目指せリア充!プロテインで筋肉増強

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ジム通いでリア充生活

最近ようやく、社会人になってから行こうと思い続けていたジムの会員になりました。

現代のジムはトレーニング設備はもちろん、サウナやプール、スタジオレッスンも月額料金で使い放題なんです。いやー驚きました。仕事帰りに風呂とサウナだけ入って帰る、という贅沢な使い方もできるのです。

ジムデビューすれば、こんなもんかって感じですが、昔はジムに通っている人の話を聞くと、

「何だコイツリア充ぶりやがって!お前が運動するなら俺は酒じゃー!」と、無駄な敵対心を持っていたものです。

余談ついでにもう少し話すと、ジムに通っている人は圧倒的に高齢者が多いです。
2、30代は3割もいないくらいでしょうか。
ほとんどおじいちゃんおばあちゃんなんですね。

で、私の行っているところは、歳を取れば取るほど月会費が高くなる仕組みだったりします。

若い人は早めに入会しておくと結構お得ですよ!

 

さて、そんなトレーニングをしてる人にとって、身近な存在が今回の題材である『プロテイン』です。
筋肉を付けるためには切っても切れない関係の成分ですが、何となく理解していた方も多いはず。
効果的な摂取方法まで、詳しく解説しちゃいます。

動物性と植物性、二種類のプロテイン

実はプロテインはタンパク質と同義です。

大きく分けて動物性と植物性の二種類があり、それぞれ似て非なるものです。
この違いを知らないと、筋肉を付けたくても期待していたほど成果が上がらなかったり、ダイエットも失敗に終わってしまうのです。

てことで、まずはさらっと定義から。

動物性は、その名のとおり動物のたんぱく質を主成分に作られています。
食材で言うと、牛乳・卵・お肉の類。

瞬発的な筋肉の増強にはこれが一番です。



しかも、筋肉量が増えると、いわゆる代謝のいい身体になれるので、太りにくくなるんですね。
ただ、過剰摂取は脂肪増加にもつながるので、考えて摂りましょう。

一方植物性は、その名のとおり植物のたんぱく質を主成分に作られています。
食材で言うと、大豆などの豆類。

こちらは、筋肉はつきにくいけど、落ちるのもゆるやか(脂肪になりにくい)という特徴を持っています。
現代の食事では不足しがちなのが、この植物性タンパク質です。

こちらは運動しないで栄養素を補給したい人向けですね。

このように、目的によって動物性か植物性かをしっかり見極めることが重要なのです。

正しいプロテインの摂り方

 

プロテインの中でも、筋肉をつけることが目的であればホエイプロテインがおススメです。
ちなみに私が使っているのはこちら

 

一杯あたり14.1gのタンパク質、いわゆるプロテインが入っています。

ホエイプロテインは吸収性が良いので、プロテイン摂取ポイントの運動後に摂ると、非常に効率良く筋肉を作っていくことができると言われています。

 

2014/9/12には雪印がホエイペプチドの摂取と運動の組み合わせで、筋肉合成の促進が示唆されたと発表しました。
また、プロテインを摂取するタイミングについて効果的なタイミングは、「運動後45分間以内」「就寝前」「朝食時」などと言われています。
が、あなたが筋肉を付けるためにトレーニングを行っているなら、運動中の摂取が一番です。
トレーニングによって筋肉が破壊され、直ぐに再生が始まるタイミングで摂るのです。

さて、効率よく摂取するという話で、私が長年愛用していた


ウイダーインゼリーと対比してみましょう。
学生時代に、こいつを相棒にトレーニングに勤しんでいたのですが、一向に効果が上がりませんでした。

その時は、自分は筋肉が付かない体質なのだと諦めていましたが、実はプロテインの量にあったのではないかと最近思い始めたのです。

実は、ウイダーの方はたんぱく質の含有量は5,000mg、つまり5.0g。
先にご紹介した「ザバス(SAVAS)」には、一杯あたり14.1gのタンパク質、いわゆるプロテインが入っています。

ここで気づいて頂きたいのは、差ももちろんですが、
ウイダーが5,000mgと表記している点。

ザバス(SAVAS)との2.8倍もの差があります。

この場合、量が少ないもんだから、ぱっと見含有量が多そうに見えるように、単位を一つ落としてきている場合が十分あります。

これは、自分で言うのもなんですが、健康食品業界の常套手段なので、しっかり同じ単位で比較することが重要になります。

ちなみに、現在はザバス(SAVAS)に切り替えていますが、
予想以上の効果を実感しています。

大体週2・3の筋トレを二ヶ月続けて筋肉量が一キロ弱増えた感じです。。

単純な話ではありますが、プロテインを効率よく摂るために、
量って結構重要だと思うんですよ。

皆さんも摂取するなら効率よく栄養補給をしましょうね!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

悩み別の黒酢選び

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★☆☆

目的を明確に

「黒酢」のページを開いてくれたあなたは、きっと何らかの目的があってご覧頂いているのだと思います。
黒酢のイメージといえば、「ダイエット」美容効果」辺りでしょうか。
 

『やずやの黒酢』から一般的認知がついてきて、今はえがおの黒酢が高齢の方を中心に人気です。ですが、ひとえに黒酢と言っても、商品によって配合成分に差がある為、効果・効能にバラツキがあるのが現状です。

黒酢のように、メジャーになってきた商品ほど、選定の際の目的を明確にすることが必要なのです。

アミノ酸+αの時代

先ほど挙げた「美容効果」「ダイエット」は、黒酢に含まれる「アミノ酸」が大きく関与しています。

「美容効果」・・・アミノ酸はお肌の潤い成分(天然保湿因子)とも言われています。
このアミノ酸の働きが、肌へ潤いを与え乾燥や肌荒れを防いでくれるのです。
保湿クリームとは異なり、内側から保湿成分を補給してくれるイメージですね。

「ダイエット」・・・ダイエットは脂肪の代わりに筋肉の量を増やし、基礎代謝を増やしていくのが基本です。
筋肉を形成するアミノ酸のうち60%を占める「グルタミン」は熱に弱く、食事からは摂取しにくいのでサプリメントから摂取するのが効果的と言われています。

また、アミノ酸は運動時のエネルギー源として利用される他、運動時の持久力を高めたり疲労を軽減する作用が認められています。

疲労回復効果については、味の素が、アミノ酸を摂取して激しい運動を行った後に、代表的な免疫機能であるリンパ球数が変わらず維持されているという研究結果を発表しています。

黒酢に含まれているアミノ酸だけでも十分威力はあるのですが、自分が求めている効果をより実感する為には、+αの成分も重要になってくるということです。

【必読】効果・効能別おススメ黒酢サプリメント

さて、実感力を高める為に、先ほどご紹介した目的別におススメを紹介して行きましょう。
必読ですよ。

1、疲労回復、ダイエット

これはアミノ酸の量が多いものがオススメです。
疲労回復は栄養ドリンクなどでも良く見かける『アルギニン』や前述した『グルタミン』が有効ですが、これはアミノ酸の一種なのです。

どの黒酢もリニューアルなどを経て、アミノ酸とビタミンBなど、実感性の高い配合をしているようです。中でもアミノ酸と言えば前述のえがおの黒酢です。

一般の食酢と比べて120倍の437.8mgもの天然アミノ酸量を配合しており、その種類は20にも上ります。

激しい運動をした場合は、特定のアミノ酸が消費されたり、筋肉から分解されたアミノ酸が使われたりするので補うことが必要になります。

そのためには、単純ですが、アミノ酸配合量が多い商品が一番なのです。

2、美容効果

コラーゲンが多く含まれているものが有効ですが、
最近はすっぽん配合のサプリも人気が高まってきています。


また、アスタキサンチンを配合している商品も、美容寄りの商品と言えます。

 

黒酢の商品を見ていると、ダイエット訴求のものが多い為、
美容にそこまで入れこんでいるものは限られています。

その中で、異彩を放っているのが『杜のすっぽん黒酢』です。こちらは、豊富なアミノ酸や天然コラーゲンをはじめ、美と健康に必要な女性に嬉しい栄養素が分かりやすいくらいに凝縮されています。

あとは価格が1,000円台ってのも大きなポイントです。黒酢は続けないと効果が実感しにくいので、安くて続けやすいのがいいんです。

以上2つの側面からご紹介しましたが、冒頭にも述べた通り、
自分の目的に合わせて商品選定をしないと、思ったような効果は出ません。

せっかくお金を出すのですから、しっかり効果が出るような商品を見つけましょう!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

南米のスマート食材!エルカンプーレ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

メタボリックシンドロームの恐怖

「メタボ」と言う言葉は、最近ではすっかり市民権を得てきました。

私の通っているジムでも、若い人には筋肉を付ける為のコース、中年の人には有酸素運動中心のダイエットコースをそれぞれ勧めています。
一般的に、20代後半から基礎代謝が落ち、太りやすい体質になると言われています。

もちろん個人差はありますが、若い頃の食生活のままでは、代謝が追いつかなくなってしまうでしょう。

 

 

メタボリックシンドロームの日本語訳は代謝異常症候群といい、
動脈硬化を促す危険因子が複数重なって発生する病体のことを指します。

動脈硬化と関係の深い病気には、心臓病と脳血管障害があり、この二つの病気による死因総数は、ガンをも凌ぐほど。

その他にも、メタボは高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などのリスクを増大させてしまいます。

まさに重篤な病気のトリガーを引いてしまう症状なのです。

このメタボ、言わずもがなですが、予防には日頃の食生活の改善が大きなカギを握ります。

そこで、手軽に食べられて、メタボ予防になる食材を探すわけです。
そんな都合良くメタボに効く食品なんてないだろ!と言いたくなるでしょう。

ちょっと待って下さい。

日本では確かに存在しませんが、遠く離れた南米に、それはありました。
「エルカンプーレ」です。

「医者」の名を持つ、伝統の薬草

エルカンプーレは“町から町へ歩いて移動する”という語源をもち、その昔インカ帝国時代は色々な薬草を持って往診する医者のことをエルカンプーレと呼んでいました。

また、古代文明の遺跡から発掘された土器や織物の多くにエルカンプーレと一緒に必ず痩せた女性が描かれていたと言います。

このことからいつからか「ダイエットに効く」と伝えられてきたのです。

実際に食べてみると、非常に苦みが強く、慣れない人だと思わず吐き出してしまうほどです。
まさに良薬は口に苦し、と言ったとこでしょうか。

ですがその効果は実証済みで、食事療法の一環として、エルカンプーレを利用した際に、メタボリックシンドロームにより大きな効果を得られることを示した実験があります。

近畿大学医学部とTOWA CORPORATION(株)の共同実験です。

リンク先にもあるように、ラットでも人でも総コレステロール低下、中性脂肪低下の結果が出ています。

そもそも日本で販売されているの?

ここまでエルカンプーレについて語ってきましたが、
実は日本でエルカンプーレそのものは私が知る限り販売されていません。。

しかし、エルカンプーレの粉末を原料にしたサプリメントが通販で売られています。

その中でも濃縮エキスを使用していて効果が出やすいと言われているのがPREMIEXなのですが、残念ながら一般販売はしていません。

そこで、購入出来るもので探してみるとHealthy&Dietという商品がありました。

この特徴は≪エルカンプーレ≫と≪カイグア≫のブレンドにあります。

エルカンプーレの素晴らしさは前述の通りですが、
カイグアもダイエットの心強い味方です。

カイグアに含有されているぺクチンとアルブミンは、
脂肪の新陳代謝を促進することで知られています。

しかし、当然サプリだけに頼っていては期待する効果は得られません。

栄養価たっぷりの食事と定期的な運動が最低限必要だということをお忘れなく!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

ダマスクローズが決め手!バラのサプリメント

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★★★☆

あなたのニオイは大丈夫?

皆さんは体臭、口臭予防を何かしているでしょうか?

ガムや制汗スプレーなどのCMの影響もあり、ニオイに敏感な人が今まで以上に増えてきてますし、
多くの方が自身の体臭や口臭が気になるという調査結果もあります。

実は私も、若い頃からニオイには敏感な方でして、制汗スプレーやらミンティアやらを持ち歩かないと人と近くで話すのが不安でした。。

対策するのは面倒いんだけど、それを上回る他人に嫌われたくない精神。

元々面倒臭がりやなので、出来ることなら体質改善をしたい!
とずっと思っていました。
前述の方法だと、表面的に香りを付けても、根本は変わらないので、暫くするとまた気になってくるんですよね。。

いわば香水みたいなもの。

今回の題材は、体の中から匂いを変えていくというサプリメントを紹介しますが、これは私の人生の中でかなり驚きの発想でした。

体内から悪臭が出るなら、原因を元から絶てばいいんです!

身体からバラの香り!?

原因を元から絶つってことは、言い換えれば体内にニオイの成分を取り入れて、発汗の際に汗臭いニオイの代わりにいい香りをさせるということ。

消臭効果が期待される成分としては、シャンピニオンが有名ですが、オシャレにマスキングしたいもの。

そこで、今回ご紹介するのが、バラのサプリメントです。

成分はほとんど油なのですが、袋を空けた瞬間、
ぶわーっとバラの香りが鼻に襲いかかってくるあれです。

女性芸能人にも愛用者が多いと聞きます。
何でも、香水と違って、自然なニオイが良いのだとか。

 

クレオパトラも愛したダマスクローズ

最後に、具体的な商品として「エンプレスローズ」というサプリメントをご紹介しておきます。

このサプリメントで使われている「ダマスクローズ」は、バラの中でも、ひときわ香り豊かな種です。

エンプレスローズ」は100%ピュアローズを使用しています。

ものによっては、人工的な独特のニオイが気になる場合もあり、
私過去に試した商品は、身体から芳香剤のニオイがしたり、
油が入りすぎていたのか、
飲んでから胃がもたれたりと、散々な目に遭ってきました。

それだけに、「エンプレスローズ」に関しては別だと断言出来ます。

実際飲んでみると、速攻で鼻に抜けるバラの香り。

一時間も経たないうちに落ち着きますが、一度部屋から出て戻るとほのかに香るバラの香りが

どうやら、自分がそのニオイに慣れてしまっていたようです。

二ヶ月で3,990円なので、かなりお買い得と言えるでしょう。

 

で、更に嬉しいのが、一日一粒で効果が実感できる点です。

通常、他のバラサプリだと2粒設計が多いので、どうしても1粒よりも飲みにくいんです。

配合成分を見てみると、

サフラワー油・オリーブ油・ローズオイル・ローズヒップオイル・抽出ビタミンE・被包剤(ゼラチン・グリセリン)

とあります。

一番配合量の多いサフラワー油・オリーブ油は増量剤と言って、
カプセルの中身を増やして、形状を保つ役割を担っています。

このサプリはソフトカプセルタイプなので、入れなくてはならない成分です。

その次が「ローズオイル・ローズヒップオイル」と続きます。

他の商品を既にお持ちの方は、見比べてほしいのですが、多くの製品には「ローズウォーター・〜香料」という文字があるはずです。

それが純粋なバラ抽出成分ではない証拠となるのです。

また、食品の表示において、配合量の多いものから記載すると法令で定められているので、「ゼラチン」などが最初に来ている場合は、ローズの配合量が少ないということです。

エンプレスローズ」においては、形状安定の為の増量剤でしたが、モノによっては、かさ増しのために入れている場合も多々あります。

本当に良いサプリは、開発経験のある人でも、ぱっと見での判断が難しいので、ご自身で信用できるソースを確保しておくことも、賢い消費者になるための一歩かもしれませんね。

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

うつ対策、セロトニンとセントジョーンズ

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

★★☆☆☆

うつ病の恐ろしさ

人は長い人生のうち、一度はうつ病に罹るとも言われています。
厚労省の統計では平成23年度の精神疾患の推定患者数は320万人。

中でもうつ病と認知症は、急増傾向にあるそうです。

うつ病や自律神経失調症を含む自殺者は十数年年間3万人以上(警察庁調べ)にも上るそうです。

これはいかんと言うことで、数年前から厚労省を中心にプロジェクトチームが発足。
うつ病患者を減らすべく、本格的に取り組み始めたのです。

そして、このチームが、それらの症状の改善に神経伝達物質としてセロトニンが大きく関わっているということを発見したのです。

うつ病の治療

うつ病患者に対しての治療は、専門化によって意見が割れます。

ほとんどの心療内科では抗うつ剤とカウンセリングによる治療を行う一方、
食養の専門家の中では、ストレスを減らし、栄養療法や日光浴、適度な運動で治癒できると主張しています。

後者はいわゆる生活習慣の改善で治療するということですね。

しかし、専門家が入ってガチガチにメニューを決めるならまだしも、普通の人ではこんな生活は難しいと思います。

セントジョーンズワート

実は、ストレスや過労によってセロトニンという成分が減少すると、うつ状態になりやすくなります。

そこでセロトニンを摂取するのに一番効果的な物質、セントジョーンズワートが注目を集め始めました。
セントジョーンズワートを摂ることによって、セロトニンの減少を補うことが出来るというのです。

セントジョーンズワートとは、黄色い花をさかせる多年草のハーブのことです。

一説によれば、洗礼者ヨハネの日の頃までに花が咲き、その日に収穫されたためその名がついたといわれています。

西アジアやヨーロッパ、北アメリカなどに自生し、鎮静剤として、長い間うつ病や不眠症の改善にも利用されてきました。

サプリ先進国アメリカでもまだ医薬品認定はされていませんが、サプリとしては大人気です。

 

セントジョーンズワートには複数の成分が含まれており、全てが解析されているわけではありませんが、
「ヒペシリン」「ヒペルフォリン」という二つの物質が、セロトニンの分泌を調整してくれるというのです。

日本でサプリメントで摂るとすれば、最安値がDHC。

DHC セントジョーンズワート 20日分 / DHC / サプリ サプリメント●セール中●★税込1980円以上...

セントジョーンズエキスの配合量もFANCLや小林製薬と比べて高いようです。
それ以外のメーカーはほとんど販売していません。

また、イチョウ葉もうつ対策には有効と言われています。

万が一うつ病の可能性を感じたら、栄養療法やサプリメント療法、日光浴などをうまく組み合わせて、元気な身体を取り戻しましょう。

あとは何と言っても笑うことです。
「病は気から」という格言もある通り、無理にでも明るい気分でいることが健康な身体作りにおいては重要です。

口角を上げるだけでも、脳に笑っているという信号を送ることができ、ポジティブ成分ドーパミンが分泌されると言われています。

無理にでも笑っていい方向に脳をコントロールしましょう!

share on SNSTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook