、
最近では、美肌だけでなく、豊かでコシのある髪、健康的な爪を訴求する商品も出てきています。

今後も、新たなニーズを掘り起こしていくであろう注目の素材です。

ちなみにコラーゲンの原料流通量は年間6,000t。
原料の流通量としては、非常に多い割合なのです。

コラーゲンを摂取して肌に反映されるまで

私も実は冬になればコラーゲン鍋をつついていたものです。

で、次の日「肌がぷるぷるになった!さすがコラーゲン!!」なんて女性が大騒ぎしてたなー、なんてつい思い出に浸っちゃってきました。

しかし、残念ながらこれは錯覚だったのです。

通常、食物を体内に摂取して、その効果が肌に反映されるまでは一か月かかります
これは、肌の細胞の入れ替わりサイクルが一か月だからです。

そのロジックが分かっていると、科学的にすぐに肌がぷるぷるになるなんてあり得ないことが分かります。

でも、これではコラーゲン食品が売れないので、売り手はネガティブな情報を敢えて言わないようにしているんですね。

また、コラーゲンがそのまま体内に吸収される、という勘違いがあります。

低分子化、ナノ化という言葉が最近よく聞かれるようになりましたが、

これを言い換えると、コラーゲンを細かくしたから、身体に取り込まれやすくなったよ!
ってことです。

特に、肌の上から塗る化粧品なんかは、低分子化により、浸透力が増すとうたわれていますね。

しかし、これも知っている人は知っている話で、口から摂取されたコラーゲンは、胃でアミノ酸に分解されるだけです。
高分子でも、低分子でも関係ないどころか、低分子の方が効率的に分解されてしまうくらいです。

つまり、これって・・・

そう!気づいた方もいるかもしれませんが、摂取しても期待できるほどの効果はないというのが私の見解です。

ちなみに、ヒアルロン酸プラセンタの様なコラーゲン注射はどうか、という意見もありますが、
こちらも科学的な効果は認められていないようです。

それどころか、投与後の吐き気やだるさ副作用の事例も数多く寄せられているのです。

単価も一万円前後と高価なので、それをやるくらいなら、プラセンタサプリを飲んだ方が効果があると思います。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

薄くなってきたあなたへ贈るアデノバイタル

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

薄毛注意報

若いうちは全く気にしていなかった体型。
加齢とともに代謝が悪くなり、気づけば中年太りになっていませんか?

それもそのはず。
人体の仕組上、年齢が上がるにつれて基礎代謝、つまり摂取したものの分解が上手く行かなくなっていくのです。

もちろん遺伝的な影響もありますが、スマートな体型を維持している人はそれなりに努力をしているのでしょう。

筋トレがダイエットにも有効だと言う記事は、こちらでもご紹介した通りです。
目指せリア充!プロテインで筋肉増強
それともう一つ、男性・女性に関わらず、加齢とともに深刻になっていく悩みがあります。

それが薄毛・抜け毛です。


子供の頃は、ハゲハゲ言って遊んでいましたが、今思えばなんと残酷な言葉なことか。。

私も、今は全然大丈夫ですが、ハゲ家系に生まれてしまっているようなので、今後は気をつけねばならないろ思っているところです。。

髪に関する勘違い

さて、実は業界では有名な話で、髪関連で一般の方が勘違いしていることがあります。
髪の毛の部分だけをケアすれば、髪質は良くなる、というものです。

確かに理にかなっているように聞こえますし、実際にその効果を謳った育毛剤やサプリメントは多々あります。

しかし、残念ながら、これでは美しい髪を得ることはできません。

髪が生える土台となる「毛根」のケアが、豊かで美しい髪を生み出すカギなのです。

特に全身の血の巡りが悪くなって、毛細血管からの栄養が不足すると、毛が生えにくくなると言われています。

実は頭という部位は、身体の中で一番栄養を送るのにパワーが必要な場所。
人間が立っている以上、心臓が血液を逆流させて、頭まで栄養分を届けているのです。

このことが理解できれば、頭皮に栄養分を送るには、
•血液の流れる量を増やす(=心臓機能の強化)
•栄養分を多く摂る
の二つの要素が必要になると分かるでしょう。

育毛剤のススメ

最近YouTubeやCMで、育毛剤系が多いことに気づきませんか?

実はこの育毛業界、研究が進んできたこともあり、かなーり注目されているのです。

しかし、当然市場が活性化すれば、玉石混交になってきます。

そこで、色々調べてこれは期待できるなーと思ったのが「資生堂 アデノバイタル スカルプエッセンス 180ml(医薬部外品)」。

資生堂が総力を挙げて開発した抜け毛を防いで、髪のボリュームを保ちたい人向けの逸品です。

毛根に存在する発毛・育毛の5つの原動力を、独自の先端バイオサイエンスの研究から導き出し、薬用有効成分のアデノシンが成長促進因子を産出し、発毛を促進します。

また、頭皮のマッサージも重要だと言われますが、それもひとえに血流を良くして栄養分を行き渡らせるのが目的。

なので、アデノバイタル スカルプエッセンスと一緒にマッサージをやると、更なる効果が期待できるでしょう。

資生堂ブランドなので、結構サロンでも勧める店が多いそうです。

色々売り場も見ましたが、Amazonの割引率がいい感じです。
試すにも手頃な値段なので、一度手に取ってみては?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

辛すぎる二日酔いを防ぐ「SUPALIV」

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

苦しい苦しい二日酔い

昨日、久しぶりに大学の同級生と飲んできました。 地方に転勤になって以来会っていなかった奴らもいたので、積もる話もありまくり。

大いに盛り上がってついつい深酒をしてしまいました。。
で、今日の朝目覚めたら、胃がだるいわ頭が重いわ・・
しっかり二日酔いになってしまいました。

たまらず、ベッドに横になりながらネットで調べてみると、二日酔いの時にはカレーや納豆を食べるといい、なんて書いてありますが、気持ちが悪いと何も食べたくないんですよね。
大人しく水を飲むのが一番だと思っているうちに、以前サンプルでもらったサプリメントの存在を思い出したのです。
それが「SUPALIV」です。

口コミで広がってきた「SUPALIV

SPALIVは、健康的にお酒を楽しめるようにと開発されたサプリメントです。
元々、一部のファミマで女性向けの二日酔い止めサプリとしてプロモーションされていましたが、中々出荷数が伸びなかった過去があります。
ですが、週刊誌フライデーに取り上げられたり、会食の多い会社の経営層の中で口コミとして広まり、じわじわと市民権を得てきたようです。
そして、出荷量が増えてくるとともに、男性向けの二日酔い止めサプリメントというように売り方を変えて行ったのです。

本当に効くのか

話は戻りますが、二日酔いに苦しんでいた私。
起き上がるのも苦しく、今日という一日を潰してしまうのか〜なんて考えていましたが、これを4粒飲んで水を飲み続けること30分。
まずは次第に吐き気が収まってきました。
そして、一時間もすると、いつもの体調に戻ってきたのです。
個人的に、ウコンとかよりも即効性があって、割とすぐに効果が実感できた気がします。
元気になったので、何が作用してるんだ!と思って、配合成分を調べてみました。
すると、
・コエンザイムQ10
・ビタミンC
・Lーグルタミン
・Lーシスチン
などなど13種類ほど入っているんですね。
そもそも二日酔いの原因は、肝臓で排出されるアセトアルデヒドが原因です。
こいつが発生すると、体内ではアセトアルデヒドを分解しようとする酵素が使われます。
SUPALIV」はアルコール代謝酵素をサポートする成分と、このアセトアルデヒドを中和する抗酸化成分であるビタミンCの両方を含んでいるので、二日酔いに効くと謳えているのです。
また、血中アルコール値、アセトアルデヒド値の低下作用において世界特許も取得しています。
ちなみに、「SUPALIV」を飲むタイミングはいつでも良いとされていますが、お酒を飲む前に服用するのが一番効果があるそうです。
みなさんも、飲む時には「SUPALIV」をお供に、楽しいアルコール生活を!
share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

頭がクルクル回り出す!クリルオイル

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

頭がクルクル回り出す!

誰だって頭がいい人、回転が早い人に憧れますよね。

勉強が出来る、出来ないと地頭の良さは異なるとも言われていますが、社会人になると機転が効いたり、トラブルに迅速に対応できる人を要領=頭が良い、と評することが多い気がします。

この人たちは、与えられた情報を基に、瞬時に何パターンかの回答を考え、その中から最適なものを選択するというスキルに長けているのです。

日常に、どれだけ疑問を持って、考えているかが分かれ目だと思いますが、ここではそんな脳トレの話は置いておきます。

 

実は、いくらトレーニングしても、生活習慣に問題があれば、実力を発揮できないこともあるのです。

ってことで、今日は頭の回転に大きく関わるクリルオイルの話です。

 

魚油由来とクリル、ここが違う

一般に流通しているDHA/EPAは魚油由来で、トリグリセリド(中性脂肪)型DHAと呼ばれてます。

一方、オキアミから抽出されるクリルにはリン脂質結合型DHA/EPAが含まれており、
リン脂質が乳化剤の役割をして、DHA/EPAは体内へ効率よく吸収されます。

さらにクリルにはアンチエイジング成分アスタキサンチンも含まれています。

このアスタキサンチンってのがポイントなんですが、血管を拡げる作用があるのですね。
身体の流れをスムーズにし、渋滞を防ぐ効果が期待できます。

ところで、食事の後は眠くなる人は多いですよね。
特に退屈な誰かの話を聞いている時なんて最悪です。

これは、血液が消化器官に優先的に回されている為、脳の活動が一時的に鈍っていることが原因で起こります。

ということは、クリルの摂取により脳の血流が大幅に増加すれば、脳が活発に動くってことですよね。

実はこの作用、クリルに含まれる成分であるアスタキサンチンに拠るところが大きいのです。

その他にも、クリルオイルは水に溶ける油っていう点も外せません。
DHA/EPAに比べると、効率がよく体内に吸収されることがプラスαの利点なんです。

贅沢なサプリメント

さて、クリルサプリの中でも、配合成分で気に入っているのが、極上クリルです。

まずは気になる品質ですが、南氷洋にから漁獲したオキアミを100%使用しています。
ここで取れるオキアミは、汚染が極めて少ない原料として有名。

唐突ですが、イヌイットの生活を知っていますか?
彼らは野菜などが育たない環境で生活しており、必然的にクジラやアザラシの高タンパクの食事になります。

なのに、生活習慣病が少ないのです。

なぜか?

 

その答えはオキアミに含まれるオメガ3にありました。

彼らの主食であるクジラやアザラシはオキアミを食べるので、オメガ3が蓄積されています。
当然それを食べるイヌイットも結果的にオメガ3を接することになり、サラサラ血液になってくるというのが通説なのです。

オメガ3は酸化しやすいので、抗酸化作用を持つアスタキサンチン配合というのも、実に理にかなっています。

私も飲んでみたことありますが、袋を開けた瞬間、ぶわっと魚臭いニオイがします。
さすが100%クリルオイル。

でもって、飲んでみると割と実感力が高い
頭がなんとなーくスッキリするんです。

これ、一緒に飲んだ友人も言っていたので、割と効果がありそうです。

一つ不満を言うとしたら、価格が高い!
でも100%クリルオイルならギリ許せるかな。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

人前でドキドキ!ハーブ試してみたらいかが?

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

緊張でドキドキ

最近、おめでたいことに高校・大学の同窓生の結婚式ラッシュです。

しかし、祝宴の中、スピーチを頼まれて困ったという経験はありませんか?
結婚式だけでなく、歳を取ればとるほど、祝辞や乾杯の挨拶など、人前でのスピーチの機会が増えてくると思います。

私も人前で話すことが多くあるのですが、大勢の人を前にするとガクガクしていたものです。

個人的には、場数を踏むことで慣れてくると思っているのですが、どうせなら、いつでも緊張しない体質になりたいですよね。

そこで着目したのが、メディカルハーブと呼ばれるハーブ類です。

メディカルハーブの力

ハーブは、英語で「薬草」を意味します。
世界各地で、はるか昔からそれぞれの土地に生育するハーブがケガや病気を治す植物療法として利用されてきました。

その中でもメディカルハーブというのは、健康維持や増進、疾病予防、治療に使用されてきました。
ヨーロッパでは、イギリスの「英国ハーブ医療協会」、ドイツでは「コミッションE」などの専門機関が設置されるほど信用性の高いハーブ類です。

日本でも日本メディカルハーブ協会という非営利組織が、
メディカルハーブに関する正しい情報の提供と、健全な普及を目的に設立されています。

リンデンバウム

私が注目しているのは、リンデンバウム・タブレットです。

商品名にも含まれているリンデンバウムというのは、ヨーロッパでは古くから愛用されているリラックスハーブのこと。

実はハーブティの原料としても使用されているので、目にしたことがある方もいるかもしれません。

フラボノイドやサポニンなど、ドキドキが気になる方のサポートのための健康成分が豊富に入っています。

水なしで舐めるタブレットタイプなので、飲み込むのが苦手な人でも、アメをなめるような感覚で摂取できるのも嬉しいポイント。

味もほんのり甘く、香りも控えめなので、ハーブの匂いが苦手な人でも抵抗なく試すことができます。

スピーチする場所によっては、水分があるとは限らない為、
手軽さは非常に重要ですよね。

重い会議や、人前でのスピーチの際には、是非このサプリをポケットに忍ばせてみてください。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook